オマール・シボリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オマール・シボリ Football pictogram.svg
Omar Sivori.jpg
名前
本名 エンリケ・オマール・シボリ
愛称 カベソン(デカ頭)
カタカナ オマール・シボリ
ラテン文字 Enrique Omar Sivori
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 1935年10月2日
出身地 ブエノスアイレス州
没年月日 2005年2月17日(満69歳没)
身長 171cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MFFW
代表歴
1956-1957
1961-1962
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
19 (9)
9 (8)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

エンリケ・オマール・シボリEnrique Omar Sivori, 1935年10月2日 - 2005年2月17日)は、アルゼンチンブエノスアイレス州出身の元サッカー選手。ポジションはMFFW。愛称は『カベソン(デカ頭)』

経歴[編集]

ブエノスアイレス州北部の町、サン・ニコラス・デ・ロス・アロージョスで生まれたシボリは、1952年CAリーベル・プレートとプロ契約。1955年から3年連続でのリーグ優勝に貢献。1956年にはアルゼンチン代表デビューを果たす。1957年当時の世界最高の移籍金でユヴェントスに移籍。同年ジョン・チャールズも加えたクラブは1957-58シーズンにスクデットを獲得。シボリがユベントスに在籍した8シーズンでスクデット3回、コッパ・イタリアも3回制覇、1959-60シーズンには27得点を挙げ得点王に輝き、1961年バロンドールを受賞した。シボリはユヴェントスの選手として167得点を挙げ、当時のクラブ歴代得点ランキングでジャンピエロ・ボニペルティに次ぐ2位となった。1965年チーム内の不和が原因でナポリへ移籍、ここで4シーズンを過ごして1966年にはコッパ・デッレ・アルピを獲得。1969年に引退した。

激しい気性の持ち主で、セリエAで過ごした12シーズンで33回の退場処分を受けている。シボリと同時期にセリエAに移籍したアルゼンチン人、アントニオ・アンヘリージョインテル・ミラノ)とフンベルト・マスキオボローニャFC)の3人は、醜顔の天使(Angels with Dirty Faces)、または死のトリオ(The Trio of Death)と呼ばれた。

イタリア国籍を取得し(当時は複数の国の代表でプレーが可能)イタリア代表として1962年チリワールドカップにも出場した経験がある。また、監督としてもアルゼンチンのクラブの指揮を執ったほか、1972年からはアルゼンチン代表の監督も務めた。アルゼンチン代表では、初めてウバルド・フィジョールを代表に招集した。その後フィジョールはアルゼンチンを代表するゴールキーパーとなった。2004年には、ペレが選んだ偉大なサッカー選手100人に選ばれた。

2005年2月17日膵臓の腫瘍により69歳で亡くなった。

所属クラブ[編集]

外部リンク[編集]