アウレリオ・デ・ラウレンティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウレリオ・デ・ラウレンティスAurelio De Laurentiis1949年5月24日 - )はイタリア映画監督。サッカーセリエASSCナポリの会長(2004年-)。

経歴[編集]

デ・ラウレンティスの一族は映画プロデューサーとして有名であり、叔父のディノ・デ・ラウレンティスハンニバル・レクター博士のシリーズ映画『ハンニバル』『レッドドラゴン』を製作している。アウレリオ自身も1970年代後半から数々の映画製作に従事し、近年では『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』(2004)なども手掛けている。

ナポリ会長[編集]

2004年に自身の生まれ故郷のクラブで経営破綻したSSCナポリを買収し、自ら会長に就任。監督に経験豊富なエドアルド・レヤ、GMにピエルパオロ・マリーノ(ローマウディネーゼのGMとして活躍)を招聘し、2006-07シーズンには6シーズンぶりのセリエA昇格を決めた。

デ・ラウレンティスは積極的な補強を行いつつ、近未来を見据えた若手選手への投資を重視しており、2007-08シーズンのナポリはFWのエセキエル・ラベッシ、MFのマレク・ハムシークワルテル・ガルガーノら若手選手が躍動して8位という好成績を収めた。2008-09シーズン、ナポリが不振に陥ったためレーヤを途中で解任し、ロベルト・ドナドーニを監督に招聘。

2009-10シーズン、FWファビオ・クアリャレッラ、MFルカ・チガリーニ、DFウーゴ・カンパニャーロ、GKモルガン・デ・サンクティスと優秀な選手を補強。2009年9月末、ナポリ再建を共に進めてきたマリーノSDとの契約を解除した。

自身のTwitterアカウント[1]で情報を公開している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ https://twitter.com/ADeLaurentiis

外部リンク[編集]