サッカールーマニア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカールーマニア代表
国または地域 ルーマニアの旗 ルーマニア
協会 ルーマニアサッカー連盟
愛称 Tricolorii
監督 ヴィクトル・ピツルカ
最多出場選手 ドリネル・ムンテアヌ(134試合)
最多得点選手 ゲオルゲ・ハジ
アドリアン・ムトゥ(35得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1922年6月8日ユーゴスラビア
2-1
最大差勝利試合 1973年10月14日フィンランド
9-0
最大差敗戦試合 1948年6月6日ハンガリー
0-9
FIFAワールドカップ
出場回数 7回(初出場は1930
最高成績 ベスト8(1994
UEFA欧州選手権
出場回数 3回
最高成績 ベスト8(2000)

サッカールーマニア代表Echipa naţională de fotbal a României)はルーマニアサッカー連盟(FRF)によって編成されるルーマニアサッカーのナショナルチームである。

概要[編集]

1984年UEFA欧州選手権1984に出場したのを機に黄金期を迎え、1990年代はゲオルゲ・ハジらを擁してワールドカップで3大会連続で決勝トーナメントに進出した。しかしハジ達が代表を離れた2000年代以降は、ワールドカップも欧州選手権も予選で敗退する苦しい時期に入った。

その後UEFA欧州選手権2008では予選でオランダを破り、2大会ぶりに本大会出場を決めた。本大会ではオランダ・イタリア・フランスと同居する『死のグループ』に入ったが、イタリア・フランスと引き分けてグループリーグ突破まであと一歩のところまで迫った。

2010年代になっても苦しい時期は続き、2014年までワールドカップUEFA欧州選手権ともに予選敗退が続いている。

日本では東欧のラテンと紹介される事がある。スラブ系が多い東ヨーロッパにおいてルーマニア人が唯一ラテン系であることを指している事は勿論だが、テクニックに優れた選手を多く輩出している意味合いもある。伝統的に堅い守りからのカウンター攻撃が持ち味。ワールドカップ、欧州選手権では度々大物食いを演じて存在感をアピールしている。また、1998年のワールドカップで決勝トーナメントの出場を祝って選手全員が金髪にしたというエピソードもある。

FIFAワールドカップの成績[編集]

  • 1930 - グループリーグ敗退
  • 1934 - 1回戦敗退
  • 1938 - 1回戦敗退
  • 1950 - 不参加
  • 1954 - 予選敗退
  • 1958 - 予選敗退
  • 1962 - 参加取り消し
  • 1966 - 予選敗退
  • 1970 - グループリーグ敗退
  • 1974 - 予選敗退
  • 1978 - 予選敗退
  • 1982 - 予選敗退
  • 1986 - 予選敗退
  • 1990 - ベスト16
  • 1994 - ベスト8
  • 1998 - ベスト16
  • 2002 - 予選敗退
  • 2006 - 予選敗退
  • 2010 - 予選敗退
  • 2014 - 予選敗退

UEFA欧州選手権の成績[編集]

  • 1960 - 予選敗退
  • 1964 - 予選敗退
  • 1968 - 予選敗退
  • 1972 - 予選敗退
  • 1976 - 予選敗退
  • 1980 - 予選敗退
  • 1984 - グループリーグ敗退
  • 1988 - 予選敗退
  • 1992 - 予選敗退
  • 1996 - グループリーグ敗退
  • 2000 - ベスト8
  • 2004 - 予選敗退
  • 2008 - グループリーグ敗退
  • 2012 - 予選敗退

歴代監督[編集]

選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

キャップ[編集]

2013年10月18日現在

  水色は現役代表選手
名前 キャップ数 期間
1 ドリネル・ムンテアヌ 134 1991-2007
2 ゲオルゲ・ハジ 124 1983-2000
3 ゲオルゲ・ポペスク 115 1988-2003
4 ラースロー・ベレニ 102 1975-1988
5 ダン・ペトレスク 95 1989-2000
6 ラズヴァン・ラツ 92 2002-
7 ボグダン・ステレア 91 1988-2005
8 ミハエル・クレイン 89 1981-1991
9 ボグダン・ロボンツ 84 1998-
10 ミルチェア・レドニク 83 1981-1991
マリウス・ラカトゥシュ 83 1984-1998

得点[編集]

2013年10月18日現在

  水色は現役代表選手
名前 得点数 期間
1 ゲオルゲ・ハジ 35 1983-2000
アドリアン・ムトゥ 35 2000-
3 ユリウ・ボドラ 31 1931-1939
4 ヴィオレル・モルドヴァン 25 1993-2005
5 チプリアン・マリカ 24 2003-
6 ラースロー・ベレニ 23 1975-1988
7 フロリン・ラドチョウ 21 1990-1996
ドゥドゥ・ゲオルゲスク 21 1973-1984
アンゲル・ヨルダネスク 21 1971-1981
ロディオン・カマタル 22 1978-1990

外部リンク[編集]