ストローク符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 ̸
ストローク符号
ダイアクリティカルマーク
アクセント符号  
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
ティルデ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
/
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字の
ダイアクリティカルマーク
シャクル  
シャッダ
 ّ
キリル文字  
ティトロ
 ҃
グルムキー文字  
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
日本語  
濁点
半濁点
クメール文字母音  
シリア文字  
タイ文字  
ラーオ文字  
満州文字  
圏点
関連
丸印
声調記号  
国際音声記号  
約物  
テンプレートを表示

ストローク(英語: stroke)は、ダイアクリティカルマークの一種で、文字を横切る斜線ないし横棒である。

概要[編集]

Unicode の文字名称では、さまざまな長さや方向の線をもつ字がいずれも「WITH STROKE」(ストローク付き)とされている。ただし、ストロークを除いた部分が同じで、線の向きや横切る位置によって区別されるふたつの文字は、どちらかにストロークとは異なる名前が付けられる。例えば、ł の名称は L WITH STROKE、ƚ は L WITH BAR となっている。また、ø の名称は O WITH STROKE、ɵ の名称は BARRED O である。

Đ (U+0110、đ の大文字)、Ð (U+00D0、ðの大文字)、Ɖ (U+0189、ɖ の大文字) の3つは見た目の区別がつかない。Unicode の文字名称では最初のひとつ以外「ストローク」を含んでいない。JIS X 0213 には ð の大文字のみが存在する。

ストロークの用途はさまざまである。歴史的には省略表記(英語版記事)にストロークに似た多様な記号がつけられることがあった。 など、通貨記号にもしばしばストロークがつく。数字のゼロ(0)にストロークを加えてオーと区別しやすくすることも行われる。

よく似た記号[編集]

単独の斜線については「スラッシュ (記号)」を参照。

(U+2200)は直径 (U+2205)は空集合を表す記号である。

(U+210F)はプランク定数を表す記号である。

国際音声記号で軟口蓋化した側面音を表す /ɫ/ についているのはチルダであって、ストロークではない。

Ø ø と国際音声記号の ɸ またはギリシャ文字の Φ φθ ɵ とギリシャ文字の Θ θ はしばしば混同される。

キリル文字の Ѳ ѳ (U+0472, U+0473) は、Ө ө (U+04E8, U+04E9) とは異なる。

各言語における用法[編集]

ラテン・アルファベット[編集]

デンマーク語ノルウェー語南部サーミ語
ø を用いる。/ø/ を表す。
アイスランド語
ð を用いる。/ð/ を表す。
フェロー語
ð, ø を用いる。
北部サーミ語
ŧ, đ を用いる。それぞれ /θ/, /ð/ を表す。
スコルト・サーミ語
đ, ǥ を用いる。それぞれ /ð/, /ɣ/ を表す。
ポーランド語ソルブ語
ł を用いる。/w/ を表す。ポーランド語で ł の斜線は、ć ń ó ś ź の上のアキュート・アクセントとともにクレスカと呼ばれる。
セルビア・クロアチア語
đ を用いる。口蓋化した /dʑ/ を表す。
マルタ語
ħ, għ を用いる。前者は咽頭摩擦音 /ħ/ を、後者は母音の咽頭化を表す。
ベトナム語
đ を用いる。/d/ を表す。
サーニッチ語
Ⱥ, Ȼ, ₭, Ƚ, Ⱦ, Ŧ を用いる。なおサーニッチ語では小文字は使用しない。

キリル・アルファベット[編集]

өモンゴル語や多くのチュルク語で使用されている。円唇中舌半狭母音 /ө/ を表す。

セルビア・クロアチア語のキリル文字表記では、ђ, ћ が使われ、それぞれ /dʑ/, /tɕ/ を表す。また、現在の正書法で採用しているところはないが、古いキリル文字には ѣ という字があった。キルディン・サーミ語にはよく似た ҍ が口蓋化を表すのに使われている。これらの文字について、Unicode の文字名称では STROKE という言葉を使っていない。

それ以外のストロークつき文字を使っている言語は以下のものがある。

アブハズ語
ҟ を用いる。/q'/ を表す。
アゼルバイジャン語 (キリル文字旧正書法)
ғ, ҝ, ө, ҹ を用いて、それぞれ /ʁ/, /ɟ/, /ө/, /dʒ/ を表していた。
カザフ語
ғ, ұ を用いる。それぞれ、/ʁ/, /ʊ/ を表す。
タジク語バシキール語
ғ を用いる。/ʁ/ を表す。
ハンティ語
ө, ӫ を用いる。

音声記号[編集]

国際音声記号では、単独の補助記号としてはストローク記号は存在しない。ストロークを含む文字には、中舌の /ɨ/, /ʉ/, /ɵ/ のほか、ø, ð, ɟ, ħ, ʡ, ʢ, ʄ などがある。

正式な用法ではないが、しばしば摩擦音の /β/, /ð/, /ɣ/ のかわりに、対応する破裂音の字に横棒や斜線を加えて表すことがある。スペイン語の発音を表すときにしばしば見られる。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
̵ U+0335 - ̵
̵
COMBINING SHORT STROKE OVERLAY
̶ U+0336 - ̶
̶
COMBINING LONG STROKE OVERLAY
̷ U+0337 - ̷
̷
COMBINING SHORT SOLIDUS OVERLAY
̸ U+0338 - ̸
̸
COMBINING LONG SOLIDUS OVERLAY
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ⱥ U+023A - Ⱥ
Ⱥ
U+2C65 - ⱥ
ⱥ
サーニッチ語
Ƀ U+0243 - Ƀ
Ƀ
ƀ U+0180 - ƀ
ƀ
ジャライ語カテュ語
Ȼ U+023B - Ȼ
Ȼ
ȼ U+023C - ȼ
ȼ
サーニッチ語
Đ U+0110 - Đ
Đ
đ U+0111 1-10-48 đ
đ
セルビア・クロアチア語北部サーミ語スコルト・サーミ語ベトナム語
Ð U+00D0 1-9-39 Ð
Ð
Ð
ð U+00F0 1-9-70 ð
ð
ð
アイスランド語フェロー語古英語
Ɖ U+0189 - Ɖ
Ɖ
ɖ U+0256 1-10-78 ɖ
ɖ
エヴェ語
Ǥ U+01E4 - Ǥ
Ǥ
ǥ U+01E5 - ǥ
ǥ
スコルト・サーミ語
Ħ U+0126 - Ħ
Ħ
ħ U+0127 1-10-93 ħ
ħ
マルタ語
Ł U+0141 1-10-3 Ł
Ł
ł U+0142 1-10-14 ł
ł
ポーランド語ソルブ語
Ƚ U+023D - Ƚ
Ƚ
ƚ U+019A - ƚ
ƚ
サーニッチ語
Ø U+00D8 1-9-46 Ø
Ø
Ø
ø U+00F8 1-9-77 ø
ø
ø
デンマーク語ノルウェー語フェロー語南サーミ語
Ɵ U+019F - Ɵ
Ɵ
ɵ U+0275 1-11-15 ɵ
ɵ
アゼルバイジャン語旧正書法(今は ö)
U+2C63 - Ᵽ
Ᵽ
U+1D7D - ᵽ
ᵽ
Ŧ U+0166 - Ŧ
Ŧ
ŧ U+0167 - ŧ
ŧ
北部サーミ語サーニッチ語
Ⱦ U+023E - Ⱦ
Ⱦ
U+2C66 - ⱦ
ⱦ
サーニッチ語
Ƶ U+01B5 - Ƶ
Ƶ
ƶ U+01B6 - ƶ
ƶ
アゼルバイジャン語旧正書法(今は j)

関連項目[編集]