クロアチア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロアチア語
Hrvatski [xř̩ʋaːtskiː]
話される国 クロアチアの旗 クロアチア
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
セルビアの旗 セルビア
モンテネグロの旗 モンテネグロ
ルーマニアの旗 ルーマニア
スロベニアの旗 スロベニア
地域 東ヨーロッパ
母語話者数 約500万人
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 クロアチアの旗 クロアチア
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
欧州連合の旗 欧州連合
統制機関 Institute of Croatian Language and Linguistics
言語コード
ISO 639-1 hr
ISO 639-2 hrv
ISO 639-3 hrv
テンプレートを表示
Croatian dialects in Cro and BiH 1.PNG

クロアチア語(クロアチアご、クロアチア語: hrvatski [xř̩ʋaːtskiː])は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派南スラヴ語群言語である。クロアチアおよびボスニア・ヘルツェゴビナの公用語である。クロアチアのEU加盟により、2013年7月以降EU公用語の一つにもなっている。

1991年クロアチアユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立する前は、セルビア語と同一の言語としてセルビア・クロアチア語として扱われていた。ユーゴスラビア解体後にそれぞれが別言語と主張されるようになったが、元々両者の違いは細かい正書法や表現の差異程度であり、現在でも非常に近い関係にある。セルビア語がアルファベットとしてキリル文字ラテン文字を使用するのに対し、現在のクロアチア語ではもっぱらラテン文字を使用する。歴史的にはグラゴル文字が使用されたこともあり、一部では近代まで用いられていた。

話者は主にバルカン半島に分布し、クロアチア人を中心にクロアチアセルビアモンテネグロボスニア・ヘルツェゴビナおよび他の国で話される。スロベニア語マケドニア語とも類似している。

文字[編集]

A a B b C c Č č Ć ć D d Đ đ
Dž dž E e F f G g H h I i J j
K k L l Lj lj M m N n Nj nj O o
P p R r S s Š š T t U u V v
Z z Ž ž (ie) (ŕ)

聖書翻訳[編集]

1622年から1638年にかけて、パグ島出身のクロアチア人言語学者バルトル・カシッチ (en:Bartol Kašić) が、クロアチア語による初の聖書完訳を達成した。しかし、政治的な理由で1999年まで出版されることはなかった。1810年代には、ザグレブ司教マクシミリヤン・ブルホヴァツ (en:Maksimilijan Vrhovac) が、クロアチア語カイ方言の聖書翻訳を提案している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「クロアチア語」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア