オレグ・ブロヒン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレグ・ブロヒン Football pictogram.svg
Pressekonferenz nach dem Fußballländerspiel Österreich-Ukraine (01.06.2012) Oleh Blochin1.jpg
名前
本名 オレグ・ウラディーミロヴィッチ・ブロヒン
Oleg Vladimirovich Blokhin
愛称 ウクライナの矢
ラテン文字 Oleg Blokhin
ウクライナ語
ロシア語
Олег Блохін
Олег Блохин
基本情報
国籍 ウクライナの旗 ウクライナ
(旧ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
生年月日 1952年11月5日(61歳)
出身地 キエフ
身長 180cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
1972-1988 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 112 (42)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オレグ・ブロヒンウクライナ語: Олег Блохінロシア語: Олег Блохин1952年11月5日 - )は、ソ連ウクライナ出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはFW、現サッカーウクライナ代表監督。

名GKレフ・ヤシンと並んでソ連を代表するスタープレイヤー。ソ連の100m走記録を持っていた母親の血を受け継ぎ、その俊足と得点能力からウクライナの矢と呼ばれた。なお、後に同じウクライナ出身FWであるアンドリー・シェフチェンコがこの愛称を受け継いでいる。

経歴[編集]

ユース時代からディナモ・キエフで育ち、1969年にトップでのキャリアをスタート。名将ヴァレリー・ロバノフスキー監督のもと、8度のソ連リーグ優勝と、2度のUEFAカップ優勝の原動力になる。1972年から4年連続リーグ得点王に輝き、1975年にはフランツ・ベッケンバウアーヨハン・クライフを抑え、バロンドール(欧州最優秀選手)を受賞した。ソ連リーグで彼が記録した431試合出場と211得点はともにリーグ記録である。

1990年に現役を引退。引退後は監督としてギリシャのクラブを渡り歩いた。1997年には国会議員に当選。2003年9月ウクライナ代表監督に就任したが、2004年4月13日キエフ郊外で自動車事故に合い病院に運ばれた。

2005年3月、ワールドカップ欧州予選での好成績にもかかわらず、代表監督と国会議員の両立が難しいことを理由にウクライナ代表監督を辞任したが、発表から1週間あまりで続投が決まり、引き続き指揮を執っている。

2006年ドイツW杯決勝トーナメント1回戦ウクライナ対スイス戦のPK戦前に、決着の瞬間を見ることを拒否し、PK戦の采配を選手に丸投げしてロッカー室にこもってしまったというエピソードがある。尚試合はウクライナがPK戦を制した。

2007年EURO2008の予選敗退の責任を取り、代表監督を辞任した。同年12月14日、FCモスクワの監督に就任。しかし、2008年シーズンは、16チーム中9位で終え、成績不振を理由に解任される。

2011年にウクライナ代表監督に復帰したが、自国開催のEURO2012でグループリーグ敗退に終わり、大会後の2012年9月に退任し、ディナモ・キエフの監督に就任した。

所属クラブ[編集]

監督歴[編集]

代表[編集]

出場大会[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]