ロベール・ピレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベール・ピレス Football pictogram.svg
Robert Pires1.JPG
名前
本名 ロベール・エマニュエル・ピレス
愛称 ボビー、スーパー・ロブ
ラテン文字 Robert PIRES
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1973年10月29日(40歳)
出身地 ランス
身長 187cm
体重 80kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1998
1998-2000
2000-2006
2006-2010
2010-2011
フランスの旗 FCメス
フランスの旗 オリンピック・マルセイユ
イングランドの旗 アーセナルFC
スペインの旗 ビジャレアルCF
イングランドの旗 アストン・ヴィラFC
162 (43)
66 (8)
189 (62)
102 (13)
9 (0)
代表歴
1996-2004 フランスの旗 フランス 79 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年8月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロベール・エマニュエル・ピレス(Robert Emmanuel Pirès, 1973年10月29日 - )は、フランスランス出身のサッカー選手ポジションMFサイドハーフセンターハーフ)。フランス代表に長く名を連ねた。ポルトガル出身の父親とスペインオビエド出身の母親の間に生まれたが、本人は生まれも育ちもフランスなため、両親と自身の母国語の計3か国語を自在に操る。

経歴[編集]

8歳で入団した地元のクラブ・サンタンヌで1983年、11歳以下のジュニア全国大会で優勝し、人生最初の優勝カップを手にする。その後スタッド・ランス=シャンパーニュのフォーメーションセンターを経て、1992年にFCメスとプロ選手契約。1993年4月、デイヴィジョン1(現在のリーグ・アン)デビュー。程なくクラブの中心選手として頭角を現し、フォワードシリル・プジェとのコンビは当時「PPガンマンズ」と呼ばれ、爆発的な攻撃力を誇った。

1996年にフランスリーグカップで優勝。この活躍によりフランス代表に招集され、1996年8月31日のメキシコ戦で代表デビューを果たした。また同年開催のアトランタオリンピック代表メンバーにも選ばれ、準々決勝まで進出した。1997-98シーズンには最終節で優勝を逃したものの、国内リーグでのクラブ歴代最高成績の2位を記録。この年のワールドカップ・フランス大会の決勝トーナメント1回戦・パラグアイ戦では、ゴールデンゴールとなったローラン・ブランのゴールをアシストし、優勝への過程に貢献した。

ワールドカップ後、フランスの名門クラブであるマルセイユに移籍。1998-99シーズンはUEFAカップで準優勝、国内リーグでも2位と好成績を残す。翌シーズンはキャプテンに任命されるが成績は低迷し、一部の過激なサポーターが主要選手の車を襲う等問題が多発、このシーズン限りでフランスを離れた。UEFA欧州選手権2000に臨むフランス代表に選出され、決勝戦ではダヴィド・トレゼゲのゴールデンゴールをアシスト。フランス代表の優勝に貢献した。

2000年にイングランドプレミアリーグアーセナルへ移籍。移籍当初は水が合わず思うような活躍が出来なかったが、2001-02シーズンにはフランス代表でも共にプレーするティエリ・アンリパトリック・ヴィエラらと共に主力として活躍し、プレミアリーグとFAカップの2冠を達成した。またこのシーズンは記者選定による最優秀選手に選ばれるなど、代表とクラブ双方にとって不可欠な存在となった。これらの活躍ぶりから2002年のワールドカップ・日韓大会でもフランス代表の主力メンバーとして期待されていたが、大会前に右膝の靭帯断裂という大怪我を負い選考から外れた。

2004年、レイモン・ドメネクがフランス代表監督に就任すると、同監督との確執が生じ2004年10月頃から代表に招集されなくなった。また、クラブでは負傷や若手の台頭もあり、レギュラーの座を明け渡すようになった。2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝で、GKイェンス・レーマンレッドカードで退場した際に、控えのGKマヌエル・アルムニアと交代させられた[1]。こうした事情もあり、2005-06シーズン終了後、長年プレーしたアーセナルに別れを告げ、スペインのビジャレアルに新天地を求めた。

その矢先の2006年8月、ラモン・デ・カランサ杯カディスCF戦で左膝十字靭帯断裂の大怪我を負い、戦線を離脱[2]。なお、同大会ではゴンサロ・ロドリゲスも十字靭帯を負傷する大怪我を負った。2007年3月には調子を取り戻すためにビジャレアルの下部チームでプレーすることを希望したが、スペインサッカー連盟に却下された[3]。2007年3月18日のソシエダ戦でようやく戦列復帰し[4]、2007-08シーズンは主力として活躍した。2010年6月、契約を満了してビジャレアルを退団した[5]

10月から古巣アーセナルの練習に参加し、11月17日にイングランド・プレミアリーグのアストン・ヴィラFCへの加入が発表されたが、9試合の出場に留まり、シーズン終了後に退団。

アストン・ヴィラ退団後、3年近く所属クラブがない状態が続いているが、本人の口から未だ明確な引退の意思表示はない。

エピソード[編集]

  • 髪の毛はシャンプーメーカーとの契約で勝手に切ることができないことが明らかになっている[6]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
1992-93 FCメス 2 0
1993-94 24 1
1994-95 35 9
1995-96 38 11
1996-97 32 11
1997-98 7 31 11
1998-99 マルセイユ 34 6
1999-00 32 2
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2000-01 アーセナルFC 7 33 4
2001-02 28 9
2002-03 26 14
2003-04 36 14
2004-05 33 14
2005-06 33 7
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2006-07 ビジャレアルCF 7 11 3
2007-08 33 3
2008-09 32 3
2009-10 28 4
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2010-11 アストン・ヴィラ 8 9 0
通算 フランス 228 51
イングランド 198 62
スペイン 102 13
総通算 515 126

脚注[編集]

  1. ^ 後に「アーセン・ベンゲル監督の信頼を失ったと感じ、アーセナルに残れなかったんだ」と語っている(UEFAチャンピオンズリーグ・マガジンフジテレビ、2008年9月28日放映)のインタビューにて)
  2. ^ livedoorスポーツ (2006年8月21日). “ピレス、十字靭帯断裂で6か月の戦線離脱へ”. 2009年7月11日閲覧。
  3. ^ livedoorスポーツ (2007年3月27日). “ピレス、リハビリのため3部リーグでプレーすることを要求”. 2009年7月11日閲覧。
  4. ^ REUTERS (2007年3月19日). “ビジャレアルのピレス、入団7カ月でリーグ戦デビュー”. 2009年7月11日閲覧。
  5. ^ 今季限りで退団のピレス、クラブとファンに感謝Goal.com、2010年5月8日
  6. ^ スポーツナビ (2007年2月11日). “遅れてきた新戦力 待望の復活へ”. 2009年7月11日閲覧。