ユルゲン・クロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユルゲン・クロップ Football pictogram.svg
Jürgen Klopp Saisonstart 01.jpg
名前
本名 Jürgen Klopp
カタカナ ユルゲン・クロップ
ラテン文字 Jurgen KLOPP
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1967年6月16日(47歳)
出身地 バーデン=ヴュルテンベルク州の旗バーデン=ヴュルテンベルク州
シュトゥットガルト
身長 192cm
体重 83kg
選手情報
ポジション FW
監督歴
2001-2008
2008-
1.FSVマインツ05
ボルシア・ドルトムント
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ユルゲン・クロップ(Jürgen Klopp、1967年6月16日 - )は、ドイツシュトゥットガルト出身の元サッカー選手、サッカー指導者。息子のマルクもボルシア・ドルトムントIIに所属するディフェンダーである。

来歴[編集]

現役時代はフォワード。1990年から2001年まで1.FSVマインツ05に所属し、現役引退。その後、マインツの監督に就任すると、財政的に小規模なクラブを2004年にブンデスリーガ1部昇格に導き、初の1部挑戦となった翌2004-05シーズンにはマインツは11位でリーグ戦を終え1部残留と健闘をみせた。マインツでは、モハメド・ジダンレオン・アンドレアセンマヌエル・フリードリヒらを育成した。2006-07シーズンは降格となり、2007-08シーズンは2部4位となり昇格を逃した。

2008-09シーズンより、低迷の続くボルシア・ドルトムントの監督に就任。前半戦はUEFAカップウディネーゼ・カルチョに敗退するなど苦戦したものの、後半はチームがかみ合い快進撃を演出。ドルトムントにおいても、ネルソン・アエド・バルデスの復活やネヴェン・スボティッチのブレイクを助けるなど、優れた指導力を発揮している。最終節で6位となり、ヨーロッパカップ戦への出場権を獲得出来なかったが、終盤にリーグ戦7連勝を達成するなど、古豪復活に向けて基盤を固めた。

2009-10シーズン以降、ケヴィン・グロスクロイツヌリ・シャヒンスヴェン・ベンダーマリオ・ゲッツェらの若手を次々とブレイクさせる。2010-11シーズンにおいては夏の移籍で獲得した香川真司が即フィットし、ドルトムントはリ-グ前半戦終了時点でブンテスリーガ史上第2位となる勝ち点43を達成。後半に入っても勢いは止まらず、チームは2001-2002シーズン以来の優勝を果たした。2011-12シーズンでは開幕当初は低調なスタートに沈むも、その後は最終戦までブンデスリーガ新記録となるリーグ戦28試合連続で無敗・勝ち点81を成し遂げて2シーズン連続の優勝を果たした。

2013年FIFAバロンドール最優秀監督賞の候補に挙がったがユップ・ハインケスに敗れ2位となった

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

獲得タイトル[編集]

ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント

脚注[編集]

[ヘルプ]


外部リンク[編集]