リング符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
˚
リング符号
ダイアクリティカルマーク
アクセント符号  
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
ティルデ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
/
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字の
ダイアクリティカルマーク
シャクル  
シャッダ
 ّ
キリル文字  
ティトロ
 ҃
グルムキー文字  
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
日本語  
濁点
半濁点
クメール文字母音  
シリア文字  
タイ文字  
ラーオ文字  
満州文字  
圏点
関連
丸印
声調記号  
国際音声記号  
約物  
テンプレートを表示

リングは、ダイアクリティカルマークの一種で、文字の上または下に付される小さなである。

よく似た記号[編集]

° (U+00B0)は、「」を表す単位記号である。

Å (U+212B)は、単位記号のオングストロームである。Å を参照のこと。

各言語における用法[編集]

デンマーク語ノルウェー語スウェーデン語ワロン語
å を用いる。円唇奥舌半広母音 /ɔ/ を表す。
チャモロ語
å を用いる。奥よりの /ɑ/ を表す。
チェコ語
ů を用いる。発音は長い /uː/ú と同じであるが、歴史的に o に由来する語に用いる。

音声記号[編集]

国際音声記号では、文字の下に置かれ、無声を表す。/ɡ/ のようにディセンダのある(下に長い)文字では上に書いてもよい。

その他の用法[編集]

サンスクリットの翻字で、音節を形成する r, l を表すのに、IAST方式ではドット符号を用いて ṛ, ṝ, ḷ, ḹ と記すが、ドットのかわりに下つきのリングを使って r̥, r̥̄, l̥, l̥̄ のように記されることもある。ISO 15919英語版 方式でもこの方法を採用し、ṛ, ḷ はそり舌の /ɽ/, /ɭ/ を表すために使用している。

インド・ヨーロッパ祖語の音節を形成する子音も *m̥, *n̥, *l̥, *r̥ のように下つきのリングを用いて表す。国際音声記号ではそれぞれ m̩, n̩, l̩, r̩ にあたる。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
˚ U+02DA - ˚
˚
RING ABOVE
̊ U+030A - ̊
̊
COMBINING RING ABOVE
̥ U+0325 1-11-71 ̥
̥
下リング(合成可能), 無声
COMBINING RING BELOW
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Å U+00C5 1-9-28 Å
Å
Å
å U+00E5 1-9-59 å
å
å
デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語、ワロン語、チャモロ語
Ů U+016E 1-10-37 Ů
Ů
ů U+016F 1-10-53 ů
ů
チェコ語
Ǻ U+01FA Ǻ
Ǻ
ǻ U+01FB ǻ
ǻ
U+1E00 Ḁ
Ḁ
U+1E01 ḁ
ḁ
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
U+1E98 - ẘ
ẘ
U+1E99 - ẙ
ẙ


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]