サッカーザールラント代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカーザールラント代表
国または地域 ザールの旗 ザール
協会 ザールラントサッカー連盟
監督 ドイツの旗 ヘルムート・シェーン
最多出場選手 ヴァルデマール・フィリッピ(18試合)
最多得点選手 ヘルベルト・ビンケルト
ヘルベルト・マルティン(6得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1950年11月22日スイス
5-3
最大差勝利試合 1951年9月15日スイス
5-2
最大差敗戦試合 1954年6月5日ウルグアイ
1-7
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
最高成績 予選敗退

サッカーザールラント代表(Saarländische Fußballnationalmannschaft)は、かつてザールラントサッカー協会によって編成された「ナショナル」チーム。1950年から1956年まで存在した。1954年にはFIFAワールドカップ予選に参戦したが、予選敗退に終わった。

歴史[編集]

第二次世界大戦後、ザールラント(現在のザールラント州)はフランスの占領下におかれていた。フランス政府はザールラントのクラブが「対外(=ドイツのクラブ)」試合を行うことを禁じていたため、ザールラントのサッカークラブは、フランスリーグ2部でプレーすることを余儀なくされた(この2部リーグで1.FCザールブリュッケンが1位になったこともある)。こうした状況下で、フランスサッカー協会に吸収されることを懸念したザールラントサッカー協会は、フランスでもドイツでもない独自の組織としてFIFAへと加盟を申請した。1950年にこの申請が認められたため、公式に「ザールラント代表」が存在することになったのである。

人口100万に満たない狭い地域内で代表チームを組織しなければならず、ほとんどの代表選手が1.FCザールブリュッケンから選出された。1954年のワールドカップ予選では初戦の敵地ノルウェー戦に0対2からの逆転(3対2)で勝利するなど大番狂わせを成し遂げたが、同じ予選リーグ内に西ドイツもいたため、あえなく粉砕し予選突破はならなかった(西ドイツとの2試合の結果は0対3、1対3)。

ドイツの主権回復、ザールラントのドイツ連邦共和国(西ドイツ)復帰にともない、ザールラントサッカー協会はドイツサッカー協会と合併することになった。そのため、ザールラント代表も解消された。

参考文献[編集]

  • 『ブンデスリーガ ドイツサッカーの軌跡』(バジリコ株式会社)

外部リンク[編集]