エメリン・パンクハースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Emmeline Pankhurst.
国会議事堂の隣のヴィクトリア・タワー・ガーデンにあるエメリン・パンクハーストの像(ウェストミンスター)

エメリン・パンクハーストEmmeline Pankhurst, 1858年7月14日 - 1928年6月14日)は、イギリス婦人参政権活動家。パンクハースト夫人として、第一次世界大戦以前の女性の選挙への参加に尽力したことで有名。

来歴[編集]

彼女は1858年に実業家のロバート・グールデンと情熱的な女性運動家ソフィア・クレーンの娘エメリン・グールデンとしてイングランドマンチェスターで生まれた。彼女は15歳でパリのエコ-ル・ノルマルに留学、1879年に帰国し、20歳で24歳年上の弁護士のリチャード・マースデン・パンクハーストと結婚、一男三女が生まれた。夫パンクハーストは婦人参政権運動の支持者で、1870年の婦人財産法案の起草者だった。1889年にエメリンはウーメンズ・フランチャイズ・リーグを設立した。パンクハーストは1898年に胃潰瘍で死去したが、エメリンの活動は続いた。

1903年に彼女はその過激な活動で有名になる婦人社会政治連合(Women's Social and Political Union, WSPU)を結成した。メンバーにはアニー・ケニー、婦人参政運動の「殉教者」エミリー・ディヴィッソンエセル・スマイスが含まれた。エメリンの長女クリスタベル(1880-1958)と次女シルヴィア(1883-1960)も活動に加わり、二人は異なる方法で運動に貢献した。

パンクハースト夫人の活動は爆弾テロを含む過激なもので、数度の逮捕をともなった。彼女は10回のハンガー・ストライキを行った。彼女の過激なアプローチは、合法的な政治活動で婦人参政権の獲得を目指していた人々には支持されず、婦人社会政治連合は分裂した。彼女の自叙伝『My Own Story』は1914年に公表された。彼女はその目標、イギリスでの婦人参政権をほぼ達成して、1928年に死去した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]