ジェフ・ハースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェフ・ハースト Football pictogram.svg
Geoff Hurst (2).jpg
名前
本名 ジェフリー・チャールズ・ハースト
カタカナ ジェフ・ハースト
ラテン文字 Geoff HURST
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1941年12月8日(72歳)
出身地 ランカシャー(現在はグレーター・マンチェスター)・アシュトン・アンダー・ライン
選手情報
ポジション FW
代表歴
1966-1972[1] イングランドの旗 イングランド 49 (24)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サー・ジェフリー・チャールズ・ハーストSir Geoffrey Charles Hurst MBE, 1941年12月8日 - )は、イングランド出身の元同国代表サッカー選手サッカー指導者1966年FIFAワールドカップ・イングランド大会決勝戦の西ドイツ戦にて、決勝ゴールを含むハットトリックを挙げた。しかしその決勝ゴールが果たして実際にゴールだったのかは、現在も論争の的となっている。

経歴[編集]

クラブ[編集]

1959年にウェストハム・ユナイテッドに入団し、ここでキャリアの多くを過ごすことになる。当初のポジションはミッドフィールダーだったが、ロン・グリーンウッド監督によってフォワードにコンバートされた。ウェストハムでは1964年にFAカップ、1965年にUEFAカップウィナーズカップに優勝した。

ウェストハムを離れた後はストーク・シティウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンNASLシアトル・サウンダーズなどでプレーした。

引退後は指導者として、ウェストハムとチェルシーFCでアシスタントコーチを務め、チェルシーでは監督のダニー・ブランチフラワーが解任された後は監督に昇格した。

1975年に大英帝国勲章を授与され、1998年にはナイトに叙勲された。2004年にイングランドサッカー殿堂入り。

イングランド代表[編集]

1966年2月に西ドイツ戦でイングランド代表デビューを果たす。数ヶ月後に開かれた1966年FIFAワールドカップ・イングランド大会のメンバーにも選出されたが、大会当初ハーストは控え選手とみなされていた。だが大会途中にエースFWのジミー・グリーブスが怪我をしたため、準々決勝のアルゼンチン戦からハーストに出番が回ってきた。

ハーストのゴールによってアルゼンチンに1-0で勝ったイングランドは、準決勝のポルトガル戦にも勝ち、西ドイツとの決勝戦に駒を進めた。西ドイツ戦では前半18分に同点弾となる1点目、延長前半11分に3点目、更に延長後半5分にも4点目を挙げて、ワールドカップの決勝戦でハットトリックを達成した最初の(そしていまだに唯一の)選手となった。イングランドは結局4-2で西ドイツを降し、ワールドカップ初優勝を遂げた。

論争の焦点は決勝ゴールとなった延長前半11分の3点目である。ハーストの右足から放たれたシュートはクロスバーを強く叩き、真下に落下してゴールライン上に落ちた。スイス人主審のゴットフリート・ディーンストは線審の判断を仰いだが、ロシア人線審(実際にはアゼルバイジャン人だが、一般的にこう呼ばれている)のトフィク・バフラモフはこれをゴールと認めた。

ハーストは1970年メキシコ大会でも3試合に出場して1ゴールを挙げた。代表での最後の試合は1972年4月のUEFA欧州選手権予選西ドイツ戦だった。

選手経歴[編集]

指導者経歴[編集]

出典[編集]