スロバキア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スロバキア語
slovenský jazykslovenčina
話される国 スロバキアの旗 スロバキア
地域 東ヨーロッパ
母語話者数 約600万人
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 スロバキアの旗 スロバキア
ヴォイヴォディナの旗 ヴォイヴォディナ自治州
欧州連合の旗 欧州連合
統制機関 Ministerstvo kultúry Slovenskej republiky
言語コード
ISO 639-1 sk
ISO 639-2 slo (B)
slk (T)
ISO 639-3 slk
テンプレートを表示

スロバキア語slovenský jazykslovenčina) またはスロヴァキア語は、スロバキア共和国公用語である。インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属する。スラヴ語派ではチェコ語ポーランド語などと同様西スラヴ語であり、とりわけチェコ語には近く、チェコ語の話者とスロヴァキア語の話者とが互いの言語で会話が成立する程である。言語コードはISO 639-1はsk, ISO 639-2は SLO/SLK.

歴史[編集]

話者分布[編集]

スロバキア語は、スロバキア共和国でおよそ500万人が使用している。国外では、アメリカで移民を中心に50万人が使用しているほか、チェコで32万人、ハンガリーで11万人、セルビアで8万人、ルーマニアに22,000人、ポーランドに2万人、カナダに2万人、オーストラリアウクライナブルガリアクロアチアなどに各5,000人ずつ存在する。またロシアやその他の国にも少数存在する。

方言[編集]

三つに大別される。

  • 東スロバキア方言
  • 中央スロバキア方言
  • 西スロバキア方言

音韻[編集]

音声上の特徴としては、著しい口蓋化が認められる。

  • 語末の子音無声化する。
  • 文中で、対応する有声子音無声子音を持つ子音が、子音の直前に置かれた場合、有声子音の前なら有声化、無声子音の前なら無声化する。
  • 音節末の "v" は /u̯/ になる。ただし直後に "n" か "ň" が続く場合はならない。
  • "ia" "ie" "iu" は /i̯a/ /i̯e/ /i̯u/ 。ただし外来語借用語を除く。
  • "r" と "l" は母音のようにみなされることもあり、母音と同様に長音にはアキュートアクセントが書かれる。
文字と発音の対応
文字 IPA発音記号
a a
á
ä æ, ɛ
b b
c t͡s
č t͡ʃ
d d
ď ɟ, dʲ
dz d͡z
d͡ʒ
e e
é
f f
g ɡ
h ɦ
ch x
i ɪ
í
j j
k k
l l, l̩
ĺ l̩ː
ľ ʎ, lʲ
m m
n n
ň ɲ, nʲ
o ɔ
ó ɔː
ô u̯o
p p
q kv
r r, r̩
ŕ r̩ː
s s
š ʃ
t t
ť c, tʲ
u u
ú
v v
w v
x ks
y ɪ
ý
z z
ž ʒ

文字[編集]

表記にはラテン字母に DZ と CH の合字を加えて用い、ダイアクリティカルマークを併用する。

文法[編集]

動詞主語人称に応じて変化する。単数と複数の区別がある。 形容詞・動詞および一部の数詞は修飾する名詞の性・数に応じて変化する。また形容詞はつねに名詞に前置される。一般に SVO 構文を取る。

人称代名詞が主語であるとき、しばしば省略される。 過去時制は二つ、未来時制は一つである。またふたつの条件法をもつ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]