オットマー・ヒッツフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オットマー・ヒッツフェルト Football pictogram.svg
Otmar hitzfeld in bulgaria.jpg
名前
ラテン文字 Ottmar Hitzfeld
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1949年1月12日(65歳)
出身地 バーデン=ヴュルテンベルク州ロラッハ
選手情報
ポジション FW
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オットマー・ヒッツフェルトOttmar Hitzfeld1949年1月12日 - )は、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ロラッハ出身の元サッカー選手サッカー指導者

略歴[編集]

現役時代はアマチュア、及びプロ選手としてスイスドイツでプレー。現役時代のポジションはFW。スイスで大学にも通い、数学教師のライセンスを持っている。選手生活を退いた後に指導者としての道をスイスでスタート。 SCツークFCアーラウグラスホッパー・チューリヒの監督としてスイス・カップやスイス1部リーグで優勝を果たす。スイスで名監督入りしたヒッツフェルトは、1991年に、ドイツ・ブンデスリーガで低迷していたボルシア・ドルトムントの監督に就任。対戦相手を徹底的に分析するとともに戦術に長け、ドイツ・ブンデスリーガ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝1回を果たした。

ボルシア・ドルトムントでの実績が評価され、1998年バイエルン・ミュンヘンの監督に就任。リーグ優勝4回、ドイツカップ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝1回、さらにトヨタカップを制覇するなど、同クラブの黄金時代に貢献した。その間、当然ながら海外の名門クラブから度々監督就任の声が挙がったが、ドイツ語による選手との意志の疎通を信条として、その都度断り、これだけの名監督ながら、ドイツ語圏以外の名門クラブでの監督経験は無い。

2004年にバイエルン・ミュンヘン監督を辞任。同年のEURO2004終了後に解任されたルディ・フェラードイツ代表監督の後任にも挙がったが、本人は固辞した。

他にもレアル・マドリードなど数多くのビッグクラブから監督就任のオファーがあったがそれを全て断り、ドイツ有料テレビ「PREMIERE」でサッカー・コメンテーターとして活躍。監督として現場にはもう戻らないもの、と思われていた。

しかしバイエルン・ミュンヘンのGMウリ・ヘーネスの説得もあり、2007年1月31日、不調にあえぐバイエルン・ミュンヘン監督に再就任した。

ドイツ出身だがユース時代からスイスで生活。現在も実家はスイスのエンゲルベルクにあり、家ではスイス方言(スイスドイツ語)を話している。そのためスイス人であるとよく間違えられ、ドイツでも当初は「スイス人監督がドイツにやってきた」と報道された。1991年にボルシア・ドルトムントの監督に就任した際、スイス方言のサッカー用語しか知らず、標準ドイツ語のサッカー用語を学びなおさなくてはいけなかった。

現在でもスイス国際放送のインタビューなどでは全てスイス方言で答えており、多くのスイス人はヒッツフェルトのことを「ドイツに出稼ぎに行っている自分達の国の監督」と考えている。スイスサッカー協会も長年何度もスイス代表監督として打診するもののなかなか実現できずにいたが、ついに2008年EURO2008終了後から2年間就任することが契約された。2010 FIFAワールドカップでは優勝したスペイン代表を倒す大番狂わせを演出したがグループリーグで敗退した。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

獲得タイトル[編集]

  • 世界最優秀監督賞受賞 2回 (1997,2001)
先代:
ホルスト・ケッペル
ボルシア・ドルトムント監督
1991-1997
次代:
ネヴィオ・スカラ
先代:
ヤコブ・クーン
スイス代表監督
2008-2014
次代:
ヴラディミル・ペトコヴィッチ