グレイヴ・アクセント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
`
グレイヴ・アクセント
ダイアクリティカルマーク
アクセント符号  
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
ティルデ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
/
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字の
ダイアクリティカルマーク
シャクル  
シャッダ
 ّ
キリル文字  
ティトロ
 ҃
グルムキー文字  
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
日本語  
濁点
半濁点
クメール文字母音  
シリア文字  
タイ文字  
ラーオ文字  
満州文字  
圏点
関連
丸印
声調記号  
国際音声記号  
約物  
テンプレートを表示

グレイヴ・アクセント ( ` ) は、ポルトガル語フランス語カタルーニャ語イタリア語ウェールズ語ベトナム語など、おもにラテン文字を用いる言語の表記に用いられるアクセント符号で、ダイアクリティカルマークの一種。重アクセント低アクセント鈍アクセントとも。

JIS X 0213の名称は、アクサングラーブ, グレーブアクセント

各言語における用法[編集]

ラテン・アルファベット[編集]

ポルトガル語
à のみが使われ、2つの a の縮約を表す。
フランス語
accent grave (アクサン・グラーヴ)といい、à, è, ù が存在する。è は広い [ɛ] を表すほか、同音異義語の区別にも使われる。à, ù は同音異義語の区別に使われる(例:ou「または」と「どこ」)。
カタルーニャ語
à, è, ò が使われ、強勢の位置を表す。è, ò は広い [ɛ], [ɔ] を表し、狭い [e], [o] を表す é, ó と対立する。à に関してはグレイヴ・アクセントのみが使われる。
イタリア語
accento grave (アッチェント・グラーヴェ)といい、 最後の音節に強勢があることを示したり(例: caffè 「コーヒー」)、同音異義語を区別するために用いられる(例: li 「彼らを」に対する 「そこ」)。ただし付号する母音が狭い eo ( 広めの [ɛ][ɔ] ではない [e][o] )であるいくつかの語については accento acuto(アッチェント・アクート、アキュート・アクセントのこと)を用いる。
ウェールズ語
母音が短いことを表す。à, è, ì, ò, ù, ẁ, ỳ が存在する。
セルビア・クロアチア語
à, è, ì, ò, r̀, ù が上昇調短母音を表すために使われることがある。正書法上はアクセントは付加されない。キリル・アルファベットでも使われるが、Unicodeの合成済み文字はラテン・アルファベットのもののみが定義されている。
スロベニア語
è が上昇調短母音を表すために使われることがある。正書法上はアクセントは付加されない。
リトアニア語
正書法上は使用しない。高低アクセントを持つ短い音節を表すのに用いられる。辞書や学習書・研究書・およびアクセント記号なしではあいまいになる語を区別する目的で使用される。
ラトビア語
正書法上は使用しない。下降調の声調を表す声調記号として学術書で用いられる。
ベトナム語
フイェン声調を示す声調記号である。à, ầ, ằ, è, ề, ì, ò, ồ, ờ, ù, ừ, ỳ が存在する。
中国語
拼音では第四声(去声)を示す声調記号として用いられる。à, è, ề, ì, m̀, ǹ, ò, ù, ǜ が存在する。

キリル・アルファベット[編集]

ブルガリア語マケドニア語
代名詞の女性単数与格が ѝ と書かれることがある。これは「…と」を意味する и と区別するためである。

ギリシャ・アルファベット[編集]

ギリシャ語は古典時代には高低アクセントを持ち、伝統的にグレーブアクセント(ギリシア語: βαρεία ヴァリア)で低い音を表した。現代ギリシャ語では用いられていない。

音声記号[編集]

国際音声記号でも声調記号として用いられるが、ベトナム語や拼音とは異なり、低平板を示す。

アメリカ言語学界では音声記号として、声調だけではなく、第2強勢(やや弱い強勢)を示すのにも用いることがある[1]。2011年現在、日本で発行されている英語の辞典や教科書などでも第2強勢を示す場合が多く、音声記号や英語での単語表記と組み合わせて用いられる。なお、国際音声記号では第2強勢を示す記号は[ˌ]である[2]

コンピュータ[編集]

(スペース付きの)グレイヴ・アクセントはUnicodeで U+0060 であり、ASCIIにも 6016 として含まれている。特にASCIIでは、開きシングルクォーテーションマークに似ているためバッククォート (back quote) と呼ぶことが多い。コンピュータではさまざまな目的に使われる。

  • いくつかのシェルスクリプトperlなどでは、`……` と文字列を囲むと、文字列をコマンドとして実行し、実行結果の標準出力を文字列として返す。
  • ASCII環境では、' (U+0027 アポストロフィ) とのセット `……' がシングルクォーテーションマーク ‘……’ の代用として使われる。また、``(グレイヴ2つ)と " (U+0022 クォーテーションマーク) をセット ``……" はダブルクォーテーションマーク “……” の代用として使われる。ただし、正規のシングル/ダブルクォーテーションマークがある文字セットでは好ましい用法ではない。

符号位置[編集]

この節には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(アクセント記号が付いた各種文字)が含まれています詳細
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
` U+0060 1-1-14 `
`
アクサングラーブ, グレーブアクセント
GRAVE ACCENT
ˋ U+02CB - ˋ
ˋ
MODIFIER LETTER GRAVE ACCENT
̀ U+0300 1-11-60 ̀
̀
グレーブアクセント(合成可能), 声調低
COMBINING GRAVE ACCENT
̖ U+0316 - ̖
̖
COMBINING GRAVE ACCENT BELOW
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
À U+00C0 1-9-23 À
À
À
à U+00E0 1-9-54 à
à
à
ポルトガル語フランス語カタルーニャ語イタリア語ウェールズ語ベトナム語
U+1EA6 - Ầ
Ầ
U+1EA7 - ầ
ầ
ベトナム語
U+1EB0 - Ằ
Ằ
U+1EB1 - ằ
ằ
ベトナム語
È U+00C8 1-9-31 È
È
È
è U+00E8 1-9-62 è
è
è
フランス語、カタルーニャ語、イタリア語、ウェールズ語、ベトナム語
U+1EC0 - Ề
Ề
U+1EC1 - ề
ề
ベトナム語
U+1E14 - Ḕ
Ḕ
U+1E15 - ḕ
ḕ
Ì U+00CC 1-9-35 Ì
Ì
Ì
ì U+00EC 1-9-66 ì
ì
ì
イタリア語、ウェールズ語、ベトナム語
Ǹ U+01F8 1-8-84 Ǹ
Ǹ
ǹ U+01F9 1-8-85 ǹ
ǹ
中国語拼音
Ò U+00D2 1-9-41 Ò
Ò
Ò
ò U+00F2 1-9-72 ò
ò
ò
カタルーニャ語、イタリア語、ウェールズ語、ベトナム語
U+1ED2 - Ồ
Ồ
U+1ED3 - ồ
ồ
ベトナム語
U+1EDC - Ờ
Ờ
U+1EDD - ờ
ờ
ベトナム語
U+1E50 - Ṑ
Ṑ
U+1E51 - ṑ
ṑ
Ù U+00D9 1-9-47 Ù
Ù
Ù
ù U+00F9 1-9-78 ù
ù
ù
フランス語、イタリア語、ウェールズ語、ベトナム語
Ǜ U+01DB - Ǜ
Ǜ
ǜ U+01DC 1-8-92 ǜ
ǜ
中国語(拼音)
U+1EEA - Ừ
Ừ
U+1EEB - ừ
ừ
ベトナム語
U+1E80 - Ẁ
Ẁ
U+1E81 - ẁ
ẁ
ウェールズ語
U+1EF2 - Ỳ
Ỳ
U+1EF3 - ỳ
ỳ
ウェールズ語、ベトナム語

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pullum, Geoffrey K.・Ladusaw, William A. 「鈍アクセント Grave Accent」『世界音声記号辞典』 土田滋・福井玲・中川裕訳、三省堂、2003年5月12日(原著1996年)、258頁。ISBN 4-385-10756-4
  2. ^ 第2強勢がある音節に前置する。