ASバーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ASバーリ
原語表記 Football Club Bari 1908
愛称 Galletti (Cockerels)
クラブカラー 赤と白
創設年 1928年
所属リーグ セリエB
ホームタウン バーリ
ホームスタジアム スタディオ・サン・ニコラ
収容人数 58,270
代表者 イタリアの旗 ジャンルカ・パパレスタ
監督 イタリアの旗 デーヴィス・マンジャ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

フットボールクラブ・バーリ1908(Football Club Bari 1908)は、イタリアバーリを本拠地とするサッカークラブである。チームロゴはニワトリを採用している。

歴史[編集]

1928年創設。1930年代から1940年代にかけてセリエAで成績を残すものの、その後はセリエAとセリエBを行き来するシーズンが続き、1974年にはセリエCへ降格した。

その後、1980年代に入ると再びセリエAへ復帰するなど持ち直しを見せるが、2000-01シーズンを最後に下部リーグでのシーズンが続いていた。2008-09シーズンはアントニオ・コンテ監督の下でセリエA昇格を達成。

2009-10シーズンは昇格1年目ながらも、アンドレア・ラノッキアレオナルド・ボヌッチらの活躍もあり、勝ち点50を叩き出して最終順位が10位と大躍進した。2010-11シーズンも躍進が期待されたが、ラノッキア、ボヌッチの移籍もあり、序盤から不振が続いた。2011年2月にはジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督が解任され、ボルトロ・ムッティ監督が就任したが、不振から抜け出せず、残り4試合を残して、わずか2年でセリエBへ降格。

2014年、財政破綻によって競売にかけられ、元レフェリーのジャンルカ・パパレスタが480万ユーロで落札した[1]。2014-15シーズンから、クラブ名を「FCバーリ1908」へと変更している。

ホームスタジアムとしているサン・ニコラは1990年イタリアW杯の会場として建設されたスタジアムである。 その他にも優秀な下部組織を持つクラブとして知られており、アントニオ・カッサーノらを輩出。イタリア南部のクラブとして、USレッチェとはライバル関係にある。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2014年10月25日現在[2]
No. Pos. 選手名
1 イタリアの旗 GK エンリコ・グアルナ
2 イタリアの旗 DF ステファーノ・サベッリ
3 イタリアの旗 DF シモーネ・サルヴィアート
4 イタリアの旗 MF マルコ・ロミツィ
5 イタリアの旗 MF マッシモ・ドナーティ
6 スイスの旗 DF ジョナタン・ロッシーニ
8 イタリアの旗 MF ダニエレ・シャウドーネ
9 イタリアの旗 FW ジュゼッペ・デ・ルカ
10 イタリアの旗 FW クリスティアン・ガラーノ
11 セルビアの旗 MF アレン・ステヴァノヴィッチ
12 イタリアの旗 GK アレッサンドロ・ミカイ
13 イタリアの旗 DF アレッサンドロ・リージ
14 カメルーンの旗 MF ジョセフ・ミナラ
No. Pos. 選手名
15 イタリアの旗 DF マッテオ・コンティーニ
16 イタリアの旗 DF ロレンツォ・フィリッピーニ
17 イタリアの旗 MF アントニー・パルティピロ
18 イタリアの旗 FW フランチェスコ・カプート
20 ルーマニアの旗 MF アドリアン・ストイアン
21 ポーランドの旗 MF ラファウ・ヴォルスキ
22 イタリアの旗 GK アントニオ・ドンナルンマ
23 セネガルの旗 DF デンベル・サール
24 イタリアの旗 DF ミケーレ・カンポレーゼ
25 イタリアの旗 MF マリオ・デフェンディ (Captain sports.svg)
26 クロアチアの旗 MF トミスラフ・ゴメルト
27 イタリアの旗 DF マルコ・カルデローニ
33 イタリアの旗 FW アントニオ・ロッツィ

期限付き移籍選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
6 スイスの旗 DF ジョナタン・ロッシーニ (サッスオーロ)
9 イタリアの旗 FW ジュゼッペ・デ・ルカ (アタランタ)
11 セルビアの旗 MF アレン・ステヴァノヴィッチ (トリノ)
14 カメルーンの旗 MF ジョセフ・ミナラ (ラツィオ)
15 イタリアの旗 DF マッテオ・コンティーニ (アタランタ)
16 イタリアの旗 DF ロレンツォ・フィリッピーニ (ラツィオ)
20 ルーマニアの旗 MF アドリアン・ストイアン (キエーヴォ)
No. Pos. 選手名
21 ポーランドの旗 MF ラファウ・ヴォルスキ (フィオレンティーナ)
22 イタリアの旗 GK アントニオ・ドンナルンマ (ジェノア)
23 セネガルの旗 DF デンベル・サール (パルマ)
24 イタリアの旗 DF ミケーレ・カンポレーゼ (フィオレンティーナ)
26 クロアチアの旗 MF トミスラフ・ゴメルト (トッテナム)
33 イタリアの旗 FW アントニオ・ロッツィ (ラツィオ)
out
No. Pos. 選手名
イタリアの旗 GK ヴィンチェンツォ・ペンティモーネ (アクラガス)
フランスの旗 DF リチャード=クエンティン・サムニック (マルティーナ・フランカ)
イタリアの旗 DF マリオ・メルカダンテ (マテーラ)
ギリシャの旗 DF ディミトリウス・ヴォスナキディス (ルッケーゼ)
イタリアの旗 MF ジョヴァンニ・ディ・ノイア (マテーラ)
No. Pos. 選手名
イタリアの旗 MF ロレンツォ・ロンゴ (マテーラ)
イタリアの旗 MF サルヴァトーレ・サンテーラモ (ルッケーゼ)
イタリアの旗 FW アントニオ・ガッモーネ (ユーヴェ・スタビア)
コートジボワールの旗 FW スレイマン・クリバリ (ピストイエーゼ)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Il Bari va a Paparesta: 4,8 milioni dopo il duello con Antonio Cipollone” (イタリア語). repubblica.it (2014年5月20日). 2014年10月24日閲覧。
  2. ^ PRIMA SQUADRA - Rosa”. FC Bari 1908. 2014年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]