Ş

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Ş,şSセディーユを付した文字である。

概要[編集]

トルコ語アゼルバイジャン語トルクメン語タタール語クリミア・タタール語などいくつかのラテン文字を用いるテュルク諸語と、トルコ共和国クルド語(クルマンジー)で使われる文字。最初にこの採用したトルコ語では第23字母で、名称は「シェー」。

ルーマニア語では、Ș の代わりに用いられる。

中国語と同系のドンガン語においても1932年から1953年の間使われたが、現在はキリル文字に代えられている。

いずれの言語でも英語shの発音と同様の、無声後部歯茎摩擦音 [ʃ] を表す。アゼルバイジャン語のキリル文字表記では ш に相当する。ただし、ドンガン語では無声硬口蓋摩擦音[ɕ]、キリル文字щ)を表すためにも用いられた。

文字コード[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ş U+015E 1-10-7 Ş
Ş
ş U+015F 1-10-19 ş
ş