アラン・シモンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラン・シモンセン Football pictogram.svg
Allan-simonsen-2000.jpg
名前
愛称 小さな巨人
ラテン文字 Allan SIMONSEN
基本情報
国籍 デンマークの旗 デンマーク
生年月日 1952年12月15日(61歳)
出身地 ヴァイレ
身長 165cm
体重 59kg
選手情報
ポジション FW / MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1971-1972
1972-1979
1979-1983
1983
1983-1989
デンマークの旗ヴェイレBK
ドイツの旗ボルシアMG
スペインの旗FCバルセロナ
イングランドの旗チャールトン
デンマークの旗ヴェイレBK
282 (104)
178 0(76)
98 0(31)
16 00(9)
代表歴
1972-1986 デンマークの旗 デンマーク 55 0(20)
監督歴
1991-1994
1994-2001
2001-2004
デンマークの旗ヴェイレBK
フェロー諸島の旗フェロー諸島代表
ルクセンブルクの旗ルクセンブルク代表
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

アラン・シモンセン(Allan Simonsen, 1952年12月15日 - )は、デンマーク出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。

略歴[編集]

デンマークを代表するサッカー選手の一人で、1977年にはデンマーク人として初めてバロンドール(欧州最優秀選手賞)を受賞した。165cm、58kgと小柄ながら抜群のスピードとドリブルを得意とし『小さな巨人』と称された。

地元クラブ・ヴェイレBKで頭角を現しリーグ2連覇に貢献。この活躍がヘネス・バイスバイラー監督の目に留まり1972年ドイツの強豪ボルシア・メンヒェングラットバッハに移籍。中心選手のギュンター・ネッツァーが移籍した穴を埋め、ベルティ・フォクツらと共に1975年からブンデスリーガ3連覇に貢献した。

その後スペインのFCバルセロナ、イングランドのチャールトンを渡り歩き、1983年古巣ヴェイレBKに復帰した。

クラブチームでの実績とは裏腹に、デンマーク代表では不遇を囲い、1984年欧州選手権では予選突破に貢献しながら、本大会の開幕戦、フランス戦で骨折。その影響もあって1986年ワールドカップメキシコ大会では控えに回った。

引退後はフェロー諸島代表監督などを務めている。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

  • デンマーク・リーグ優勝:3回 (1971, 1972, 1984)
  • ブンデスリーガ優勝:3回 (1975, 1976, 1977)
  • デンマーク・カップ優勝:1回 (1972)
  • スペイン国王杯:1回(1981)
  • ドイツ・スーパーカップ:1回 (1976)
  • UEFAカップ:2回 (1975, 1979)

個人[編集]

代表歴[編集]

外部リンク[編集]