ウムラウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
¨
ウムラウト
ダイアクリティカルマーク
アクセント符号  
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
ティルデ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
/
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字の
ダイアクリティカルマーク
シャクル  
シャッダ
 ّ
キリル文字  
ティトロ
 ҃
グルムキー文字  
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
日本語  
濁点
半濁点
クメール文字母音  
シリア文字  
タイ文字  
ラーオ文字  
満州文字  
圏点
関連
丸印
声調記号  
国際音声記号  
約物  
テンプレートを表示

ウムラウト: Umlaut)とは、

  1. ゲルマン語派の幾つかの言語において見られる母音交替現象。
  2. それによって変化した母音を示すダイアクリティカルマークの一種で、ラテン文字母音字の上部に付される横並びの2点「¨」のこと。前述の母音交替現象そのものと区別するため「ウムラウト記号」と呼ぶ方が良い。

ウムラウト(母音交替現象)[編集]

アクセントのある母音が、後続のi、e等の前舌母音の発音に引きずられてeに近い発音になる事。ゲルマン語において多く見られる。 また、アクセントのある母音が 後続の後舌母音u、oによって発音変化を起こす場合もあるが、これもウムラウトの一種とされる場合がある。(I-ウムラウト参照)

一例として、英語で足を意味する foot の複数形 feet の母音も、I-ウムラウトによって生じたものである。 古英語では足の単数形は fōt で、文献以前の英語ではこれに複数語尾 *iz をつけることで複数形 *fōtiz を作っていた。しかし、この複数語尾 *iz が前の母音 ō を ē に変化させたので、古英語では複数形は fēt となった。その後の大母音推移の結果、現在の形になった。

このように、ゲルマン語においてウムラウトは、名詞の単複変化にともなって現れる事が多い。

ウムラウト記号[編集]

¨ 用例:Ä ä Ö ö Ü ü

前舌母音を表す記号として[編集]

ウムラウト記号は、主に円唇・後舌で発音される母音(a、o、u)を、円唇・前舌で発音しようとする場合(äöü)に用いられ、ドイツ語スウェーデン語などで使用される。ウムラウト現象のある言語が必ずしもウムラウト記号を使うわけではない。なおドイツ語では äu は eu と同様に [ɔʏ] と発音される。 ドイツ語の場合、この2つの点は、筆記体の小文字の e に起源するとされる。ウムラウト記号が表示できない環境では、例えば ä を ae で代用することもある。

母音調和をもつ言語では、短母音をそれぞれ6種以上もつことが多い。母音調和はウムラウト現象とは無関係だが、ウラル語族フィンランド語ハンガリー語テュルク諸語トルコ語アゼルバイジャン語トルクメン語など、ラテン文字の表記法をもつ言語については、前舌性のない母音を無標とするのに対し、前舌母音をウムラウト記号つきの母音字で表すことが多い。しかし a と e、u と y をペアで使うなど、例外も多い。 なお、ハンガリー語では普通、長音を表記するときアキュートを使うが、ウムラウト記号つき母音の長音を表記する際はアキュートを2つ並べ、ダブルアキュートとする。

現代中国語ピンインでは、/y/ 音の表記に ü が用いられる。

その他の“ウムラウト記号”[編集]

ウムラウト記号と同じ外見をもつ記号がまったく別の用途に用いられる場合もある。 これらは前述の母音交替現象とは関係がなく、とくに前舌性を含意するものでもなく、本来は“ウムラウト記号”と呼ぶべきではないものである。

符号位置[編集]

関連項目[編集]