アレクサンダー・フライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンダー・フライ Football pictogram.svg
080603 frei06.jpg
名前
本名 アレクサンダー・フライ
愛称 アレックス
ラテン文字 Alexander FREI
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
生年月日 1979年7月15日(34歳)
出身地 バーゼル
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション CF
利き足 右足
ユース
1987-1988
1988-1995
1995-1997
スイスの旗 ベニャン
スイスの旗 アエシュ
スイスの旗 バーゼル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1998
1998-1999
1999-2001
2001-2003
2003-2006
2006-2009
2009-2013
スイスの旗 バーゼル
スイスの旗 トゥーン
スイスの旗 ルツェルン
スイスの旗 セルヴェット
フランスの旗 レンヌ
ドイツの旗 ドルトムント
スイスの旗 バーゼル
11 0(1)
32 0(6)
53 (17)
64 (36)
100 (47)
74 (34)
103 (73)
代表歴2
1995-1996
1996-1997
1999-2000
2001–2011[1]
スイスの旗 スイス U-18
スイスの旗 スイス U-19
スイスの旗 スイス U-21
スイスの旗 スイス
5 0(1)
4 0(3)
19 0(9)
84 (42)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年9月6日現在。
2. 2013年9月6日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

アレクサンダー・フライAlexander Frei, 1979年7月15日 - )は、スイスバーゼル出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはFWスイス代表の通算最多得点記録の保持者である。

日本ではアレクサンダー・フレイと表記される場合が多いがフレイは英語読みで、ドイツ語読みではフライである。

経歴[編集]

クラブ[編集]

2003年1月にリーグ・アン・スタッド・レンヌへ移籍すると、2003-04シーズンには19得点で得点ランク2位、2004-05シーズンには20得点で得点王になりヨーロッパ中の注目を浴びた。各チームが争奪戦を繰り返す中、2006年8月にヤン・コレルの抜けたボルシア・ドルトムントへと移籍した。移籍初年度の2006-07シーズンには16得点するなど3シーズンで34ゴールを挙げる活躍をみせた。ドルトムントのライバルであるシャルケと相性が良く、いくつものゴールを決めている[2] [3]。2009年7月に移籍金400万ユーロ(約5億3000万円)、3年契約でバーゼルに復帰[4]。 2010-11シーズン、2011-12シーズンと2季連続で得点王を獲得している。

2012年11月、2012-2013シーズンの終了後の現役引退を発表[5]。 2013年3月に4月15日からFCルツェルンのスポーツディレクターに就任するため、予定より早く現役を引退することになった[6]

代表[編集]

スイス代表では2001年ユーゴスラビア戦にてデビューを果たす。この時同時にU-21スイス代表のストライカーとしても活躍、2002年のU-21欧州選手権で2得点を挙げている。EURO2004では無得点に終わったが、2006 FIFAワールドカップでも2得点を挙げ、スイスのベスト16進出に貢献した。2007年3月、ヨハン・フォーゲルに代わってスイス代表のキャプテンに就任。

2008年5月30日に行われたスイス対リヒテンシュタインの親善試合において2得点をあげ、歴代代表FWの得点記録34得点を更新した。同年に開催されたEURO2008で更なる記録が期待されたが、初戦のチェコ戦で左膝の靭帯損傷を負い離脱。大会中の復帰はかなわなかった。

2010 FIFAワールドカップでは直前合宿で捻挫するなどコンディションが整わず、初戦のスペイン戦は欠場。後の2試合に出場するも得点はなく、チームもグループリーグで敗退。ワールドカップ前後からパフォーマンスに批判が多くなり、2011年4月に代表引退を表明した[7]

代表での最後の得点は2010年11月の親善試合、ウクライナ戦での2得点で、代表での通算成績は84試合42得点。先述の通り、得点数はスイス代表歴代1位である。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ
スイスの旗 セルヴェットFC
スイスの旗 FCバーゼル
個人
  • リーグアン得点王:2004-05 (20得点)
  • スイス年間最優秀選手 2007
  • スイスリーグ得点王: 2010-11 (27得点),2011-12 (24得点)
  • スイス・ゴールデンプレイヤー賞ベストフォワード部門 2011,12

脚注[編集]

  1. ^ “Alexander Frei - Goals in International Matches” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/frei-intlg.html 
  2. ^ uefa.com (2006年12月10日). “シャルケがダービーを制して首位浮上”. 2009年7月21日閲覧。
  3. ^ AFP BB News (2007年5月12日). “ドルトムント シャルケを降し4連勝で7位に浮上”. 2009年7月21日閲覧。
  4. ^ uefa.com (2009年7月19日). “フライがバーゼルに復帰”. 2009年7月21日閲覧。
  5. ^ uefa.com (2012年11月15日). “バーゼルのフライ、今季限りでの引退を表明”. 2012年11月16日閲覧。
  6. ^ uefa.com (2013年3月19日). “フライ、ルツェルンの強化担当就任へ”. 2013年3月22日閲覧。
  7. ^ Goal.com (2011年4月7日). “フライ、スイス代表引退を表明”. 2011年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]