サンドロ・マッツォーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンドロ・マッツォーラ Football pictogram.svg
Ajman 1968-08-25 stamp - Sandro Mazzola.jpg
名前
本名 アレッサンドロ・マッツォーラ
愛称 サンドロ
ラテン文字 Sandro MAZZOLA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1942年11月8日(72歳)
出身地 トリノ
身長 179cm
体重 66kg
選手情報
ポジション FWMF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1961-1977 インテル・ミラノ 417 (116)
代表歴
1963-1974[1] イタリアの旗 イタリア 70 (22)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレッサンドロサンドロ・マッツォーラAlessandro "Sandro" Mazzola1942年11月8日 - )は、イタリア出身のサッカー選手。現在はイタリア国営放送局RAIにてサッカー解説者を務める。

1960年代の「グランデ・インテル」における中心選手。父のヴァレンティーノ・マッツォーラACトリノのサッカー選手であったが、1948年、サンドロが6歳の時に飛行機事故(スペルガの悲劇参照)で他界している。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ミラノ近郊出身だがACトリノで活躍した父ヴァレンティーノとは逆に、トリノ出身のサンドロはミラノインテルですべてのキャリアを全うした。それは、あまりに偉大な父との比較を本人が嫌ったためである。しかし、その能力はヴァレンティーノと比べても決して見劣りすることはなく、グランデ・インテルに欠かすことのできない選手の一人となった。

インテルでの通算成績は418試合116得点。セリエAデビューは1961年6月10日のユヴェントス戦。4回のセリエA(1962-63、1964-65、1965-66、1970-71)、2回のUEFAチャンピオンズカップ(1963-64、1964-65)、2回のインターコンチネンタルカップ(1964年、1965年)を獲得。1964-65シーズンには得点王に輝いている。

インテルが初めて欧州チャンピオンとなった1963-64シーズンのチャンピオンズカップ決勝のレアル・マドリード戦では、先制点と3点目を挙げる活躍で3-1の勝利の立役者となった。

晩年は、その視野の広さからゲームメーカーとしてトップ下でプレーした。

イタリア代表[編集]

イタリア代表としての通算成績は70試合22得点。デビューは1963年5月12日のブラジル代表戦。1966年1970年1974年の3回のワールドカップに出場。同時代のライバル、ジャンニ・リベラとのポジション争いは熾烈だった。

1966年W杯では北朝鮮代表に敗れるという不覚を取るが、プレイメーカーとして起用された1968年欧州選手権では優勝に貢献。これ以降、イタリア代表でのサンドロはプレイメーカーとして定着。1970年W杯では決勝に進出するも、ペレ擁するブラジルに敗れ、準優勝に終わった。

出典[編集]