ドミトリー・ハーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドミトリー・ハーリン Football pictogram.svg
Kharine, Dmitri.jpg
名前
本名 ドミトリー・ヴィクトロヴィチ・ハーリン
ロシア語 Дмитрий Викторович Харин
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 1968年8月16日(46歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 モスクワ
身長 187cm
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1987
1988-1991
1991-1992
1992-1999
1999-2002
2002-2004
ソビエト連邦の旗 FCトルペド・モスクワ
ソビエト連邦の旗 FCディナモ・モスクワ
ソビエト連邦の旗/ロシアの旗 PFC CSKAモスクワ
イングランドの旗 チェルシーFC
スコットランドの旗 セルティックFC
イングランドの旗 ホアンチュアチFC
63 (0)
40 (0)
34 (0)
118 (0)
11 (0)
23 (0)
代表歴
1988-1991[1]
1992[1]
1992-1998[1]
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
独立国家共同体の旗 CIS
ロシアの旗 ロシア
6 (0)
9 (0)
23 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドミトリー・ヴィクトロヴィチ・ハーリンロシア語: Дмитрий Викторович Харин1968年8月16日 -)は、現ロシアモスクワ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはGK

経歴[編集]

クラブ[編集]

1968年、現ロシアの首都モスクワで生まれる。FC FShMトルペド・モスクワのアカデミーで育つ。1983年、FCトルペド・モスクワに入団をして、1984年11月21日、FC SKAロストフ・ナ・ドヌとの試合でソビエト連邦サッカーリーグデビューを果たした。16歳97日間の出場で最年少出場記録の塗り替えたが、2011年現在、新らしく生まれ変わったロシア・プレミアリーグにおいても、この記録は破られていない。1988年、FCディナモ・モスクワに移籍をして、1991年にPFC CSKAモスクワに移籍をした。1992年12月、ロンドンに本拠地を置くチェルシーFCに移籍金40万ポンドで移籍。1993年から1996年まではレギュラーであったが、負傷をしたために、オランダ人GKのエト・デ・フーイにポジションを奪われた。1999年、スコティッシュ・プレミアリーグの強豪セルティックFCにフリートランスファーで移籍した。セルティック3年間の在籍時にはジョン・バーンズケニー・ダルグリッシュマーティン・オニールら3人の監督と巡り合ったが、何れも負傷によるパフォーマンスの低下でレギュラー奪取まではいく事は無く、マーティン・オニールには個人的な会話の中で「怠け者」と罵られるなどした。2002年、イングランドのホアンチュアチFCに移籍をして、そこで現役引退をした。

代表[編集]

ソビエト代表として、20歳の頃からオリンピック代表として出場している。ソウルオリンピックの決勝のブラジル戦ではスタメンで出場して優勝を成し遂げた。1994年のFIFAワールドカップではキャプテンとしてチームを率いた。

引退後[編集]

現役引退後はイングランドのルートン・タウンFCでゴールキーパーコーチを務めている(2004-)。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ソビエト連邦の旗 FCトルペド・モスクワ

ソビエト連邦の旗/ロシアの旗 PFC CSKAモスクワ

イングランドの旗 チェルシーFC

スコットランドの旗 セルティックFC

代表[編集]

ソビエト連邦の旗 ソビエト代表

出典[編集]

参考文献[編集]