デイビッド・アッテンボロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サー・デイビッド・アッテンボロー OM, CH, CVO, CBE, FRSSir David Attenborough OM, CH, CVO, CBE, FRS1926年5月8日 - )は、イギリス動物学者、植物学者、プロデューサー作家ナレーター。デイヴィッド・アッテンバラの表記もある。ロンドン出身。

デイビッド・アッテンボロー

兄は映画監督リチャード・アッテンボロー

略歴[編集]

父が学長を務めていたレスター大学のカレッジハウスで、3人兄弟(兄:リチャード(映画監督)、弟:ジョン(アルファ・ロメオ幹部))の2番目として育つ。第二次世界大戦中、両親はユダヤ難民の少女をヨーロッパから養子として受け入れる。

レスターWyggeston Grammar School for Boysを卒業後、ケンブリッジ大学クレア・カレッジ奨学生として、自然科学動物学)の学位を取得。

1950年、Jane Elizabeth Ebsworth Oriel と結婚、結婚生活は、彼女が亡くなる1997年まで続いた。彼女との間に2人の子息(ロバート、スーザン)がいる。

ロンドン大学出版会の科学編集助手を経て、1952年にプロデューサーとして英国BBCに入社。1960年代前半にロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院に進学したためにBBCを離れるが、修士号取得後BBCに復職し、1965年にはBBC第2チャンネル局長に任命される。

世界各地で野生生物、民俗学関係のドキュメンタリー製作を手がける。

1972年からフリーとなり、BBCの自然班とともに動物植物昆虫無脊椎動物などのドキュメンタリー製作を続けている。

1985年に叙勲。同年、王立地理学会から金メダル(創立者メダル)を授与された[1]。2000年にコスモス国際賞受賞。

2008年オーストラリアで化石が発見された「世界最古の胎生生物」である古代魚類が、彼にちなんでMaterpiscis attenboroughi (マテルピスキス・アッテンボローイ)と名付けられた[2]

2009年フィリピンパラワン州のビクトリア山で発見された、げっ歯類をも捕らえるほど巨大な新種のウツボカズラが、彼にちなんで「ネペンテス・アッテンボロギ」と名付けられた[3]

映像作品[編集]

  • アッテンボロー 鳥の世界
  • アッテンボロー 植物たちの挑戦
  • アッテンボロー 氷のワンダーランド南極

著作[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]