ジョン・バーンズ (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・バーンズ Football pictogram.svg
名前
本名 ジョン・チャールズ・ブライアン・バーンズ
ラテン文字 John Charles Bryan Barnes
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1963年11月7日(50歳)
出身地 キングストン
身長 182cm
選手情報
ポジション MF
代表歴
1983–1995[1] イングランドの旗 イングランド 79 (11)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジョン・チャールズ・ブライアン・バーンズ MBEJohn Charles Bryan Barnes, 1963年11月7日 - )は、ジャマイカキングストン生まれの元イングランド代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー。現在はTVコメンテーター、サッカー評論家。

略歴[編集]

17歳の時にワトフォードFCでデビューを飾り、クラブの1部リーグ昇格に貢献。昇格初年度にはいきなりリーグ2位となった。 1987年リヴァプールFCへ移籍。そこでの10年間で2度のリーグ優勝、コミュニティーシールド3度、FAカップ2度、そしてリーグカップを手にした。また、個人としてもFWA年間最優秀選手賞に2度、PFA年間最優秀選手賞にも1度選ばれた。 1997年、リヴァプールFCで監督を務めたケニー・ダルグリッシュが指揮を執るニューカッスル・ユナイテッドFCへと移り、そこで2年間プレー。その後、チャールトン・アスレティックFCと契約をするも、リーグ18位となりクラブは降格してしまう。その年、バーンズは現役を引退した。

その後は指導者としての道を歩んでおり、セルティックFCジャマイカ代表などの監督を務めた。

また、2005年にはイングランドサッカー殿堂にも選ばれている。

所属クラブ[編集]

代表経歴[編集]

バーンズはジャマイカ生まれではあったが、ジャマイカ代表には興味を示さなかった。当時の代表資格要件では英国パスポート保有者は英国内の代表チームいずれかを選択可能だったため、スコットランド代表に誘われたこともあったが、最終的にイングランド代表を選んだ。代表入りした初期は黒人であることをサポーターから批判されることもあった。

1983年5月28日、北アイルランド戦で代表デビュー(後半から途中出場)。 1984年6月10日、ブラジル戦では代表初ゴール。 1986年メキシコワールドカップ、1988年欧州選手権、1990年イタリアワールドカップに出場。

指導歴[編集]

出典[編集]