ロレーヌ地域圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > ロレーヌ地域圏

ロレーヌ
Lorraine
ロレーヌの旗
ロレーヌの旗
位置
ロレーヌの位置
概要
首府 メス (フランス)
Metz
人口 2,333,504人
(2005年)
面積 23,547km²
19
小郡 157
市町村 2,337
ISO 3166-2:FR FR-M

ロレーヌ地域圏フランス語:Lorraine、ドイツ語:Lothringen ロートリンゲン、アレマン語:Lothringe ロートリンゲ)は、フランス北東部にあり、ドイツ国境に近い地域圏である。東にアルザス、西にシャンパーニュ=アルデンヌ、南にフランシュ=コンテが隣接している。

歴史[編集]

ローマ人による征服以来、この地はトリーアメスが都市として発達した。ロレーヌの名称は、ヴェルダン条約843年)によってこの地方がロタリンギアロタール2世の領土)に属したことに由来する。

ロタリンギア分裂後、帰属を巡って抗争が起き、10世紀に高(上)ロレーヌと低(下)ロレーヌの南北2公国に二分され、後者がやがてブラバント公に帰属したため、前者が11世紀以降は単にロレーヌと呼ばれるようになった。

13世紀前半まで神聖ローマ帝国の勢力下にあったが、13世紀後半よりフランス王の勢力が浸透し、三十年戦争の際には事実上フランスが占領していた。その後も17世紀末までフランスの支配下にあり、ロレーヌ公位は名目上にすぎなかったが、レイスウェイク条約1697年)で再び神聖ローマ帝国に帰属が戻り、1736年までロートリンゲン公国として神聖ローマ帝国領邦国家となっていた。

ロートリンゲン(ロレーヌ)公フランツ3世シュテファン(フランソワ3世エティエンヌ、後の神聖ローマ皇帝フランツ1世)はハプスブルク家マリア・テレジア1723年に15歳で婚約したが、ルイ15世は結婚を認める条件として、元ポーランド王スタニスワフ・レシチニスキに公国を譲渡することを要求していた(代償としてフランツにはトスカーナ大公国が与えられる)。この条件は了承され、1736年2月に婚姻がなされた。

ルイ15世はスタニスワフにロレーヌを余生の場として提供した。1766年、スタニスワフの死後に公国は最終的にフランスに併合され、1776年ナンシーに高等法院が設置された。1870年から1871年普仏戦争の結果、ロレーヌの一部がドイツ帝国に併合されたが、1919年ヴェルサイユ条約の結果、フランスに帰属した。

現在でも特にモゼル県などにはドイツ系住民が多く暮らす。地域圏の広さは東京都の約10倍(九州の6割程度)、人口は宮城県と同じぐらいである。

行政区画[編集]

モゼル県
ムルト..県
ムーズ県
ヴォー..県
名称 人口(人) 州都/主府/本部 備考
モゼル県
Moselle
1,033,000 メス
Metz
ムルト=エ=モゼル県
Meurthe-et-Moselle
723,000 ナンシー
Nancy
ムーズ県
Meuse
193,000 バル=ル=デュック
Bar-le-Duc
ヴォージュ県
Vosges
382,000 エピナル
Épinal


関連項目[編集]

座標: 北緯49度00分 東経6度00分 / 北緯49.000度 東経6.000度 / 49.000; 6.000