クリスティアン・キヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティアン・キヴ Football pictogram.svg
Cristian Chivu 2011.jpg
名前
本名 クリスティアン・エウジェン・キヴ
ラテン文字 Cristian CHIVU
基本情報
国籍 ルーマニアの旗 ルーマニア
生年月日 1980年10月26日(34歳)
出身地 レシツァ
身長 184cm
体重 81kg
選手情報
ポジション DF / MF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1998
1998-2000
2000-2003
2003-2007
2007-2014
ルーマニアの旗 レシツァ
ルーマニアの旗 ウニヴェルシタテア・クライオヴァ
オランダの旗 アヤックス
イタリアの旗 ローマ
イタリアの旗 インテル・ミラノ
23 (2)
32 (3)
107 (13)
85 (6)
115 (3)
代表歴2
1999-2011[1] ルーマニアの旗 ルーマニア 75 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年4月1日現在。
2. 2010年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj


クリスティアン・エウジェン・キヴCristian Eugen Chivu1980年10月26日 - )は、ルーマニアレシツァ出身のサッカー選手。ポジションはDFMF

来歴[編集]

ルーマニアの南西部に位置するレシツァに生まれる。父親は地元のCSMレシツァでコーチを務めていた人でもあり、キヴ自身もCSMレシツァで競技生活をスタートさせる。自然が広がるレシツァで子供の頃はノルディックスキーも好んで親しんでいた[2]

16歳で地元のクラブCSMレシツァでデビューした。ルーマニアのビッグクラブであるウニヴェルシタテア・クライオヴァを経て18歳6ヶ月でアヤックスへ移籍した。この頃、のちにチームメイトとなるズラタン・イブラヒモビッチマクスウェルヴェスレイ・スナイデルといった選手達と共にプレーする。その後2003年に移籍金1800万ユーロでイタリアASローマへ移籍。[3]入団直後からフリーキックなどで得点を重ね、目覚しい活躍を見せるもその後スランプが続いた。代表ではEURO2000での活躍が評価され「マルディーニの再来」との評価を得た。

2007年インテル・ミラノをはじめレアル・マドリードFCバルセロナなど複数のクラブが獲得に興味を示したが、7月1日にインテルへの移籍が決定した。インテルはキヴの獲得のために1300万ユーロの移籍金とマルコ・アンドレオッリの共同保有権をローマに譲渡した。[4]

インテルでは得意とするフリーキックは同じく名手のヴェスレイ・スナイデルに譲っているため、得点は少ないが、現在もセンターバックや左サイドバック、センターハーフをこなし、多くの試合に出ている。

2010年1月6日ACキエーヴォ・ヴェローナ戦でキエーヴォのキャプテンセルジオ・ペリッシエールと接触し、頭蓋骨を負傷。ヴェローナ市内で緊急手術を行った[3]。復帰後はヘッドギアを着用している(サッカーのフィールドプレーヤーでは初めてのケースと思われる。キヴ以前の着用者としてGKペトル・チェフ、Jリーグでの着用者としてGK金鎮鉉[5]やDF水本裕貴が知られる)。2011年にはASバーリ戦でマルコ・ロッシを殴ったとして4試合の出場停止を科された[6]

2011年5月21日、インテルの公式サイトを通じてルーマニア代表からの引退を表明している[7]

2014年3月31日、インテルと契約解除した[8]

エピソード[編集]

ローマ時代にファンからつけられたあだ名は「スワロフスキー」。[9]世界的クリスタルアクセサリーメーカー、スワロフスキーのブランドネームであるが、試合中、キヴの光輝く左足でのプレーをクリスタルの輝きに喩えられたものである。

少年時代の憧れの選手はパウロ・ソウザ、模範にしている選手はパオロ・マルディーニ[10]

父親のことを今でも慕い尊敬しているが、キヴが18歳のときに病に冒され死去[2]

インテルではサイドバックで起用されることも多いが、キヴ本人はセンターバックが本職であると考えている[11]

古典的なDFが淘汰されたのは古典的なFWが淘汰されたから、という持論を語っており、現代の守備に最も必要なのは先手をいかに多く打てるか、敵の攻め上がりに対していかに予測し即座に対処できるか、という考え方の必要性を説いている[10]。また現代のFWの代表格にして(キヴの現代FWの定義:敏捷でオフ・ザ・ボールの動きを多用する)自身が最も苦手とした選手にアンドリー・シェフチェンコの名を挙げている[10]

所属クラブ[編集]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]

  • マルコ・ファン・バステン賞 : 1999-2000
  • エールディヴィジ年間最優秀選手 : 2002
  • ルーマニア年間最優秀選手 : 2000, 2002
  • UEFAベストイレブン : 2002

脚注[編集]

  1. ^ “Cristian Chivu - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/chivu-intl.html 
  2. ^ a b クリスティアン・キヴ「クリスティアン・キヴの「C'S DIARY」」 『WORLD SOCCER DIGEST No.279』 第14巻第22号、日本スポーツ企画出版社、2008年、76-77頁。雑誌 29893-11/20
  3. ^ a b キブが骨折、戦線離脱” (日本語). uefa.com (2004年7月30日). 2009年2月1日閲覧。
  4. ^ UPDATE 1-Soccer-Chivu joins Inter Milan after protracted talks” (英語). REUTERS UK (2007年7月27日). 2009年2月1日閲覧。
  5. ^ 2009年J2開幕当初のみ。
  6. ^ “サッカー=インテルのキブ、暴力行為で4試合の出場停止”. ロイター. (2011年2月5日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-19409620110205 2011年5月22日閲覧。 
  7. ^ “キヴが代表引退を発表”. goal.com. (2011年5月22日). http://www.goal.com/jp/news/2911/euro2012/2011/05/22/2497671/%E3%82%AD%E3%83%B4%E3%81%8C%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E5%BC%95%E9%80%80%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8 2011年5月22日閲覧。 
  8. ^ “インテル、キヴとの契約解消を発表”. Goal. (2014年4月1日). http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/04/01/4722665/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%B4%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%A5%91%E7%B4%84%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8?ICID=OP 2014年4月1日閲覧。 
  9. ^ Chivu's Roma pride” (英語). uefa.com (2006年11月3日). 2009年2月1日閲覧。
  10. ^ a b c クリスティアン・キヴ「クリスティアン・キヴの「C'S DIARY」」 『WORLD SOCCER DIGEST No.282』 第15巻第1号、日本スポーツ企画出版社、2009年、74-75頁。雑誌 29891-1/1
  11. ^ キヴ:「僕はサイドバックじゃない」 - Goal.com:

外部リンク[編集]