イーゴリ・ヤノフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーゴリ・ヤノフスキー Football pictogram.svg
名前
本名 イーゴリ・セルゲーエヴィチ・ヤノフスキー
愛称 Тюля
ロシア語 Игорь Сергеевич Яновский
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 1974年8月4日(40歳)
出身地 ウラジカフカス
身長 187cm
選手情報
ポジション MF/DF
代表歴
1996-2003 ロシアの旗 ロシア 32 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj


イーゴリ・セルゲーエヴィチ・ヤノフスキーИгорь Сергеевич Яновский1974年8月4日 - )は、現ロシア・北オセチア共和国ウラジカフカス出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはMF/DF

来歴[編集]

クラブ[編集]

1971年、現ロシア北オセチア共和国の首都ウラジカフカスで生まれ、FCスパルタク・オルジョニキーゼ(現在のFCアラニア・ウラジカフカス)のユースに在籍した。叔父のアレクサンドル・ヤノフスキーはGKで過去にスパルタク・オルジョニキーゼに所属していた(1971-1975)。1991年、FCアフトドール・ウラジカフカスにてキャリアを始めた。1993年、ユース時代を過ごしたスパルタク・ウラジカフカスに移籍した。スパルタク・ウラジカフカスでは移籍して直ぐにレギュラーに定着。1995年のロシア・プレミアリーグではクラブ創設初となるリーグ優勝を成し遂げた。1998年、フランスのパリ・サンジェルマンFCへ移籍した。その後、PFC CSKAモスクワ、FCアラニア・ウラジカフカスに移籍をし、2006年にフランスのLBシャトールーにて現役引退をした。

代表[編集]

1994年から1995年まではオリンピックロシア代表に招集され出場した。1996年5月29日、UAE代表との親善試合でロシア代表デビューを果たした。UEFA EURO '96ではイタリア戦やチェコ戦に出場した。2003年7月6日、スイス代表との試合がロシア代表での最後の試合であった。ロシア代表では32試合に出場の1得点を挙げた。

引退後[編集]

現役引退後は母国ロシアで弁護士の仕事をしていた[1]。数年前に妻や子供と一緒にスペインに移り住み、現在も暮らしている[1]。コーチとしてサッカーの場に戻るか?と質問にはノーと答えている[1]。最も優秀な監督を問われた時にはヴァレリー・ガザエフを挙げた[1]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]

  • ロシアリーグ・ベストプレイヤー33: № 1 (1996, 1997); № 2 (1998); № 3 (1995, 2002)

脚注[編集]

参考文献[編集]