レシツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レシツァ
Reșița
ルーマニアの旗
Resita Sud (centru), in departare Resita Nord, 1 nov 2008.jpg
レシツァの市章
市章
位置
レシツァの位置の位置図
レシツァの位置
座標 : 北緯45度18分 東経21度53分 / 北緯45.300度 東経21.883度 / 45.300; 21.883
行政
ルーマニアの旗 ルーマニア
  カラシュ=セヴェリン県
 市 レシツァ
人口
人口 (2011年現在)
  市域 65,509人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
公式ウェブサイト : http://www.primaria-resita.ro

レシツァルーマニア語Reșița)は、ルーマニア西部、バナト地方のカラシュ=セヴェリン県の都市で県都。

歴史[編集]

レシツァは、15世紀の'Rechyoka','Rechycha'という名前が語源で、考古学的調査により、新石器時代ダキア時代、ローマ時代の居住跡が発見されている。1673年には、'Reszinitza'の名前で記述され、住民はティミショアラに税を納めていた。1717年の徴兵令には、'Retziza'の名前で記述されている。1771年7月3日、この地域において金属加工の重要な拠点となった。'Reșița Română'や'Reșița Montană'といった近郊の村の近くに工場が建てられ、レシツァの産業が興った。'Reșița Montană'には、最初ルーマニア人が住み、1776年にドイツ人70家族が住みついた。1880年から1941年の間は、ドイツ系住民が多かった。1941年において、ドイツ系住民が12,096人、ルーマニア人が9,453人、ハンガリー系が1,861人であった。1910年から1925年まで、レシツァは田舎のエリアだったが、1925年に、産業の発展に伴い、町 (town) となった。1968年に基礎自治体となった。1989年以降、レシツァの産業はその重要性を失い、ルーマニア経済とともに経済は後退した。1989年に110,000だった人口も減少し、2006年には86,000人となった。共産主義崩壊後、レシツァの鉄鋼業はアメリカ人投資家に買われた。

外部リンク[編集]