サッカーソビエト連邦代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカーソビエト連邦代表
国または地域 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
協会 ソビエト連邦サッカー連盟
愛称 Красная Армия(クラースナヤ アールミヤ、赤軍)
最多出場選手 オレグ・ブロヒン(112試合)
最多得点選手 オレグ・ブロヒン(42得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1924年11月16日トルコ
3-0
最大差勝利試合 1955年9月16日インド
11-1
最大差敗戦試合 1958年10月22日イングランド
0-5
FIFAワールドカップ
出場回数 7回(初出場は1958
最高成績 4位(1966
UEFA欧州選手権
出場回数 6回
最高成績 優勝(1960)

サッカーソビエト連邦代表: Сборная СССР по футболу)は、ソビエト連邦サッカー連盟によって編成されたサッカーのナショナルチームである。現在はソビエト連邦の崩壊によりチームが編成されていない。

概要[編集]

基本的なデータ[編集]

ソビエト連邦代表の最初の試合は1924年11月16日にモスクワで行われた対トルコ戦で、3-0でソ連代表が勝利している。

ただしこの前年の1923年9月16日ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国代表がエストニア代表エストニアタリンで試合を行っており、4-2でロシア・ソビエト連邦社会主義共和国代表が勝利している。

ソビエト連邦としての最後の試合は1991年11月13日に行われた、欧州選手権予選の試合で、キプロスラルナカで行われたアウェーゲームで、キプロスを3-0で下している。同日、同組2位のイタリアノルウェーの試合が1-1の引き分けで終わったため、ソビエト連邦は翌1992年の欧州選手権本大会への出場権を獲得した。

その後1991年12月25日をもってソビエト連邦が崩壊したため、欧州選手権本大会には独立国家共同体(CIS)代表として出場した。同じ1992年のバルセロナオリンピックに出場したU-21チームはEUN代表(Équipe Unifiée 旧ソビエト連邦代表チーム)として出場したが、日本語においてはCIS代表として言及される事が多い。

CIS代表の最後の試合は、1992年6月18日に行われたグループリーグ最終戦のスコットランド戦で、0-3で敗北している。CIS代表の詳細は、サッカーCIS代表を参照。

ソビエト連邦代表を継承するナショナルチーム[編集]

1991年12月25日のソビエト連邦崩壊によりソ連代表は15のナショナルチームに分裂した。ただしバルト三国の、ラトビアリトアニアエストニアは、これ以前にソ連からの独立を宣言しており、またCIS代表にも参加していない。地域的に欧州サッカー連盟(UEFA)に加盟したチームとアジアサッカー連盟(AFC)に加盟したチームに大別される。

欧州サッカー連盟に加盟したナショナルチーム[編集]

アジアサッカー連盟に加盟したナショナルチーム[編集]

歴史[編集]

誕生[編集]

1924年のソビエト連邦代表

帝政ロシアにおいてもサッカーのナショナルチームが編成されており、サッカーロシア帝国代表が1912年から1914年にかけて活動していた。1914年以降は第一次世界大戦ロシア革命内戦による極度の混乱から長らくナショナルチームは結成されなかった。

旧ロシア帝国の領域からナショナルチームが輩出されるのは1923年になってからでロシア・ソビエト連邦社会主義共和国が結成されるまで待たなくてはならなかった。

翌1924年には初めてソビエト連邦代表が結成される。

黄金期[編集]

第二次世界大戦後の1950年代から1960年代にかけてがソビエト連邦代表の黄金期であった。

第一にはオリンピックでの活躍が挙げられる。第二次世界大戦以降のオリンピックでのサッカー競技は、ステート・アマを採用した東側諸国の台頭が著しかったが、ソ連もその例に漏れなかった。1956年メルボルン大会で金メダル、1972年ミュンヘン1976年モントリオール1980年モスクワでは銅メダルを獲得した。1988年ソウル大会はプロ解禁が行われた後であったが、金メダルを獲得しソ連代表の有終の美を飾っている。

ワールドカップでは、オリンピックほどの目立った活躍はないものの、1966 FIFAワールドカップではベスト4に進出するなど、しばしば上位に進出する強豪の一角として知られていた。またソ連代表の伝説的なゴールキーパーレフ・ヤシンはワールドカップの最優秀ゴールキーパーに与えられるヤシン賞にその名を残しており往時の強さを偲ばせている。

欧州選手権では1960年の第一回大会で優勝。その後も1964年、1972年、1988年で準優勝になっている。1988年の準優勝は同年のオリンピック金メダルと並んで、ソ連代表の有終の美を飾る勲章になっている。

崩壊[編集]

1980年代後半の東欧革命は、ソ連にも連邦制の不安定化として跳ね返ってきた。1990年にはバルト三国で独立運動が起こり、翌1991年の8月クーデターで、ソ連の崩壊は決定的になった。この時点でサッカーソ連代表は翌1992年の欧州選手権に向けて予選を戦っていたが、本戦の出場が確定した後の1991年12月25日にソビエト連邦が崩壊してしまった。

このため、旧ソ連はCIS代表として本戦に出場する事になった。ただしソ連崩壊以前に独立していたバルト三国はこれに含まれていない。選手に関してはナショナルチームを選択する自由が与えられ、相当の猶予期間が設定されたため、この間に別のナショナルチームで活躍する選手もいた。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

開催国 / 年 成績
ウルグアイの旗 1930 予選敗退
イタリア王国の旗 1934
フランスの旗 1938
ブラジルの旗 1950
スイスの旗 1954
スウェーデンの旗 1958 ベスト8 5 2 1 2 5 6
チリの旗 1962 ベスト8 4 2 1 1 9 7
イングランドの旗1966 4位 6 4 0 2 10 6
メキシコの旗 1970 ベスト8 4 2 1 1 6 2
西ドイツの旗 1974 予選不参加
アルゼンチンの旗 1978 予選敗退
スペインの旗 1982 2次リーグ敗退 5 2 2 1 7 4
メキシコの旗 1986 ベスト16 4 2 1 1 12 5
イタリアの旗 1990 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 4
合計 出場7回 31 15 6 10 51 34

UEFA欧州選手権[編集]

開催国 / 年 成績
フランスの旗 1960 優勝 2 2 0 0 5 1
スペインの旗 1964 準優勝 2 1 0 1 4 2
イタリアの旗 1968 4位 2 0 1 1 0 2
ベルギーの旗 1972 準優勝 2 1 0 1 4 3
ユーゴスラビアの旗 1976 予選敗退
イタリアの旗 1980
フランスの旗 1984
西ドイツの旗 1988 準優勝 5 3 1 1 7 4
スウェーデンの旗 1992 グループリーグ敗退 3 0 2 1 1 4
合計 出場7回/優勝1回 16 7 4 5 18 16

※予選はソビエト連邦代表として出場したものの、本大会には「独立国家共同体(CIS)代表」として出場

選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

キャップ[編集]

名前 キャップ数 期間
1 オレグ・ブロヒン 112 1972-1988
2 リナト・ダサエフ 91 1979-1990
3 アリベルト・シェステルニョフ 90 1961-1971
4 アナトリー・デミヤネンコ 80 1981-1989
5 ウラジーミル・ベスソノフ 79 1977-1990
6 セルゲイ・アレイニコフ 77 1984-1991
7 レフ・ヤシン 74 1954-1967
7 ムルタズ・フルツィラワ 69 1965-1973
9 オレグ・プロタソフ 68 1984-1992
10 ヴァレリー・ヴォロニン 66 1960-1968

得点[編集]

名前 得点数 期間
1 オレグ・ブロヒン 42 1972-1988
2 オレグ・プロタソフ 29 1984-1992
2 ワレンチン・イワノフ 26 1955-1965
4 エドゥアルド・ストレリツォフ 25 1955-1968
5 ヴィクトル・コロトフ 22 1970-1978
6 イーゴリ・チスレンコ 20 1959-1968
6 ヴィクトル・ポネデルニク 20 1960-1966
8 アナトリー・バニシェフスキー 19 1965-1972
9 アナトリ・イーリン 16 1952-1959
10 アナトリー・ブイショヴェツ 15 1966-1972
10 ゲンナジー・リトフチェンコ 15 1984-1990


外部リンク[編集]