ファビオ・カペッロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファビオ・カペッロ Football pictogram.svg
Fabio-Capello.jpg
名前
愛称 Don Fabio
カタカナ ファビオ・カペッロ
ラテン文字 Fabio CAPELLO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1946年6月18日(67歳)
出身地 サン・カンツィアン・ディゾンツォ
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1964-67
1967-69
1969-76
1976-79
イタリアの旗SPAL 1907
イタリアの旗ASローマ
イタリアの旗ユヴェントス
イタリアの旗ACミラン
49 (3)
62 (11)
165 (27)
65 (4)
代表歴2
1972–1976[1] イタリアの旗 イタリア 32(8)
監督歴
1987
1991-96
1996-97
1997-98
1999-04
2004-06
2006-07
2008-12
2012-
イタリアの旗ACミラン
イタリアの旗ACミラン
スペインの旗レアル・マドリード
イタリアの旗ACミラン
イタリアの旗ASローマ
イタリアの旗ユヴェントス
スペインの旗レアル・マドリード
 イングランド代表
 ロシア代表
1. 国内リーグ戦に限る。2008年1月13日現在。
2. 2008年1月13日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ファビオ・カペッロFabio Capello, 1946年6月18日 - )は、イタリア共和国サン・カンツィアン・ディゾンツォ出身の元サッカー選手サッカー指導者

人物[編集]

現役時にはASローマユヴェントスACミランに在籍し、イタリア代表としても活躍した。引退後は古巣のミラン、ローマ、ユヴェントスで監督を務め、それぞれをリーグ優勝に導いた。また、2度にわたってスペインのレアル・マドリードの指揮官に就任し、在任2シーズンで2度のリーグ制覇を達成した。

2008年よりイングランド代表の監督に就任するが、2012年に電撃辞任した。現在はロシア代表監督。

経歴[編集]

選手経歴[編集]

1964年SPAL 1907で選手キャリアをスタート。1967年ASローマへ移籍すると、1969年コパ・イタリア制覇に貢献し、自身初となるタイトルを獲得をした。この活躍により強豪ユヴェントスへ移籍、同クラブでは1976年まで7シーズン在籍し、3度のスクデット獲得に貢献した。その後、1976-77シーズンからACミランへ移籍すると、1978-79シーズンに自身4度目となるスクデット獲得に貢献。このシーズンを最後に現役を引退した。

イタリア代表としても1974 FIFAワールドカップ西ドイツ大会を始め32試合出場8得点を記録した。彼の選手生活におけるハイライトの一つは、1973年11月14日にウェンブリー・スタジアムで行われたイングランドとの試合である。カペッロのゴールでイタリアはイングランドを1-0で下し、アウェーにおけるイングランド戦での初勝利を記録した。

指導経歴[編集]

クラブチームの監督として

引退後はイタリアのテレビ局でサッカー解説者を務めていたが、1986-1987シーズンの途中にACミランの監督に就任。シーズン終了まで5試合の指揮をとり、翌シーズンからアリゴ・サッキにバトンをつないだ。それから4年後の1991年、サッキの後任として再びACミランの監督に就任する。

数多くのスーパースターを抱え「グランデ・ミラン」(偉大なミラン)や「リ・インヴィンチービリ」(無敵のミラン)と呼ばれた当時のミランを見事にまとめ上げ、セリエA では1991-92シーズンの無敗優勝を含め5年間で4度のスクデットを獲得。UEFAチャンピオンズリーグでは1992-93シーズンから3季連続で決勝に進出し、特に1993-94シーズンにはヨハン・クライフ率いるバルセロナを決勝で4-0という大差で下し優勝するなど、監督としての地位と評価を確立した。

1996年にはレアル・マドリードの監督に就任。就任初年度でリーグ優勝を果たすも、堅固な守備を第一とするカペッロの戦術は攻撃的なサッカーを求めるレアルのサポーターから批判を浴び、わずか1年で退任。三度、ACミランの監督に就任するも、1シーズンで退任した。

1999年ASローマの監督に就任。2000-2001シーズンにローマに18年ぶりのリーグ優勝をもたらし、2度の2位という実績を残す。2004-2005シーズンからはユヴェントスへ電撃移籍。ここでも手腕を発揮し、就任初年度にリーグ優勝を達成した。その後、2年連続でセリエA優勝の快挙を果たすも、2005-2006シーズンのカルチョ・スキャンダルによるチームのセリエB降格と同時に監督の座を退いた。

2006年からレアル・マドリードの監督に復帰。序盤はもたついたものの、終盤にはチームを立て直し、奇跡の逆転劇の末、銀河系軍団と呼ばれながらも迷走していたレアル・マドリードに4シーズンぶりのリーガタイトルをもたす。シーズン終了後、選手たちは監督続投を希望したが、6月28日に一度目の解任時と同様の理由で監督解任が発表された。レアル・マドリードを就任初年度に優勝させ、直後にクラブを去るのはこれで2度目となった。カペッロ自身はインタビューの中でもう一度レアルから監督就任の話が来ても行くことはないだろうと語っている。

イングランド代表監督

2007年ユーロ2008の予選から敗退した責任で前任のスティーブ・マクラーレンが解雇された後でイングランド代表監督の座に興味を示し自ら進んでアピール。12月15日に正式に監督就任が決定した。2008年1月7日からの4年半の契約となった。カペッロはイングランド代表監督という仕事は「私のサッカー人生の集大成」と語っている。

迎えた2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では圧倒的な強さで予選を突破し本大会出場を決めた。しかし2010 FIFAワールドカップ本大会では初戦から低調なパフォーマンスに始まり、グループリーグをかろうじて突破したものの決勝トーナメント1回戦のドイツ戦では、フランク・ランパードのゴールが認められない誤審もあり4-1で大敗した。大会後は解任の噂もあったがUEFA欧州選手権2012出場を目指して続投が決まった。

2012年2月8日イングランドサッカー協会が自らの同意を得ずにジョン・テリーをキャプテンから外したことに異を唱えてEURO2012を前にして代表監督を辞任した。

ロシア代表監督

2012年7月26日ロシア代表監督に就任した。

監督としての特徴[編集]

守備的な布陣を敷き、堅実な戦術で試合を運ぶスタイルを好む。カテナチオの第一人者であるネレオ・ロッコから影響を受けており[2]、現代においてその精神を受け継ぐ監督である。

彼の率いるチームは安定した成績を残しており、連敗と失点の少なさ、本拠地での圧倒的な強さと敵地でのしたたかな戦い方も特徴の一つ。就任した先々でタイトルを獲得することから「優勝請負人」の異名を持つ。しかし、結果主義の強いやり方には批判もある。

純粋かつ激しい競争の下での選手の質の向上を謳っており、年齢や実績の差を基準とするヒエラルキーを自身のチーム内に置かないことで知られる。いわく「私のチームで先発を勝ち取る条件とは唯一つ。それは好敵手を圧倒するモチベーション、それ以外にない」と語っている[3]。 チームに絶対欲しい選手のタイプを問われた際は、「自らを常に犠牲に出来る者、試合は勿論、普段の練習から全力を尽くす者。何よりもタフな精神力を持つ者。真っ先に浮かぶのはエメルソン・フェレイラ」と答えている[2]

規律に厳しく、選手を完全な支配下に置いた上で采配を振る。過去には不甲斐ないプレーをしているとして「過去の栄光でプレーしている連中」とミランの選手を批判し、一目置いていたマルセル・デサイーに「私は君だけを残し、他の全員を放出する」と言ったというエピソードがある[4]。これらはパオロ・マルディーニにかなり批判されている。

また、試合途中に投入した選手をわずか5分で下げたことが何度かあり、アドリアン・ムトゥデヤン・サビチェビッチがその被害者となっている[2]。一方で、悪童と名高かったズラタン・イブラヒモビッチアントニオ・カッサーノなどを起用し続け、問題も多かったが上手くチームにフィットさせた例もある。

レギュラークラスの選手を複数確保しシーズンを通して使い分けるという、現在では強豪クラブの常識となったターンオーバー制を初めに確立した人物とされる。

語録[編集]

  • 「ひらめきや創造性とは、言葉を変えれば単なる『意外性』に過ぎない」[5]
  • 「カルチョとは極めて単純な競技に過ぎない。とすれば、単純にプレーすれば誤ちは回避できる」[5]
  • 「モダンフットボールにファンタジスタの居場所はない」[6]

所属クラブ[編集]

現役時代[編集]

監督時代[編集]

監督成績[編集]

シーズン 指揮クラブ リーグ戦成績 ヨーロッパカップ戦成績
1986-87 ACミラン セリエA 5位  不出場
1991-92 ACミラン セリエA 優勝  不出場
1992-93 ACミラン セリエA 優勝  UEFAチャンピオンズリーグ 準優勝 
1993-94 ACミラン セリエA 優勝 UEFAチャンピオンズリーグ 優勝
1994-95 ACミラン セリエA 4位  UEFAチャンピオンズリーグ 準優勝
1995-96 ACミラン セリエA 優勝 UEFAカップ ベスト8
1996-97 レアル・マドリード リーガ・エスパニョーラ 優勝 不出場
1997-98 ACミラン セリエA 9位 不出場
1999-00 ASローマ セリエA 5位 UEFAカップ ベスト16
2000-01 ASローマ セリエA 優勝 UEFAカップ ベスト16
2001-02 ASローマ セリエA 2位 UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16
2002-03 ASローマ セリエA 8位 UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16
2003-04 ASローマ セリエA 2位 UEFAカップ ベスト16
2004-05 ユヴェントス セリエA 優勝(のちに剥奪) UEFAチャンピオンズリーグ ベスト8
2005-06 ユヴェントス セリエA 優勝(のちに剥奪) UEFAチャンピオンズリーグ ベスト8
2006-07 レアル・マドリード リーガ・エスパニョーラ優勝 UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16

脚注[編集]

  1. ^ “Fabio Capello - Goals in International Matches” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/capello-intlg.html 
  2. ^ a b c interview by Cristiano Ruiu/翻訳・構成 宮崎隆司「リッピVS.カペッロ:こんな時、あなたはどうする シチュエーション別勝利の方程式」、『Sports Graphic Number 722』第30巻第4号、文藝春秋2009年、 52-55頁、 雑誌 26853-2・19。
  3. ^ interview by Cristiano Ruiu/翻訳・構成 宮崎隆司「ファビオ・カペッロ:一体、私のどこが悪い!!」、『Sports Graphic Number 672』第28巻第4号、文藝春秋2007年、 64-67頁、 雑誌 26851-3・1。
  4. ^ interview by Cristiano Ruiu/翻訳・構成 宮崎隆司「パオロ・マルディーニ:あの“左足”には警戒している」、『Sports Graphic Number 672』第28巻第4号、文藝春秋2007年、 46頁、 雑誌 26851-3・1。
  5. ^ a b c アラン・トネッティ「誇り高き指揮官の野望」、『Sports Graphic Number 647』第27巻第4号、文藝春秋2006年、 70-73頁、 雑誌 26851-3・2。
  6. ^ 「21世紀のファンタジスタ」 『WORLD SOCCER DIGEST No.283』 第15巻第2号、日本スポーツ企画出版社、2009年、16頁。雑誌 29893-1/15。

外部リンク[編集]

その他の役職
先代:
スティーブ・マクラーレン
イングランド代表監督
第16代:2007 - 2012
次代:
(暫定)スチュアート・ピアース