リヴァプールFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヴァプールFC
原語表記 Liverpool Football Club
愛称 The Reds
クラブカラー
創設年 1892年
所属リーグ プレミアリーグ
ホームタウン リヴァプール
ホームスタジアム アンフィールド
収容人数 45000
代表者 アメリカ合衆国の旗 J.W.ヘンリー
監督 北アイルランドの旗 ブレンダン・ロジャース
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

リヴァプールFC (Liverpool Football Club) は、イングランドリヴァプールに本拠を置くサッカークラブチーム。愛称はレッズ(Reds)

概要[編集]

イングランドマージーサイド州リヴァプール市、アンフィールドをホームとするクラブ。ホームスタジアムであるアンフィールドとライバルクラブのエヴァートンの関係から1892年に創設された。プレミアリーグ(当時はFAプレミアリーグ)発足に参加した22クラブのひとつ。

1960年代半ばから1980年代にかけて、3連覇(1978-79・1979-80・1981-82)達成を含むリーグ優勝13回、4度のUEFAチャンピオンズカップなど、40以上のタイトルを獲得したイングランドの古豪。特に、イングランドだけでなく欧州の舞台でも活躍した、1970年代以降の約20年については『黄金期』と称される一方、『ヘイゼルの悲劇』、『ヒルズボロの悲劇』という2つの悲劇を経験した、暗い過去を持つ(後述)。

2005年には通算5度目となるUEFAチャンピオンズリーグ(UEFAチャンピオンズカップを含む制覇を果たし、ビッグ・イヤーの永久保持が認められた。

フットボールリーグ・ディビジョン1において、最多18度の優勝を誇る[1]。イングランドのトップリーグにおける最多優勝回数記録を長年にわたり保持していたが、2010-11のリーグ戦を制したマンチェスター・ユナイテッドFCに抜かれ、現在はそれに次ぐ優勝回数となっている[1]。なお、国内タイトルでは唯一、プレミアリーグ優勝の経験が未だない。

2012年には創設120周年を迎えた。クラブ史上、監督を務めたのは17人[2]。現在の監督は2012年6月に就任したブレンダン・ロジャースである[2]

サポーターソング「You’ll never walk alone」を最初に合唱したサッカークラブである。

歴史[編集]

創立期[編集]

1891年アンフィールドのオーナーであったジョン・ホールディングは、当時アンフィールドを本拠地として使用していたエヴァートンに対して使用料の値上げを要求したが、これを拒否したエヴァートンは現在のグディソン・パークへ移転した[3]。ホールディングはアンフィールドに新たなサッカークラブを設立することを決め[4]1892年3月15日にリヴァプールFCが創立された。そして1892年9月1日に行われたロザラム・タウンFCとの親善試合が初めての試合となった[5]

1936年6月には、ジョージ・ケイが前任者ジョージ・パターソンに代わり、監督に就任した。サウサンプトンからの就任であった。就任後の12試合では3勝4分という成績であった。そして最初の1936-37シーズンは18位で終えた。次シーズン開幕戦の相手本拠スタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦では1-6で敗れた。そして1937-38シーズンは11位で終えた。

1938-39シーズン前に、ケイはボブ・ペイズリーBishop Auckland F.C.から移籍金をかけずに獲得。また、ビリー・リッデルも獲得する。しかし、第二次世界大戦へと突入し、活動を停止せざるを得なくなる。

第二次世界大戦後[編集]

第二次世界大戦後、アメリカ合衆国カナダへの遠征を計画する。この計画はケイの、気候などが全く異なる北米でプレーすることは選手に有益であるという考えに沿ったものである。そして、1946-47シーズンに10試合の北米遠征が行われた。

1949-50シーズンにはFAカップで決勝に進出したが、アーセナルに敗れ[6]、初のFAカップ制覇を逃した。また1951年にはジョージ・ケイが引退し、ドン・ウェルシュに引き継がれた。

黄金期と2つの悲劇[編集]

アンフィールド前に建つビル・シャンクリーの像

クラブが大きな変革の時を迎えたのは1950年代に入ってからになる。フィル・テイラーに率いられ、1959年には下部ディビジョンに低迷していたが、ビル・シャンクリーが監督として就任する[7]。シャンクリーが基盤を作り、シャンクリーの右腕ボブ・ペイズリーへ受け継がれたクラブは1970年代から1980年代にかけて黄金期を迎え、ヨーロッパサッカー界を席捲する。この二人が監督を務めた間に国内タイトル、国際タイトル合わせて19個のタイトルを獲得した。

しかし、80年代には2つの悲劇に見舞われている。1985年にはチャンピオンズカップの決勝ユヴェントス戦で『ヘイゼルの悲劇[8](1985年) が起きる。『ヒルズボロの悲劇[9] (1989年) もリヴァプールの試合中に起きた。特に前者の影響は深刻で、イングランドのクラブは国際試合から無期限に締め出され(後にリヴァプールは7年、他クラブは5年となる)、リーグの力の相対的な地盤沈下をもたらした。

90年代に入るとやや低迷した。処分が解けた後も国際タイトルには手が届かず、リーグでは依然として上位の常連であり続けたが、優勝から遠ざかった。現在に至るまで1989-90シーズンのディヴィジョン1制覇が最後のリーグ制覇であり、プレミアリーグ移行後は優勝経験がない。

21世紀〜国際舞台での復活と遠いリーグ優勝[編集]

新世紀以降は、国際試合での活躍が目立ち、「ヘイゼルの悲劇」の後遺症は完全に過去のものとなった。しかし、依然としてプレミアリーグでは優勝していない。

2000-01シーズンにはFAカップリーグカップUEFAカップを制して3冠を達成した[10]。なお、1983-84シーズンにもリーグリーグカップUEFAチャンピオンズカップの組み合わせで3冠を達成している。

アンフィールドのグラウンド
アンフィールド外観
コップスタンド

2004-05シーズンはシーズン開幕前にラファエル・ベニテスが監督に就任すると、ルイス・ガルシアシャビ・アロンソなどリーガ・エスパニョーラの選手を獲得し、積極的に登用し始める。一方、エースのマイケル・オーウェンレアル・マドリードへ放出した[11]チャンピオンズリーグではユヴェントス、チェルシーらの強豪を破り、決勝進出を果たす。決勝のACミラン戦において、前半終了時0-3のビハインドから、後半の6分間にジェラードスミチェルアロンソが立て続けに得点し、同点に持ち込んだ。そして、PK戦でACミランを下し、21年ぶりの欧州一の称号を手にした[12][注 1]。この試合はイスタンブールの奇跡と呼ばれるようになる。また、UEFAチャンピオンズカップとUEFAチャンピオンズリーグの合計優勝回数が5回となり、5チーム目となる優勝カップの永久保持が認められたクラブとなった。

2005-06シーズンの夏、前シーズンがプレミアリーグ5位であったため[注 2]チャンピオンズリーグの出場権は逃していたが、タイトル防衛の機会が与えられるべきという意見から特例で予備予選1回戦からの出場が認められた[注 3]。そして、2006-07シーズン以降は、前大会優勝チームはグループリーグにシード出場できるというルールが設けられた。

2005年12月、新設されたFIFAクラブ世界選手権2005出場のため来日。12月15日に行われた準決勝で北中米・カリブ海王者デポルティーボ・サプリサに3-0で勝利し決勝戦進出。12月18日の決勝戦では、南米王者サンパウロFCと戦い、接戦の末0-1で敗れ準優勝[13]

2006年のFAカップ決勝戦では、ウェストハムと対戦。三度先攻を許すも、後半終了間際のジェラードのミドルシュートが決まるなど、三度追いついた。その後の延長戦でも決着がつかず、PK戦の末、同大会で5年ぶりの優勝を決めた[14]

2006-07シーズンはチャンピオンズリーグで決勝進出を果たした。対戦相手は2004-05シーズンと同じACミランであったが、試合では1-2で敗れ、ACミランに2年前の雪辱を許す形になった[15]

2007-08シーズンは夏期移籍期間にフェルナンド・トーレスを獲得[16]。シーズン開幕前には懐疑的な意見も聞かれたが、ルート・ファン・ニステルローイが保持していたプレミアリーグ初年度の得点記録を塗り替えた。チャンピオンズリーグはここ数シーズンと同様に、準決勝まで進出した。準決勝でチェルシーに2戦合計3-4で敗れ、敗退した[17]

2008-09シーズンの夏期移籍期間にはトッテナムから2030万ポンド (約41億円) でロビー・キーンを獲得[18]。また、在籍年数の長かったヨン・アルネ・リーセスティーヴ・フィナンピーター・クラウチハリー・キューウェルなどを放出し[19][20][21][22]、チームの顔ぶれを刷新した。

2008-09年シーズンは夏の移籍市場でチームを改革したのが功を奏したのか、マンチェスター・ユナイテッドと熾烈な優勝争いを演じた。

2009年夏の市場では、中心選手であったシャビ・アロンソ、アルベロアを放出した。 今まで、中盤で攻撃を組み立てていたシャビ・アロンソを放出したため、中盤の展開力不足、ジェラード、フェルナンド・トーレスへの依存度が更に高まり、攻撃が成り立たず、また攻撃が成り立たないことから守備も不安定となり、2009-10シーズンは開幕から不振にあえぎ、最終的に7位で終了し、辛うじてEL出場権を獲得することができたが、この結果BIG4時代が終焉した。 2009-10シーズン終了後、成績不振を理由に双方の合意の元、ベニテス監督との契約を解除した。後任は前年フラムUEFAヨーロッパリーグ準優勝に導いたロイ・ホジソンとなった。イングランド人監督が就任したことやプレミアリーグの規定変更などもあり、チームはイングランド化が進んだ。

ジョン・ヘンリーによる新時代の幕開け[編集]

2010年4月16日(現地日時)、共にアメリカ人で共同オーナーを務めるジョージ・ジレットトム・ヒックスは、新会長の就任発表と同時に、クラブを売りに出したことを発表した。ジレットとヒックスは2007年にクラブを買収したが、経営に失敗し資金繰りが悪化、英メディアによれば負債は売却発表時点で2億3700ポンド(発表時点で約335億円)に上る。これまでも中東の富豪との売却交渉などが報じられていたが、売却に向けての初めての正式発表となった。発表によれば、新会長マーティン・ブロートンブリティッシュ・エアウェイズ会長)がバークレイズ・キャピタルの支援を受け、売却交渉を主導する。[23] なかなか売却交渉に進展がなかったが、10月15日の負債返済期限を前にして、10月初旬から売却交渉は動きだし、ヒックス、ジレットの両人による反発に遭い裁判にもつれながらも、NESV(ニューイングランド・スポーツ・ベンチャーズ)によって約3億£で買収された。 11月にはフロント改革の一環として、トッテナム元SDのダミアン・コモリをFD(フットボールディレクター)として招聘した。

2010-11シーズンは、資金不足により開幕前の移籍市場において満足な補強ができず、ロイ・ホジソンの下、一時は降格圏にまで転落し、あらゆるクラブワースト記録を更新するシーズンを過ごしていた。買収後もチームは下位に低迷、ヘンリーはホジソン解任に踏み切った。 後任には暫定監督として、クラブのレジェンド、ケニー・ダルグリッシュが就任。チームの絶対的エース、フェルナンド・トーレスをチェルシーに英国史上最高額、推定5000万£で放出。しかし、アンディ・キャロルをトーレスの移籍金に次ぐ3500万£、ルイス・スアレスを2280万£で獲得するなどチームを立て直し、2010-11シーズンは最終的に6位で終えた。

2011年夏の移籍市場では、オーナー、ジョン・ヘンリーの方針により、積極的な投資が行われ、ジョーダン・ヘンダーソンチャーリー・アダムスチュワート・ダウニングドニホセ・エンリケセバスティアン・コアテスを獲得し、総額5500万£を投じたといわれている。

2011-12シーズンはカーリングカップは制覇したものの、リーグ戦では8位と大規模投資にあった結果とは言えず、シーズン終了後にケニー・ダルグリッシュは契約解消という形で解任された。2012年6月、スウォンジー監督のブレンダン・ロジャースの就任を発表[2]

2012-13シーズンはカップ戦で無冠、前年のリーグカップ優勝によって出場したヨーロッパリーグもベスト32で早々に姿を消し、リーグ戦では7位に終わった。

ダービーマッチ[編集]

同じリヴァプールに本拠を置くエヴァートンFCとはライバル関係にある。両クラブの試合は『マージーサイド・ダービー』と呼ばれ、マンチェスター・ダービーノース・ロンドン・ダービータイン・ウェア・ダービーなどと並びイングランドでも最も盛り上がるダービーマッチの一つである。

また、マンチェスター・ユナイテッドFCとは昔からライバル関係にあり、ノースウェスト・ダービーやイングランド・ダービーと呼ばれる「伝統の一戦」として毎回白熱した試合を繰り広げる。 イングランドサッカーを引っ張るチーム同士の対戦なので、サポーターは試合前から相手チームを罵る歌を歌い、士気を高めている。 選手同士もこの試合に関してはとても熱く、過去にはリオ・ファーディナンドピーター・クラウチの乱闘寸前劇や、ガリー・ネヴィルのリヴァプールファンへの挑発などが見られた。また、リヴァプール出身でライバルのエヴァートンからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したウェイン・ルーニーへのブーイングなども見られ、毎回好ゲームが多い。

2004年にラファエル・ベニテスが監督に就任してのち、リーグ戦でマンチェスター・ユナイテッドに勝利を挙げたことがなかったが[24]、2008-2009シーズン第4節ではホームで逆転勝利を挙げ[25]アウェイでも快勝した。

エンブレム[編集]

ロイヤル・リヴァー・ビルディング時計台

リヴァプールFCのエンブレム[26]には、アンフィールドのシャンクリー・ゲートの門飾りや、サポーターのアンセムともなっている"You'll never walk alone"の文字、リヴァプール市の象徴ともなっている鳥「ライヴァー・バード」(Liver Bird)などが用いられている。

ライヴァー・バードの左右にある炎は、サッカー史に残る惨事と言われる[27]ヘイゼルの悲劇』と『ヒルズボロの悲劇』への追悼の意を表している。また、ライヴァー・バードはリヴァプール市内のピア・ヘッドに位置するロイヤル・リヴァー・ビルディングの二つの時計台上部にある鳥をモチーフにしている。このライヴァー・バードはリヴァプールの船乗り達の守り神である。

スタジアム[編集]

リヴァプールFCはアンフィールドというホームスタジアムを持つ。前述の通り、元々はエヴァートンFCのホームスタジアムであった。

アンフィールドは、アーチボルド・リーチ(Archibald Leitch)という建築技師によって設計された[28]

リヴァプールウエスト・ダービーと呼ばれる地区に建つメルウッドは、リヴァプールFCのトレーニンググラウンドである[29]。同じリヴァプールカービーに建つリヴァプールFCアカデミーとは異なる。メルウッドは1950年代からウエスト・ダービーに建つ。

サポーター[編集]

シャンクリー・ゲート

リヴァプールFCは多くのサポーターを持つ。サポーターはアンフィールドの"Kop"と呼ばれるスタンドで応援し、自身をKopitesと呼ぶ。

サポーターは、試合開始前や試合終了直前に「You'll Never Walk Alone」という曲を歌う。この曲は元々リチャード・ロジャースオスカー・ハマースタイン2世がミュージカル『回転木馬』の為に書いた曲であるが、1960年代初頭に「マージービート」と呼ばれた一連のポップ音楽の系譜に連なるバンド・ジェリー&ザ・ペースメーカーズが録音し、イギリス・ヒットチャートの1位を獲得することになった。その直後からこの曲はリヴァプールサポーターの愛唱曲となり、現在に至っている。その後この曲はセルティックアイルランド代表イプスウィッチ・タウンラピド・ウィーンフェイエノールトアヤックスベンフィカFC東京などのサポーターにも歌われるようになった。また、2011年3月11日に発生した東日本大震災直後に行われたリヴァプールの試合では、被災地である日本に向けて、「You'll Never Walk Alone」とスローガンを掲げて歌いメッセージを送った。

著名人のサポーターには、ビートルズのメンバーのうち、ジョン・レノンジョージ・ハリスンリンゴ・スターの3人(なお、ポール・マッカートニーはエヴァートンファンである)や、ダニエル・クレイグ(映画俳優、6代目ジェームス・ボンド役など)がいる[要出典]

スポンサー[編集]

メインスポンサー
企業名 本社所在地 使用開始シーズン 使用終了シーズン
日立 日本の旗 東京 1972-1973 1981-1982
Crown Paints イングランドの旗 ランカシャー州ダーウェン 1982-1983 1987-1988
Candy イタリアの旗 ブルゲーリオ 1988-1989 1991-1992
Carlsberg デンマークの旗 コペンハーゲン 1992-1993 2009-2010
Standard Chartered Bank イングランドの旗 ロンドン 2010-2011

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • リーグ : 18回
    1900-1901, 1905-1906, 1921-1922, 1922-1923, 1946-1947, 1963-1964, 1965-1966, 1972-1973, 1975-1976, 1976-1977, 1978-1979, 1979-1980, 1981-1982, 1982-1983, 1983-1984, 1985-1986, 1987-1988, 1989-1990
  • FAカップ : 7回
    1964-1965, 1973-1974, 1985-1986, 1988-1989, 1991-1992, 2000-2001, 2005-2006
  • リーグカップ : 8回
    1980-1981, 1981-1982, 1982-1983, 1983-1984, 1994-1995, 2000-2001, 2002-2003, 2011-2012
  • コミュニティーシールド : 15回
    1964年*、1965年*、1966年、1974年、1976年、1977年*、1979年、1980年、1982年、1986年*、1988年、1989年、1990年*、2001年、2006年 (*印はタイトル共有)
  • スーパーカップ : 1回
    1986

国際タイトル[編集]

2008年10月5日現在[30]

過去の成績[編集]

シーズン カテゴリ 順位 勝点 得点 失点 FAカップ リーグカップ UEFAチャンピオンズリーグ UEFAヨーロッパリーグ
1991-1992 ディビジョン1 6位 42 64 16 16 10 47 40        
1992-1993 FAプレミアリーグ 6位 42 59 16 11 15 62 55        
1993-1994 FAプレミアリーグ 8位 42 60 17 9 16 59 55        
1994-1995 FAプレミアリーグ 4位 42 74 21 11 10 65 37   優勝    
1995-1996 FAプレミアリーグ 3位 38 71 20 11 7 70 34 準優勝      
1996-1997 FAプレミアリーグ 4位 38 68 19 11 8 62 37        
1997-1998 FAプレミアリーグ 3位 38 65 18 11 9 68 42        
1998-1999 FAプレミアリーグ 7位 38 54 15 9 14 68 49        
1999-2000 FAプレミアリーグ 4位 38 67 19 10 9 51 30        
2000-2001 FAプレミアリーグ 3位 38 69 20 9 9 71 39 優勝 優勝   優勝
2001-2002 FAプレミアリーグ 2位 38 80 24 8 6 67 30     ベスト8  
2002-2003 FAプレミアリーグ 5位 38 64 18 10 10 61 41   優勝 グループリーグ  
2003-2004 FAプレミアリーグ 4位 38 60 16 12 10 55 37        
2004-2005 FAプレミアリーグ 5位 38 58 17 7 14 52 41   準優勝 優勝  
2005-2006 FAプレミアリーグ 3位 38 82 25 7 6 57 25 優勝   ベスト16  
2006-2007 FAプレミアリーグ 3位 38 68 20 8 10 57 27     準優勝  
2007-2008 プレミアリーグ 4位 38 76 21 13 4 67 28     ベスト4  
2008-2009 プレミアリーグ 2位 38 86 25 11 2 77 27     ベスト8  
2009-2010 プレミアリーグ 7位 38 63 18 9 11 61 35     グループリーグ敗退 ベスト4
2010-2011 プレミアリーグ 6位 38 58 17 7 14 59 45        
2011-2012 プレミアリーグ 8位 38 52 14 10 14 47 40 準優勝 優勝    
2012-2013 プレミアリーグ 7位 38 61 16 13 9 71 43     ベスト32

現所属選手[編集]

2012/13シーズン(基本フォーメーション)

Soccer.Field Transparant.png

ミニョレ
# 22
フラナガン
# 38
シュクルテル
# 37
アッガー
# 5
エンリケ
# 3
ジェラード(C)
# 8
ヘンダーソン
# 14
コウチーニョ
# 10
スタリッジ
# 15
スアレス
# 7
スターリング
# 31
2014年2月27日現在[31]
No. Pos. 選手名
1 オーストラリアの旗 GK ブラッドリー・ジョーンズ
2 イングランドの旗 DF グレン・ジョンソン
3 スペインの旗 DF ホセ・エンリケ
4 コートジボワールの旗 DF コロ・トゥーレ
5 デンマークの旗 DF ダニエル・アッガー (副主将)
6 スペインの旗 FW ルイス・アルベルト
7 ウルグアイの旗 FW ルイス・スアレス
8 イングランドの旗 MF スティーヴン・ジェラード (Captain sports.svg)
9 スペインの旗 FW イアゴ・アスパス
10 ブラジルの旗 MF フィリペ・コウチーニョ
12 ナイジェリアの旗 FW ビクター・モーゼス
14 イングランドの旗 MF ジョーダン・ヘンダーソン
15 イングランドの旗 FW ダニエル・スタリッジ
17 フランスの旗 DF ママドゥ・サコー
20 フランスの旗 DF アリ・シッソコ
No. Pos. 選手名
21 ブラジルの旗 MF ルーカス・レイヴァ
22 ベルギーの旗 GK シモン・ミニョレ
24 ウェールズの旗 MF ジョー・アレン
31 イングランドの旗 MF ラヒーム・スターリング
34 イングランドの旗 DF マーティン・ケリー
36 ドイツの旗 FW サメド・イェシル
37 スロバキアの旗 DF マルティン・シュクルテル
38 イングランドの旗 DF ジョン・フラナガン
45 ドイツの旗 DF シュテファン・ザマ
46 イングランドの旗 MF ジョーダン・ロシター
48 イングランドの旗 FW ジェローム・シンクレア
50 イングランドの旗 MF キャメロン・ブラナガン
51 ウェールズの旗 DF リロイド・ジョーンズ
52 ウェールズの旗 GK ダニー・ウォード
53 ポルトガルの旗 MF ジョアン・テイシェイラ
監督:ブレンダン・ロジャース

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
12 ナイジェリアの旗 FW ビクター・モーゼス (チェルシー)
No. Pos. 選手名
20 フランスの旗 DF アリ・シッソコ (バレンシア)
out
No. Pos. 選手名
11 モロッコの旗 MF ウサマ・アサイディ (ストーク)
16 ウルグアイの旗 DF セバスティアン・コアテス (ナシオナル・モンテビデオ)
25 スペインの旗 GK ホセ・マヌエル・レイナ (ナポリ)
26 ポルトガルの旗 DF チアゴ・イロリ (グラナダ)
29 イタリアの旗 FW ファビオ・ボリーニ (サンダーランド)
No. Pos. 選手名
30 スペインの旗 FW スソ (アルメリア)
33 イングランドの旗 FW ジョーダン・イベ (バーミンガム)
47 イングランドの旗 DF アンドレ・ウィズダム (ダービー)
49 イングランドの旗 DF ジャック・ロビンソン (ブラックプール)

歴代監督[編集]

2004年から2010年まで指揮を取ったラファエル・ベニテス

2013年7月1日 現在[32]

氏名 国籍 在任期間
ブレンダン・ロジャーズ 北アイルランドの旗 北アイルランド 2012.06.01 -
ケニー・ダルグリッシュ スコットランドの旗 スコットランド 2011.01.09 - 2012.05.16
ロイ・ホジソン イングランドの旗 イングランド 2010.07.01 - 2011.01.07
ラファエル・ベニテス スペインの旗 スペイン 2004.05.24 - 2010.06.03
ジェラール・ウリエ フランスの旗 フランス 2002.03.17 - 2004.05.24
フィル・トンプソン イングランドの旗 イングランド 2001.10.14 - 2002.03.16
ジェラール・ウリエ フランスの旗 フランス 1998.11.12 - 2001.10.14
ロイ・エヴァンス & ジェラール・ウリエ イングランドの旗 イングランド
フランスの旗 フランス
1998.07.01 - 1998.11.12
ロイ・エヴァンス イングランドの旗 イングランド 1994.01.28 - 1998.11.12
グレアム・スーネス スコットランドの旗 スコットランド 1991.04.16 - 1994.01.28
ロニー・モラン イングランドの旗 イングランド 1991.02.22 - 1991.04.16
ケニー・ダルグリッシュ スコットランドの旗 スコットランド 1985.05.30 - 1991.02.22
ジョー・フェイガン イングランドの旗 イングランド 1983.05.23 - 1985.05.30
ボブ・ペイズリー イングランドの旗 イングランド 1974.07.26 - 1983.05.23
ビル・シャンクリー イングランドの旗 イングランド 1959.12.01 - 1974.07.12
フィル・テイラー イングランドの旗 イングランド 1956.05.01 - 1959.11.30
ドン・ウェルシュ イングランドの旗 イングランド 1951.03.01 - 1956.05.01
ジョージ・ケイ イングランドの旗 イングランド 1936.05.01 - 1951.02.28
ジョージ・パターソン イングランドの旗 イングランド 1928.02.01 - 1936.05.01
マット・マックイーン イングランドの旗 イングランド 1923.02.01 - 1928.02.01
デビッド・アシュワース イングランドの旗 イングランド 1920.12.01 - 1922.02.01
(在任コーチ無し) 1915.05.31 - 1920.12.01
トム・ワトソン イングランドの旗 イングランド 1896.08.01 - 1915.05.31
ジョン・マッケンナ & ウィリアム・バークレー イングランドの旗 イングランド 1892.08.01 - 1896.08.01

歴代記録[編集]

出場試合数[編集]

公式戦に限る[33]

# 名前 期間 リーグ[注 5] FAカップ リーグカップ その他[注 6] 合計
1 イングランドの旗 イアン・キャラハン 1960–1978 640 (4) 79 (2) 42 (7) 96 (1) 857   (7)
2= イングランドの旗 レイ・クレメンス 1967–1981 470 (0) 54 (0) 55 (0) 86 (0) 665   (0)
2= イングランドの旗 エムリン・ヒューズ 1967–1979 474 (0) 62 (0) 46 (0) 83 (0) 665   (0)
4 ウェールズの旗 イアン・ラッシュ 1980–1987
1988–1996
469 (22) 61 (5) 78 (0) 45 (3) 660   (30)
5 イングランドの旗 フィル・ニール 1974–1985 455 (2) 45 (0) 66 (0) 81 (0) 650   (2)
6 イングランドの旗 トミー・スミス 1962–1978 467 (0) 52 (0) 30 (0) 89 (1) 638   (1)
7 ジンバブエの旗 ブルース・グロベラー 1980–1994 440 (0) 62 (0) 70 (0) 46 (0) 628   (0)
8 スコットランドの旗 アラン・ハンセン 1977–1991 434 (0) 58 (1) 68 (0) 53 (1) 620   (2)
9 イングランドの旗 クリス・ロウラー 1960–1975 406 (0) 47 (0) 27 (0) 69 (0) 549   (0)
10 スコットランドの旗 ビリー・リッデル 1938–1961 492 (0) 42 (0) 0 (0) 0 (0) 534   (0)

得点[編集]

公式戦に限る[33][34]

# 名前 期間 リーグ[注 5] FAカップ リーグカップ その他[注 6] 合計
1 ウェールズの旗 イアン・ラッシュ 1980–1987
1988–1996
229 (469) 39 (61) 48 (78) 23 (45) 346 (660)
2 イングランドの旗 ロジャー・ハント 1958–1969 245 (404) 18 (44) 05 (10) 18 (34) 286 (492)
3 イングランドの旗 ゴードン・ホジソン 1925–1936 233 (358) 08 (19) 0 (0) 0 (0) 241 (377)
4 スコットランドの旗 ビリー・リッデル 1938–1961 215 (492) 13 (42) 0 (0) 0 (0) 228 (534)
5 イングランドの旗 ロビー・ファウラー 1993–2001
2006–2007
128 (266) 12 (24) 29 (35) 14 (44) 183 (369)
6 スコットランドの旗 ケニー・ダルグリッシュ 1977–1990 118 (355) 13 (37) 27 (59) 12 (58) 172 (515)
7 イングランドの旗 マイケル・オーウェン 1996–2004 118 (216) 08 (15) 09 (14) 23 (52) 158 (297)
8 イングランドの旗 ハリー・キャンバース 1915–1928 135 (315) 16 (28) 0 (0) 0 (1) 151 (339)
9 イングランドの旗 ジャック・パーキンソン 1903–1914 125 (200) 05 (19) 0 (0) 0 (1) 130 (220)
10 イングランドの旗 サム・レイボード 1900–1907 119 (211) 09 (14) 0 (0) 0 (1) 128 (226)

歴代所属選手[編集]

GK[編集]


DF[編集]


MF[編集]


FW[編集]


脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝も参照
  2. ^ プレミアリーグの場合、前シーズンの最終成績が4位以上のクラブにUEFAチャンピオンズリーグの出場権が与えられる。5位のクラブにはUEFAヨーロッパリーグの出場権が与えられる。
  3. ^ その後の大会の詳細についてはUEFAチャンピオンズリーグ 2005-06を参照
  4. ^ 前身のUEFAチャンピオンズカップも含む
  5. ^ a b Football Allianceフットボールリーグプレミアリーグを含む
  6. ^ a b UEFAチャンピオンズリーグUEFAカップUEFAカップウィナーズカップUEFAスーパーカップコミュニティーシールドインターコンチネンタルカップを含む

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ロイター (2011年5月15日09:26). “マンU、史上最多19回目のリーグ優勝”. スポーツ. ロイター. 2012年6月2日閲覧。
  2. ^ a b c
  3. ^ The Everton Story 1878-1930 Evertonfc.com,2008年8月26日閲覧
  4. ^ 1892 – Liverpool Football Club formed
    Liverpoolfc.tv - LFC Story,2008年9月17日閲覧
  5. ^ リヴァプールFC - ロザラム・タウンFC 7:1
    http://www.lfchistory.net/stats_articles_view.asp?article_Id=47 LFChistory.net,2008年9月13日閲覧
  6. ^ http://www.fa-cupfinals.co.uk/1950.htm 2008年10月5日閲覧
  7. ^ 1959 - Shankly appointed manager
    Liverpoolfc.tv - LFC Story,2008年9月17日閲覧
  8. ^ 1985 - Heysel Disaster Liverpoolfc.tv - LFC Story,2008年8月26日閲覧
  9. ^ 1989 – Hillsborough Liverpoolfc.tv - LFC Story,2008年8月26日閲覧
  10. ^ 2001 - Clinching the cup treble
    Liverpoolfc.tv - LFC Story,2008年9月18日閲覧
  11. ^ Owen unveiled by Real BBCスポーツ(2004年8月14日 12:08 GMT)
    2008年9月18日閲覧
  12. ^ AC Milan 3-3 Liverpool (aet) BBCスポーツ(2005年5月25日),2008年9月18日閲覧
  13. ^ FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップジャパン2005
    日テレ,2008年9月30日閲覧
  14. ^ 2006 - FA CUP WINNERS 2006
    Liverpoolfc.tv - LFC Story,2008年8月26日閲覧
  15. ^ AC Milan 2-1 Liverpool BBCスポーツ(2007年5月23日),2008年9月18日閲覧
  16. ^ Liverpool complete Torres signing
    BBCスポーツ(2007年7月4日),2008年9月18日閲覧
  17. ^ チェルシーが激戦を制し、初の決勝進出 uefa.com(トレバー・ヘイレット,2008年4月30日),2008年9月29日閲覧
  18. ^ Liverpool complete Keane transfer
    BBCスポーツ(2007年7月28日),2008年9月18日閲覧
  19. ^ Reds pay tribute to exiting Riise BBCスポーツ(2008年6月19日),2008年9月18日閲覧
  20. ^ Liverpool sell Finnan to Espanyol
    BBCスポーツ(2008年9月1日),2008年9月18日閲覧
  21. ^ Crouch seals £11m Portsmouth move
    BBCスポーツ(2008年7月11日),2008年9月18日閲覧
  22. ^ Kewell completes Galatasaray move
    BBCスポーツ(2008年7月5日 11:21 GMT),2008年9月21日閲覧
  23. ^ 日本経済新聞 2010年4月17日 夕刊
  24. ^ Goal.com - イングランド - キャラガー:「ただの勝ち点3じゃない」 (2008年9月14日),2009年2月1日閲覧
  25. ^ Goal.com - イングランド - ベニテス監督:「後半は最高のチームだった」 (2008年9月14日),2008年9月15日閲覧
  26. ^ http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/b/b2/Liverpool_FC_logo.png
    リヴァプールFCのエンブレム,2008年8月26日閲覧
  27. ^ 【豊福 晋の欧州蹴球日記】ヘイゼルの悲劇と20年後の対戦
    (2005年3月22日),2008年9月9日閲覧
  28. ^ Inglis (2005)
  29. ^ http://www.liverweb.org.uk/melwood.htm Liverweb,2008年10月7日閲覧
  30. ^ http://jp.uefa.com/footballeurope/club=7889/domestic.html uefa.com,2008年9月30日閲覧
  31. ^ http://www.liverpoolfc.com/team/first-team
  32. ^ http://www.lfchistory.net/managers.asp LFChistory.net 2008年9月18日閲覧
  33. ^ a b LFC Records Liverpoolfc.tv,2008年9月13日閲覧
    http://www.lfchistory.net/stats.asp LFChistory.net,2008年9月13日閲覧
  34. ^ http://www.lfchistory.net/stats_goalscorers.asp
    LFChistory.net,2008年9月12日閲覧

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公式
ニュース
その他