低地ソルブ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
低地ソルブ語
Dolnoserbski, Dolnoserbšćina
発音 IPA: [ˈdɔlnɔˌsɛrskʲi]
話される国 ドイツの旗 ドイツ
地域 ブランデンブルク州
母語話者数 14,000
言語系統
表記体系 ラテン文字ソルブ語ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 -
ISO 639-2 dsb
ISO 639-3 dsb
テンプレートを表示

低地ソルブ語(Dolnoserbski)は、スラブ語派の言語である。下ソルブ語ともいう。話者がいる地域は、ドイツ東部の歴史的にはラウジッツと呼ばれる地域であり、現在のブランデンブルク州の一部である。ソルブ語の一つであり、他方は高地ソルブ語である。

低地ソルブ語の話者は、ブランデンブルク州の都市コトブスとその周辺にいる。この地域の特徴として、大抵バイリンガルである。コトブスには、教育する言語として低地ソルブ語を使用するギムナジウム(中等教育機関)が存在する。

ドイツ語と低地ソルブ語の2言語表記の道路標識(ドイツのコトブス市内)
低地ソルブ語の看板

外部リンク[編集]