イタリアサッカー連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアサッカー連盟
Football pictogram.svg
名称
イタリア語表記 Federazione Italiana Giuoco Calcio
略称 FIGC
FIFAコード ITA
歴史
設立 1898年
FIFA加盟 1905年
UEFA加盟 1954年
組織
国または地域 イタリアの旗 イタリア
本部 ローマ
会長 カルロ・タベッキオ
公式サイト

イタリアサッカー連盟:Federazione Italiana Giuoco Calcio、略称:FIGC)はイタリアサッカーの国内組織。会長はカルロ・タヴェッキオ

国内サッカーリーグやコッパ・イタリアの開催を運営している。

また、サッカーイタリア代表女子代表を組織しており、設立当初からFIFAUEFAに加盟している。

1964年から1980年まで国内リーグに外国人プレイヤーの参加を認めなかったことがある。

2006年に起きたセリエAの八百長疑惑では結果を受けて、グイード・ロッシが会長を辞任をした。

2011年3月11日に起きた東日本大震災からの復興支援のチャリティーマッチ実施を日本サッカー協会に提案している。会場候補地には2002 FIFAワールドカップの際のイタリア代表ベースキャンプである仙台市アルベルト・ザッケローニ日本代表監督の地元であるチェゼーナなどがあがっている[1]

2014 FIFAワールドカップブラジル大会でイタリア代表が敗退後、チェーザレ・プランデッリの代表監督の辞任と同席していたジャンカルロ・アベーテが会長を辞任を表明した。 新会長に就任したカルロ・タヴェッキオだが、就任前の7月25日アマチュアリーグ連盟総会で、会長候補としてEU外選手の扱いについて「イングランドではプレーするためには履歴書と血統書を示さなければならない。しかしイタリアでは、この間までバナナを食っていた輩が今はラチィオでレギュラーとしてプレーしている」[2]と発言により、いくつかのクラブが会長候補として支持を取り下げを表明した。

国内代表の国際大会優勝[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ザック監督 伊代表戦、仙台無理ならチェゼーナ希望”. スポーツニッポン (2011年4月16日). 2011年4月16日閲覧。
  2. ^ UEFA、FIGC新会長の人種差別疑惑発言を調査”. Goal.com (2014年8月21日). 2014年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]