シルヴァン・ヴィルトール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルヴァン・ヴィルトール Football pictogram.svg
Sylvain Wiltord Rennes 081229.jpg
名前
本名 シルヴァン・クロード・ヴィルトール
ラテン文字 Sylvain Claude WILTORD
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1974年5月10日(40歳)
出身地 ヌイイ=シュル=マルヌ
身長 174cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
1999-2006[1] フランスの旗 フランス 92 (26)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シルヴァン・ヴィルトールSylvain Claude Wiltord, 1974年5月10日 - )は、フランスパリ郊外ヌイイ=シュル=マルヌ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションは主にFWウイングセンターフォワードセカンドトップサイドハーフをこなす。グアドループにルーツを持つ。

略歴[編集]

クラブ[編集]

1991年スタッド・レンヌでプロデビュー。デポルティーボ・ラ・コルーニャが保有権を持ちながらレンタルという形で1997年ボルドーへ移籍するとリーグ優勝に貢献すると共に得点王(22ゴール)に輝く。その活躍が認められ2000年プレミアリーグアーセナルへ移籍すると、鋭い得点感覚で活躍を見せてロベール・ピレスらと共にアーセナルの黄金時代を形成した。アンリ、ピレス、ヴィルトールはフレンチ・コネクションと賞された。アーセナルでは主に右サイドハーフをつとめ、デニス・ベルカンプ欠場の際はアンリと高速2トップを形成することもあった。アーセナルでは通算49ゴールをあげている。

フレドリック・ユングベリや若手の台頭、自身の足首の怪我の影響もあって出場機会が減っていたため、新たなる新天地を求め、2004年リヨンへ移籍し、リーグ優勝に貢献した。 移籍初年度は3得点3アシストと一見平凡な数字にも見えるが、その数字以上の仕事、シャドーストライカー的存在を十分に発揮した。翌2005-06シーズンには12得点を挙げる活躍を見せ、チームの中核として活躍。リヨンではセンターフォワード、ウイング、サイドハーフをこなした。2007-08シーズンには古巣レンヌへ復帰した。

2011-12シーズン終了後、現役を引退した。

代表[編集]

フランス代表としては1999年2月、イングランドとの親善試合で代表デビュー。EURO2000では決勝のイタリア戦で終了間際の同点ゴールを挙げて優勝に貢献。日韓W杯にも出場したが、チームは1次リーグ敗退と不本意な結果に終わった。 EURO2004は故障もあり、メンバー入りが危ぶまれていたが、ギリギリの段階でメンバー入りしたが至って不調。チームはギリシアに敗れ、不本意な大会となった。 2006年のドイツW杯では主力メンバーとして活躍し、準優勝に大いに貢献した。

エピソード[編集]

  • アーセナル移籍前後はナイキ社のスパイクを履いていた。EURO2004前後からドイツワールドカップ前まではプーマ社。ドイツワールドカップ以降はアディダス社のスパイクを履いている。
  • 明るい性格で知られ、チームメイトと共にさまざまなパフォーマンスを見せる。
  • リヨン時代、リーグ優勝決定後、顔にペイント(銀色)をして試合に臨んだことがある。その試合ではリヨンのメンバー全員がペイントをしていた。

所属クラブ[編集]

主な経歴[編集]

代表歴[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]