ルーシ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーシ語
話される国 リトアニア大公国ポーランド王国ポーランド・リトアニア共和国モルドヴァ公国ヘーチマン国家
消滅時期 18世紀。ウクライナ語ベラルーシ語へ発展した
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 sla
ISO 639-3
14世紀における東スラヴ語の図。ルーシ語の範囲は緑の境界線で示されている。
14世紀における東スラヴ語の図。ルーシ語の範囲は緑の境界線で示されている。ルーシ人の口語は以下のとおり。
  南西東スラヴ(ウクライナ語の南西部方言)
  南東スラヴ語(ウクライナ語の北部・南東部方言)
  中部東スラヴ語(ベラルーシ口語の祖語)
テンプレートを表示

ルーシ語[1][2](ルーシご; руский языкъ, проста мова)は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派東スラヴ語群言語の一つである。14世紀から18世紀にかけて今日のウクライナベラルーシにあたる地域におけるルーシ人、およびモルダヴィア正教徒が用いた文語である。ウクライナ語ベラルーシ語祖語であり、今日では死語となっている。外名ルテニア語英語: Ruthenian language; ドイツ語: Ruthenische Sprache)あるいはロシア語と呼ばれることもあるが(本文参照)、それぞれ別の言語と紛らわしい[注 1]

概要[編集]

キエフ・ルーシの崩壊によって文化的・政治的中心が拡散し、諸公国間の隔たりが大きくなるにつれ、言語も地方ごとに分化していった。キエフ・ルーシ時代の古ルーシ語(古代ロシア語)は、今日のウクライナ語やベラルーシ語に繋がる共通祖語と今日のロシア語に繋がる祖語とに分化した。その前者が、ルーシ語であった。後者は、今日の学術用語で古ロシア語(Старору́сский язы́к[注 2]と呼ばれて区別される(右地図、オレンジ破線内の地域言語)。この両者が、前近代の東スラヴ語を構成する二大言語であった。

同時代に現地に存在した諸国家のうち、リトアニア大公国ポーランド王国ポーランド・リトアニア共和国モルドヴァ公国ヘーチマン国家公用語のひとつとして使用された。

近代になると、ルーシ語は近代的なウクライナ語とベラルーシ語(白ロシア語)に分化していった。しかし、ロシア帝国の政策によってその独自性はつねに弾圧にさらされており、ロシア帝国においてはあくまで「ロシア語の方言」というステータスしか与えられていなかった。そのため、同時代では比較的規制の緩かったオーストリア=ハンガリー帝国領下に入った西ウクライナウクライナ語版が言語活動の中心地となっていった。

名称[編集]

ウクライナ語とベラルーシ語の祖語とされているので、古ウクライナ語Староукраї́нська мо́ва)、古ベラルーシ語[注 3]Старабелару́ская мо́ва)とも呼ばれる。また、19世紀のロシア語を中心とした研究史では西ロシア文語[注 4](にしロシアぶんご; Западнору́сский пи́сьменный язы́к)と呼ばれた。西ロシア語については、「古代ベロルシア語と教会スラヴ語が混合した」リトアニア大公国の公式の言語として西部ルーシ語とも説明される[3]

日本での呼び名は一定しておらず、文献や研究者によって様々な呼ばれ方をしている。ロシア語あるいはルテニア語と呼ばれることがあるが、前者を今日の「ロシア語」と混同してはならない(ルーシギリシア語名としてのロシアラテン語名としてのルテニア)。後者は西欧史関連の文献を中心に見られる用語であるが、これはルーシという地域が歴史上オーストリア=ハンガリー帝国の領土とされた時代があった関係で、カトリックの文化圏で標準的に用いられるラテン語に準拠して地域名をラテン語名で呼び、オーストリアハンガリーに居住する東スラヴ系住民(従ってルテニア人)の用いる言語(このページでいうルーシ語)をルテニア語としているためである。逆に、ロシア語という翻訳はギリシア語やロシア語をより重視しているロシア文化一般や正教会を中心にした分野で見られる。

一方、当のウクライナ史ベラルーシ史ロシア史関係の文献、およびロシア文学の解説書[注 5]では、もっぱら(当時の)ウクライナ語あるいは(当時の)ベラルーシ語と記されている[4]。一部では古ベラルーシ語(ミドル・ベロラッシアン)[5]とする翻訳が見られる一方、ロシア語(実際にはウクライナ語)という記述も見られる[6]。少なくとも言語学文学歴史学の分野では訳語はどうあれ、解説においてこの時点で大ロシア語[注 6]とウクライナ語、ベラルーシ語という三言語が分化したと明記しており、このページでいうルーシ語と今日のロシア語は厳密に区別されていてルーシ語が「ロシア語の祖語」であるかのような誤解は存在しない[7]

なお、日本で中世ロシア語といった場合、このページでいうルーシ語を指す場合と、同時代に今日のヨーロッパ・ロシアに当たる地域で用いられた古ロシア語を指す場合とがあるが、両者を混同してはならない。ただし、これらすべての言語を古ルーシ語(古代ロシア語)あるいは教会スラヴ語の近世におけるバリエーション、あるいはそれぞれの地域で分化した方言とみなす場合がある。その場合は、「古代ロシア語のウクライナ方言」とか、「教会スラヴ語のベラルーシ方言」などとみなされる[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ しばしばルテニア語と呼ばれるルシン語パンノニア・ルシン語、それにロシア語
  2. ^ 別名、古大ロシア語(Старовеликору́сский язы́к
  3. ^ または古白ルーシ語(こはくルーシご)、古白ロシア語。これはたんに翻訳の仕方が違うだけであり、「ベラルーシ」は「白ルーシ」、すなわち「白ロシア」という意味である。
  4. ^ または西ルーシ文語。ロシア語に限っては、「ルーシの」という形容詞と「ロシアの」という形容詞に区別がないため、どちらで翻訳すべきか場合によって判断される。従って、仮にロシア語でも「ルーシ語」を指して Русский язык と書けば同時に「ロシア語」という意味になってしまい、今日のロシア語(Русский язык)とウクライナ語・ベラルーシ語の祖語であるルーシ語との区別がつかなくなるため、そのようには書かない。
  5. ^ ウクライナ文学ベラルーシ文学に関する同種の解説書は存在しないため、ロシア文学のみについて言及する。
  6. ^ 今日のロシア語。

出典[編集]

  1. ^ チャールズ・J・ハルパリン 『ロシアとモンゴル……中世ロシアへのモンゴルの衝撃』 中村正己訳、図書新聞東京2008年、257頁。ISBN 978-4-88611-4918
  2. ^ 「ルーシ語」という単語については中井和夫 『ウクライナ語入門』 大学書林、東京、1991年(初版)/1993年(第2版)、157頁。ISBN 4-475-01797-1にも見られるが、用法が異なる。すなわち、同書ではキエフ・ルーシ時代のいわゆる「古ルーシ語」について「東スラヴ語(ルーシ語)」としている。
  3. ^ 中井和夫 『ウクライナ語入門』 大学書林、東京、2007年、159頁。ISBN 4-475-01797-1。「1321年、ウクライナ地方の大部分はリトアニア領となった。<中略>リトアニアの当時の公式の言語は西部ルーシ語(古代ベロルシア語と教会スラヴ語の混合したもの)だった。」
  4. ^ 『ロシア史』 和田春樹山川出版社〈世界各国史; 22〉、東京、2002年ISBN 978-4634415201
  5. ^ イェジ・ルコフスキフベルト・ザヴァツキ 『ポーランドの歴史』 河野肇訳、創土社〈ケンブリッジ版世界各国史〉、東京、2007年ISBN 978-4789300537
  6. ^ a b 山口巌 『中世ロシア文法史』 名古屋大学出版会愛知1991年
  7. ^ 江川卓ほか 『ロシア文学への招待』 ロシア手帖の会、三省堂、東京、1978年ISBN 978-4385430546

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「ルーシ語」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア