ボビー・ムーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・ムーア Football pictogram.svg
Bobby Moore statue.jpg
名前
本名 ロバート・フレデリック・チェルシー・ムーア
愛称 ザ・キャプテン
ラテン文字 Bobby MOORE OBE
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1941年4月12日
出身地 バーキング
没年月日 1993年2月24日(満51歳没)
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
ポジション DF
代表歴
1962-1973[1] イングランドの旗 イングランド 108 (2)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ボビー・ムーア OBE(Bobby Moore OBE, 1941年4月12日 - 1993年2月24日)こと、ロバート・フレデリック・チェルシー・ムーア(Robert Frederick Chelsea Moore)は、イングランドバーキング出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

イングランド最高のディフェンダーの一人。高いディフェンス力、キャプテンシーを持ち常に冷静沈着。フィード力にも優れていた。ウェストハム・ユナイテッドのシンボルであり、紳士的な態度から周囲の信頼も厚かった。

1958年マンチェスター・ユナイテッド戦でデビュー。1961年からレギュラーに定着する。1964年、23歳のときにFAカップ初優勝。同年のリーグ年間最優秀選手賞を受賞。さらに翌年にはカップウィナーズカップ優勝に貢献した。

代表では1962年5月20日のペルー戦でデビュー。ワールドカップには1962年大会から3大会連続で出場。1966年の自国開催時にはキャプテンとして出場し、母国の初優勝に貢献した。同大会では最優秀選手に選ばれている。

イングランド代表キャプテンとしての出場試合数90は、ビリー・ライトと並んで、2010年3月現在でも最多記録として残っている。また、同代表キャップ数108は当時最多記録で、後にピーター・シルトンデビッド・ベッカムに抜かれたものの、現在でも第3位の記録となっている。

1993年2月24日大腸癌のため死去。51歳だった。

2008年8月5日、ウェストハムは彼が背負っていた6番を永久欠番にすると発表した。

エピソード[編集]

  • 1970年メキシコで開催されたワールドカップで事件は起こった。ホテルに滞在中、宝石店でエメラルドをあしらった金のブレスレットの窃盗の容疑で逮捕された。4日間の拘束の後釈放されるも結局そのショックを引きずり、不調のままベスト8で敗退した。真相は明らかではないが、中南米と欧州の国々の貿易摩擦が事件をでっち上げたと言われている。
  • FIFAワールドカップFAカップUEFAカップウィナーズカップの優勝を全てウェンブリー・スタジアムで獲得している。
  • 1980年、ジョン・ヒューストン監督の映画『勝利への脱出』に連合国チームのディフェンダー役としてアシスト出演。当時、ほとんどの観客がペレとスタローンの夢の共演を楽しみにして観に行ったが、サッカー通の人達は、連合国側の選手として端役出演した往年の名プレイヤーたちを懐かしみに映画館へ行った。当時、サッカーがまだメジャーなスポーツでなかった日本においては、これらのスーパースターの動く映像を実際に見ることが出来るという出来事は貴重な体験だったのである。明石家さんまは『ムーアを見るために映画館に足を運んだ』と当時を述懐している。エンドクレジットでは、スタローン、ペレ、マイケル・ケインに次いで、スライディングタックルを決める勇姿と共にイングランド代表として紹介されている。

所属クラブ[編集]

指導者歴[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]