Ä

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ä ä Ä ä

Ääドイツ語エストニア語スウェーデン語およびフィンランド語で他のラテン文字アルファベット)とともに用いられる文字である。

Äはエストニア語、スウェーデン語およびフィンランド語でラテン文字に加えて使われる母音字である。大文字小文字ともA (a) にトレマ(独: Trema/仏: tréma)と呼ばれるダイアクリティカルマークの一種をつけて表す。

Ä(アーウムラウト (A-Umlaut)、アーのへんぼいん)はドイツ語ではA (a) の変母音を表す。小文字は「ä」。大文字小文字ともA (a) に、小文字eの古い筆記体に由来する、ウムラウト記号 (Umlautzeichen) と呼ばれるダイアクリティカルマークの一種をつけて表す。日本語の長音「えー」に近い音となることがある。また、口を開けて「ア」にして「エ」と発音することもある[1]ギリシア語αιを転写するときに、この文字が使われる。

スウェーデン語およびドイツ語のÄアイスランド語アイスランド語アルファベット)、デンマーク語デンマーク語アルファベット)およびノルウェー語ノルウェー語アルファベット)のÆ(æ)と同様である。

なお、スイスのドイツ語では大文字のÄを使わず、Aeを用いる(小文字のäは用いる)。また、英文タイプライタなどでウムラウト(変母音)が表示できないときは大文字はAe、小文字はaeと代用表記することになっている。

HTML文書やwiki等では数値文字参照文字実体参照での記述も可能。詳しくはHelp:特殊文字を参照のこと。

Äの意味[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ä U+00C4 1-9-27 Ä
Ä
Ä
ä U+00E4 1-9-58 ä
ä
ä

脚注[編集]

  1. ^ テレビでドイツ語』2012年4月10日放送分。

関連項目[編集]