マリオ・バロテッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオ・バロテッリ Football pictogram.svg
Mario Balotelli Euro 2012 vs England 01.JPG
名前
本名 マリオ・バルウアー・バロテッリ
Mario Barwuah Balotelli[1]
愛称 スーペル・マリオ(スーパーマリオ
ラテン文字 Mario BALOTELLI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
ガーナの旗 ガーナ
生年月日 1990年8月12日(23歳)
出身地 パレルモ
身長 189cm
体重 88kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ACミラン
ポジション FW (CF)
背番号 45
利き足 右足
ユース
2001–2006 ルメッツァーネ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005–2006 イタリアの旗 ルメッツァーネ 2 (0)
2006–2010 イタリアの旗 インテルナツィオナーレ 59 (20)
2010–2013 イングランドの旗 マンチェスター・シティー 54 (20)
2013– イタリアの旗 ミラン 13 (12)
代表歴2
2008–2010  イタリア U-21 16 (6)
2010– イタリアの旗 イタリア 27 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年7月1日現在。
2. 2013年10月15日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

マリオ・バロテッリ(Mario Balotelli イタリア語発音: [ˈmaːrjo baloˈtɛlli], 1990年8月12日 - )は、イタリアパレルモ出身のサッカー選手。出生名はマリオ・バルウアー(Mario Barwuah)。セリエAACミランに所属する。ポジションはフォワードイタリア代表

経歴[編集]

シチリア島の北西部に位置するパレルモにおいて、ガーナ移民のバルウアー夫妻の長男として生まれた[2][3]。生後間もなく先天性の疾患である巨大結腸症に冒され、生後の1年間を病院で過ごした[2][3]。この病気を手術で根治させた後に、バルウアー夫妻はより条件の良い職を求めてブレシア県に移住した[2][3]。しかし暮らし向きは良くならず、アフリカ移民の他の家族らと共に1DKのアパートをシェアするという最下層の生活を強いられている[2][3]。バルウアー夫妻はやむなく3歳のマリオを里子に出し、マリオはブレシア県に住むイタリア人のバロテッリ夫妻に養子として迎え入れられた[2][3]

2008年11月上旬に生みの親であるバルウアー夫妻がマスコミの前に姿を現し、長らく途絶えたままになっている息子との繋がりを取り戻したいと訴えた。マリオ自身はバロテッリ家が「唯一の家族」であり、バルウアー夫妻に対して「あることないこと言っている」と懐疑の目を向けており、「もしあの人たちのところで育っていたら、今ごろはアフリカのどこかで悲惨な暮らしをしていただろう。いや、もう生きていなかったかもしれない」とも語っている[2]

ACルメッツァーネのユースチームからトップチームに昇格し、15歳の時にセリエC1でデビューした。同年にはFCバルセロナのトライアルを受けるも不合格であった[4]

インテル[編集]

インテル時代

2006年にインテルと買いとりオプション付きで契約を結んだ。2007年12月16日に下部組織からトップチームに招集され、カリアリ戦で17歳4カ月のバロテッリはセリエAデビューを果たした[5]。12月19日のコッパ・イタリアベスト16の1stレグ、レッジーナ戦でインテル移籍後初得点を含む2ゴールを挙げ、勝利に貢献した。 2008年1月30日に行われたコッパ・イタリア準々決勝2ndレグのユヴェントスFC戦で2得点を決めてアウェーでの勝利に貢献し、注目を集めた[6]。2008年4月6日のアタランタ戦にてセリエA初ゴールを記録した[7]。インテルは2007-08シーズンのセリエAを制し、バロテッリにとっては初のタイトル獲得となった。

2008年8月12日の18歳の誕生日にイタリア市民権を取得した[8]。8月24日のASローマとのスーペルコッパ・イタリアーナでは途中出場から勝ち越しゴールを記録。その後追いつかれたものの、PK戦でも2人目のキッカーとしてPKを成功し、タイトル獲得に貢献した。11月4日のUEFAチャンピオンズリーグアノルトシス戦でチャンピオンズリーグ初得点を挙げ、インテルのチャンピオンズリーグ最年少得点記録を更新した[9]。2009年4月のユヴェントス戦ではバロテッリの得点で1-1で引き分けたが、試合を通してユヴェントスファンから「黒いイタリア人などありえない」と人種差別的なチャントを浴びた[3]マッシモ・モラッティは、もし自分がその場にいたのならチームをピッチから引き上げさせていただろうとサポーターの行動を非難した[10]。ユヴェントスのウルトラスは対戦相手がインテルでない試合でもバロテッリへの差別チャントを繰り返し、2度の罰金とホームゲーム1試合のスタンド部分閉鎖が命じられた[3][11]。インテルはこのシーズンもセリエAを制し、4連覇を達成した。

2009-10シーズンはUEFAチャンピオンズリーグFCルビン・カザン戦で1点目をアシストし、さらに長距離からの無回転フリーキックを決めるなど試合に出れば活躍も見せる一方で、問題行動が目立つようになった。監督のジョゼ・モウリーニョはバロテッリがチームの規律を乱すとして度々招集外とし、最大で6試合連続で招集外は続いた。また罰金はバロテッリのためにならないと、サテライトチームへ降格させたこともあった[12]。2010年1月6日のキエーヴォ・ヴェローナ戦でキエーヴォサポーターへ挑発的な拍手をしたとして処分された[13]。この背景にはキエーヴォサポーターからの人種差別があったとされ、処分については疑問の声も上がった[14]。モウリーニョとの対立が深くなる中で、3月にイタリアのテレビ番組に出演した際にはインテルのライバルであるACミランのユニフォームに袖を通し批判された[15]。チームから謹慎処分を受けたものの、バロテッリはインテルのホームページ上で謝罪し[16]、復帰した4月2日のボローニャFC戦では得点も挙げた。しかし2010年4月20日のFCバルセロナ戦では、彼のパフォーマンスに満足せずブーイングしたファンへの抗議として、試合終了後にユニフォームを地面に投げつけた[17][18]。5月5日のコッパ・イタリアの決勝戦では、ASローマフランチェスコ・トッティから後ろから蹴り飛ばされる悪質なファウルを受けた[3]。このプレーでトッティは退場処分を受けている。後にトッティは自身の過ちを認め、試合後には握手を交した一方で「バロテッリはローマとローマの人々を侮辱した」とコメントし[19]ダニエレ・デ・ロッシルカ・トーニも「トッティはバロテッリから侮辱され、酷いファウルを浴びていた」と証言し、物議を醸した[20]

マンチェスター・シティFC[編集]

2010年8月13日に移籍金2400万ポンドでインテルでも監督を務めたロベルト・マンチーニが率いるマンチェスター・シティFCへの移籍が発表された[21]

2010年8月19日のUEFAヨーロッパリーグプレーオフ1stレグ、FCポリテフニカ・ティミショアラ戦に途中出場し決勝点を挙げ、シティでのデビュー戦を飾った[22]。しかしこの試合で右膝を負傷し、9月8日には手術を受け、10月末まで戦列を離れることとなった[23]。10月24日のアーセナルFC戦に途中出場しプレミアリーグデビューを果たすと、10月30日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦では初めてフル出場を記録した。11月7日のウェストブロムウィッチ・アルビオンFC戦でプレミアリーグ初得点を記録したものの、ユースフ・ムルンブへのファウルでレッドカードを受け退場した[24]。12月1日のヨーロッパリーグ、レッドブル・ザルツブルク戦では移籍後初の1試合2得点を記録した[25]。12月22日にはトゥット・スポルト社が主催する21歳以下の最優秀選手賞であるゴールデン・ボーイ賞を受賞した[26]。12月28日のアストン・ヴィラFC戦では移籍後初のハットトリックを達成した[27]。2011年3月17日のUEFAヨーロッパリーグディナモ・キエフ戦で前半36分に相手を蹴りつけ一発退場となった。早い時間での退場で、1stレグのビハインドをチームは逆転することができずに敗退し、ロベルト・マンチーニ監督の怒りを買った[28][29]。2011年3月にはシティの下部組織の選手に対しダーツを投げつけた。怪我人は無かったもののチームはこのトラブルを重要視しバロテッリに10万ポンドの罰金を課した[30]。4月16日のFAカップ準決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦の勝利後にユニフォームのエンブレムをユナイテッドサポーターに見せつけ、ピッチを去るリオ・ファーディナンドに何度も挑発的なウィンクをしたとしてファーディナンドから詰め寄られ、試合後にも批判された[31]。5月14日のストーク・シティFCとのFAカップ決勝ではマンオブザマッチに選ばれる活躍で、シティの35年ぶりのタイトル獲得に貢献した[32]

2011年7月におこなわれたシーズン前のアメリカ遠征でのロサンゼルス・ギャラクシー戦で、決定的なゴールチャンスで体を回転させヒールキックでシュートするもこれを外した。スタンドの観客からはブーイングを浴びせられ、激怒したマンチーニによってベンチに下げられた[33][34]。この騒動の後は特に問題行動もなく安定したプレーを見せていたが、マンチェスター・ユナイテッドFCとの首位・2位対決となるマンチェスター・ダービー前日の2011年10月21日の深夜1時に、自宅の浴室で友人4人とともに花火遊びをし、火がタオルに燃え移り消防が出動する騒ぎになった[35]。そのマンチェスター・ダービーでは2得点を挙げ、得点後にユニフォームをまくり、腹部に「WHY ALWAYS ME?」と書かれたシャツを見せた[36]。これらの経緯から「ガイ・フォークス・ナイト」の人形の題材に選ばれてしまった[36]。シティ移籍後最初のチャンピオンズリーグとなった11月2日のビジャレアル戦では、前半ロスタイムにPKを決めシティの勝利に貢献した[37]。2012年1月22日のトッテナム・ホットスパーFC戦では決勝点を挙げたものの、スコット・パーカーを意図的に踏みつけていたとして試合後に4試合の出場停止処分を科された[38][39]。3月3日のボルトン・ワンダラーズFC戦では得点を挙げ勝利に貢献したが、前日にストリップクラブで夜遊びをしていたことを咎められ、クラブから1週間分の給与である約1500万円の罰金を課された[40]。3月末には2日間の休日をもらいイタリアに帰国し[41]、インテルのアンドレア・ストラマッチョーニの就任会見に乱入した[42]。首位マンチェスター・ユナイテッドと勝ち点差8の状況で4月8日に行なわれたアーセナルFC戦で悪質なプレーを連発し、ミケル・アルテタのゴールで先制された直後にこの日2枚目のイエローカードを提示され退場した[43][44]。負けている状況にも関わらず歩きながらロッカールームに帰る態度にマンチーニは激怒。その後の会見で残りのシーズンでバロテッリを起用しないことを明言し、夏の放出も匂わせた[43][44]。しかし、FAから3試合の出場停止処分が下されたことで大一番マンチェスター・ユナイテッド戦から出場が可能になったこともあり、マンチーニはバロテッリの再起用を示唆し[45]、その後の試合でも起用された。リーグ優勝のかかったQPR戦では、セルヒオ・アグエロの決勝点を導くパスをつないだ。

2012-13シーズンもチームに残留したが、なかなか調子が上がらず、10月9日のサンダーランドAFC戦、12月9日のマンチェスター・ユナイテッドFC戦では途中交代を告げられると激怒しながらピッチを後にした[46][47]。またクラブからの総額34万ポンドの罰金処分に対し抗議し、裁判沙汰となるなどクラブとの関係が悪化[47]。新年早々の練習ではスコット・シンクレアへの悪質なタックルに怒ったマンチーニが練習から退場させようとした際に、軽蔑的な手振りで拒否したことにマンチーニが激怒し掴み合いになった [48]

2012年のFIFAバロンドールでは候補の23人にリストアップされたが[49]、投票の結果23人中最下位に終わった[50]

ACミラン[編集]

2013年1月30日、移籍金2000万ユーロ、2017年6月30日までの4年半の契約でACミランへの移籍が発表された[51]。試合前の練習中に負傷したパッツィーニに代わって急遽先発出場したミランでのデビュー戦、セリエA第23節のウディネーゼ・カルチョ戦で移籍後初得点を含む2得点を挙げ勝利に貢献した[52]。 シーズン途中の加入にもかかわらず後半戦13試合に出場し12得点の活躍でCL出場権の獲得に貢献した。

2013年9月22日のSSCナポリ戦ではPKホセ・マヌエル・レイナにセーブされ、プロ入り以降継続していたPKの連続成功が21で途絶えた[53]

代表[編集]

U-15、U-17イタリア代表にはガーナ移民の子どもであることから招集が見送られた[54]。2007年8月7日にはガーナA代表から招集をされたものの[55]、「ガーナ人の親のことはまったく知らないし会った記憶もない。俺はイタリアで育ったし親(育ての親)もイタリア人、引退するまでイタリア代表を目指す」[2]とし、イタリアへのアイデンティティとイタリア代表への道が閉ざされることを嫌い、固辞した[56][57]

2008年8月13日にイタリア市民権を獲得したことを受け、2008年8月29日にピエルルイジ・カジラギ率いるU-21イタリア代表に初招集され[58]、9月5日のギリシャ戦でデビューし初得点も挙げた。2009年2月の招集の際には朝までディスコで遊び明かし飛行機に乗り遅れ、ピエルルイジ・カジラギ監督を激怒させた[59]U-21 EURO2009のメンバーにも招集され、グループリーグ第2戦の開催国スウェーデンとの試合ではイタリアの大会初得点を挙げたものの、その15分後にレッドカードを受けた[60]

2010年8月6日にチェーザレ・プランデッリ新監督の初戦となるコートジボワール戦のイタリア代表メンバーに初招集され[61]、8月10日のコートジボワール戦に先発出場し、A代表デビューを果たした[62]。2011年11月11日のポーランドとの親善試合で代表初得点となる先制ゴールを挙げ、ジャンパオロ・パッツィーニの得点もアシストし勝利に貢献[63]、プランデッリに活躍を称賛された[64]

UEFA EURO 2012に臨むイタリア代表にも選出。大会直前に負傷したものの軽傷ですみ[65]、グループリーグ初戦のスペイン戦に先発出場。しかし決定機を逃すなど批判の対象となった[66]。続くクロアチア戦にも先発出場したが結果を残せず[67]、練習で膝を痛めた影響もあり[68]グループリーグ突破を賭けたアイルランド戦はベンチスタート。しかし74分から途中出場すると、90分にコーナーキックからボレーシュートを決め、大会初得点を記録[69][70]。得点後には観客席のアイルランドサポーターに向け暴言とも言われる言葉を叫び、レオナルド・ボヌッチに口をふさがれた[70]。準決勝のドイツ戦ではイタリアの全2ゴールを挙げ、勝利に貢献した[71]

2013年に開催されたFIFAコンフェデレーションズカップ2013にもメンバー入り。グループリーグ3試合に先発出場し、初戦のメキシコ戦と第2戦の日本戦でゴールを挙げた。チームはグループリーグを突破したが第3戦のブラジル戦でのプレーが原因で負傷し決勝トーナメントを前にチームを離脱した。

人物[編集]

上述のようにピッチ内外で問題になる行動を度々起こしており、またプライドの高さと攻撃的な性格からチームメイトと問題を起こすことも多く、問題児との評価が定着している[3][72]

問題行動は練習中のミニゲームでジェローム・ボアテングのタックルに激怒し突き飛ばし、つかみ合いの喧嘩になった[73]、2011年3月2日のFAカップアストン・ヴィラ戦でゴールを決めた夜に、あるレストランでウェイン・ルーニーと交際していた女性に近づき「ルーニー、ルーニー」と囃し彼女を指さして大笑いし、さらに彼女の連れの1人に喧嘩を吹っかけた[74]といったトラブルから、マフィアとの関係が噂されるようなものまで多岐に渡る[75]。また、ミラノの共和国広場で友人と車に乗りながらおもちゃの銃を宙に向け連射したり[76]ブレシアの女性刑務所に弟とともに車で許可無く立ち入ったり[77]、マンチェスターで交通違反を繰り返したり[78]と警察の厄介になることも多い。特にマンチェスターでの交通違反ではシティ移籍後の9ヶ月で1万1000ユーロ(約130万円)の罰金と27回のレッカー移動を受け、バロテッリの愛車のマセラティは警察からマークされている[78]。また監督に度々咎められながらも、喫煙を続けている[79]

これらの問題行動からマルコ・マテラッツィによりロッカールームに叩きつけられ顔を殴られたり[3]、2011年5月にはシティのチームメイトだったヤヤ・トゥーレカルロス・テベスから愛車のマセラティを小麦粉まみれにされ、スパイクを天井に張り付けられるなど、チームメイトから制裁を受けている[80]

これらの問題行動は、バロテッリが黒人であるために幼い頃から受けてきた差別の反動、注目を求めてのものだという分析もある[3]。バロテッリ自身は自分が「シャイな人間で、楽しむことが好きな普通の若者」であるとし[81]、また自身を巡る報道については「気にしない」とする一方で、事実ではないことが混ざっていることにも言及し[81]、上述のマンチェスター・ダービーではTシャツのメッセージでメディアに反抗している。

一方でカジノで25000ポンドを儲けた帰り際にホームレスに1000ポンド(約13万5千円)を施したり、また普段から雑誌売りの少年に、雑誌を受け取ることなく20ポンドを渡したりという一面もある[82]

人種差別に対しては激しい怒りを持っており「絶対に受け入れられないこと」であると語っている[83]。また自身が人種差別に遭った経験からいじめには敏感で、2011年5月には平日にも練習場を訪れていた少年がいじめにより不登校になっていることを知ると、その少年と母と共に少年の学校に直行し、いじめた子供たちを叱責して和解させている[84]

サッカーの面では、ロナウドを自身のアイドルであるとしている[85]。また自身の才能を強く自覚しており[3]リオネル・メッシを「自分より少し上」と表現したこともある[26]

バルウアー夫妻の元に残った弟のエノック・バルウアー(Enock Barwuah)がいる。これまでにナポリやストーク・シティのトライアルに参加している。

2012年12月5日、破局した元恋人との間に娘が誕生した[86]。その後、DNA鑑定を経て、2014年2月5日に娘を自身の子であると認知したことを自身のtwitterで明かした[87][88]

2013年4月、アメリカの雑誌タイム世界で最も影響力のある100人に選ばれた[89]

評価[編集]

若くしてトップリーグで活躍した才能は高く評価され神童と称される一方で、前述のような度重なる問題行動から、悪童としても認識されている[3][85]

ロビン・ファン・ペルシは「速さ、強さ、勇敢さ、ストライカーに必要な全てを兼ね揃えた選手」とストライカーとしての能力を評価[90]ジョー・ハートは「とんでもない才能を持った、対戦してきた中で最高の選手の一人」とし、特に公式戦で一度も外したことのなかった[註 1]PKの技術を称賛している[91]

ロベルト・マンチーニクラウディオ・ラニエリはその才能を「世界最高の選手になりうる」と高く評価している[92][93]が、その一方で精神的な成長を求める声も多い[94][95][96]チェーザレ・プランデッリもバロテッリを「現代的な選手で、センターだけでなくサイドができ、あらゆる要素が揃っている」と評価するものの[97][98]、「足りないのは冷静さだけ」であるとし[97]、退場の多さに苦言を呈している[99]。インテルの会長であるマッシモ・モラッティはバロテッリの性格は「個性であり、変わらないであろう」とする一方で、「その個性には自己証明への継続的なモチベーションなど、ポジティブな側面もある」と自身の考えを述べている[98]

インテル、マンチェスター・シティで監督としてバロテッリを指導したマンチーニはその問題行動に怒りを表すこともあるものの[28][100][41][43] 、その才能を高く評価しており[101][92]、イタリア代表を担う存在になると評している[102]。マンチーニはバロテッリの性格を「予測不可能」でそれがプレーにも生かされていると分析する[101]一方で、バロテッリに精神的な成熟を求め[92]、教育する方針を示していた[100]。2011-12シーズンの当初は精神的な落ち着きを手に入れ、あらゆる面で成長したと評価しており[102]、プランデッリやカルロ・アンチェロッティは、その精神的な成長はマンチーニの影響によるところが大きいと述べている[93][98]。また、バロテッリ自身もマンチーニを「父親のような存在」と話し、互いに強く信頼し合っていることを明かしている[85][44]

所属クラブ[編集]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

イタリアの旗インテル
イングランドの旗マンチェスター・シティ

個人[編集]

  • ゴールデン・ボーイ賞 : 2010

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ シーズン 背番号 リーグ戦 カップ戦 欧州カップ戦 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
インテル 2007-08 45 11 3 4 4 0 0 15 7
2008-09 45 22 8 2 0 6 1 30 9
2009-10 45 26 9 5 1 8 1 39 11
通算 59 20 11 5 14 2 84 27
マンチェスター・シティ 2010-11 45 17 6 5 1 6 3 28 10
2011-12 45 23 13 2 1 6 3 31 17
2012-13 45 14 1 2 1 4 1 20 3
通算 54 20 9 3 16 7 79 30
ACミラン
2012-13 45 13 12 0 0 13 12
通算 13 12 0 0 13 12
総通算 128 52 20 8 30 9 178 69

代表[編集]

代表国 出場 得点
2010  イタリア 2 0
2011 5 1
2012 9 4
2013 11 7
通算 27 12

代表での得点[編集]

イタリア代表での得点
# 日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会
1. 2011年11月11日 ポーランドの旗 ヴロツワフ市立競技場ヴロツワフ ポーランドの旗 ポーランド 0 – 1 0 – 2 親善試合
2. 2012年6月18日 ポーランドの旗 ポズナン市立競技場ポズナン アイルランドの旗 アイルランド 2 – 0 2 – 0 UEFA EURO 2012
3. 2012年6月28日 ポーランドの旗 ワルシャワ国立競技場ワルシャワ ドイツの旗 ドイツ 0 – 1 1 – 2
4. 0 – 2
5. 2012年10月16日 イタリアの旗 スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァミラノ デンマークの旗 デンマーク 3 – 1 3 – 1 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
6. 2013年3月21日 スイスの旗 スタッド・ドゥ・ジュネーヴジュネーヴ ブラジルの旗 ブラジル 2 – 2 2 – 2 親善試合
7. 2013年3月26日 マルタの旗 タカリ・ナショナルスタジアムタカリ マルタの旗 マルタ 0 – 1 0 – 2 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
8. 0 – 2
9. 2013年6月16日 ブラジルの旗 エスタジオ・ド・マラカナンリオデジャネイロ  メキシコ 1 – 2 1 – 2 FIFAコンフェデレーションズカップ2013
10 2013年6月19日 ブラジルの旗アレナ・ペルナンブーコレシフェ  日本 3 – 2 4 – 3
11. 2013年9月10日 イタリアの旗 ユヴェントス・スタジアムトリノ チェコの旗 チェコ 2 – 1 2 – 1 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
12. 2013年10月15日 イタリアの旗 スタディオ・サン・パオロナポリ アルメニアの旗 アルメニア 2 – 2 2 – 2 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選

註釈[編集]

  1. ^ 上述の通り2013年9月22日のナポリ戦で初めて失敗した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MarioBalotelli”. Goal.com. 2013年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 「Mario BALOTELLI:18歳の試練」 『WORLD SOCCER DIGEST No.281』 第14巻第24号、日本スポーツ企画出版社、2008年、52-54頁。雑誌 29893-12/18。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m シモーネ・ステンティ; 翻訳協力、町田敦夫 (2011年10月25日). “神童か悪童か、なぜいつも“彼”なのか。天才マリオ・バロテッリの履歴書”. SOCCER KING. 2011年11月15日閲覧。
  4. ^ Laura Williamson; Nick Pisa (2010年8月5日). “Mario Balotelli's double life: The bitter family feud that haunts the £29m Manchester City target”. daily.mail. 2011年11月15日閲覧。
  5. ^ Cagliari 0–2 Inter Milan”. ESPN Soccernet. (2007年12月16日). 2011年11月15日閲覧。
  6. ^ Internazionale Beat Juventus 3-2 and A Star is Born in Milan: Mario Balotelli”. Soccer Lens (2008年1月31日). 2011年11月15日閲覧。
  7. ^ Inter Milan 2–0 Atalanta”. Soccer Lens (2008年4月6日). 2011年11月15日閲覧。
  8. ^ Inter's Balotelli gets Italian citizenship”. Italy Magazine (2008年8月15日). 2011年11月15日閲覧。
  9. ^ Cruz toglie l'Inter dai guai 3-3 con l'Anorthosis”. La Gazzetta dello Sport. (2008年11月4日). 2011年11月15日閲覧。
  10. ^ Mark Meadows (2009年4月20日). “Inter president chides Juve fans for racist chants”. Reuters. 2011年11月15日閲覧。
  11. ^ http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5hr_4WepjB0LJ2CSVolKlXluAYXdA
  12. ^ 若きFWバロテッリをサテライト送り。モウリーニョ「謙虚になれ」 Livedoorスポーツ 2010年1月9日
  13. ^ 相手ファン批判のバロテッリに罰金 本人は謝罪Livedoorスポーツ 2010年1月8日
  14. ^ バロテッリ問題に政界からも苦言 Livedoorスポーツ 2010年1月9日
  15. ^ バロテッリにミランのユニフォーム? 代理人は「ただのジョーク」Livedoorスポーツ 2010年3月23日
  16. ^ Mario Balotelli statement”. Inter.it (2010年4月1日). 2011年11月15日閲覧。
  17. ^ バロテッリ、快勝台無しのトラブルGoal.com 2010年4月21日
  18. ^ バロテッリ、謝罪するもチームから外れるLivedoorスポーツ 2010年4月24日
  19. ^ Livedoorスポーツ 2010年7月21日
  20. ^ Livedoorスポーツ 2010年5月6日
  21. ^ Manchester City FC (2010年8月13日). “Balotelli signs for City”. 2010年8月14日閲覧。
  22. ^ FC Timisoara 0 - 1 Man City”. BBC Sport (2010年8月19日). 2011年11月15日閲覧。
  23. ^ Mario Balotelli moves closer to Man City return”. BBC Sport (2010年9月28日). 2011年11月15日閲覧。
  24. ^ West Brom 0 - 2 Man City”. BBC Sport (2010年11月7日). 2011年11月15日閲覧。
  25. ^ Man City 3 - 0 Red Bull Salzburg”. BBC Sport (2010年12月1日). 2011年11月15日閲覧。
  26. ^ a b バロテッリ:「メッシはオレよりちょっとだけ最高」”. Goal.com (2010年12月22日). 2011年11月15日閲覧。
  27. ^ Man City 4 - 0 Aston Villa”. BBC Sport (2010年12月28日). 2011年11月15日閲覧。
  28. ^ a b マンチーニが愚行のバロテッリに激怒…チームから除外を示唆”. SOCCER KING (2011年3月19日). 2011年11月15日閲覧。
  29. ^ 一発退場を反省するバロテッリ「申し訳ない気持ちでいっぱい」SOCCER KING 2011年3月19日
  30. ^ トラブル続きのバロテッリ、1300万円の罰金?Livedoorスポーツ 2011年4月1日
  31. ^ ファーディナンド、ツイッターでバロテッリの行動を批判SOCCER KING 2011年4月18日
  32. ^ Touré brings City's long wait to an end”. The Independent (2011年5月15日). 2011年11月15日閲覧。
  33. ^ マンチーニがバロテッリに激怒”. Goal.com (2011年7月25日). 2011年11月15日閲覧。
  34. ^ YouTube Watch Mario Balotelli's failed backheel
  35. ^ http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20111023-00000003-spnavi-socc.html
  36. ^ a b 巨大バロテッリ像が燃やされる!? 花火騒動で英国伝統行事の主役に
  37. ^ Villarreal 0 - 3 Man City”. BBC Sport (2011年11月2日). 2011年11月15日閲覧。
  38. ^ レドナップ、パーカーを踏んだバロテッリに激怒「間違った行動」”. SOCCER KING (2012年1月23日). 2012年4月10日閲覧。
  39. ^ バロテッリ、出場停止処分に不満「僕は悪人でも乱暴者でもない」”. SOCCER KING (2012年1月27日). 2012年4月10日閲覧。
  40. ^ バロテッリ、試合前日の夜遊びにより1週間分の給与1500万円の罰金”. SOCCER KING (2012年3月8日). 2012年4月10日閲覧。
  41. ^ a b バロテッリに成長を促すマンチーニ「今のままでは信頼できない」”. SOCCER KING (2012年3月31日). 2012年4月10日閲覧。
  42. ^ バロテッリの突然乱入も インテル新監督が会見 「怖れはない」”. Livedoorスポーツ (2012年3月28日). 2012年4月10日閲覧。
  43. ^ a b c マンC指揮官がバロテッリ売却を示唆「このままでは悪い未来しか待っていない」”. SOCCER KING (2012年4月9日). 2012年4月10日閲覧。
  44. ^ a b c “オオカミ少年”バロテッリ、恩師に謝罪するも今夏の移籍濃厚か”. SOCCER KING (2012年4月10日). 2012年4月10日閲覧。
  45. ^ マンチーニ、大一番のバロテッリ起用を検討中”. 朝日新聞 (2012年4月27日). 2012年4月27日閲覧。
  46. ^ マンチーニ監督がバロテッリに三行半か…交代後の振る舞いにコーチも不快感”. SOCCER KING (2012年10月9日). 2013年2月6日閲覧。
  47. ^ a b バロテッリ、クラブからの罰金処分に抗議して裁判沙汰に”. Livedoorスポーツ (2012年12月17日). 2013年2月6日閲覧。
  48. ^ バロテッリがマンチーニ監督と掴み合いに…指揮官は「お前は終わりだ」と激高”. SOCCER KING (2013年1月4日). 2013年1月4日閲覧。
  49. ^ バロンドールの候補者発表 イタリアからはピルロ、バロテッリ、ブッフォン”. Livedoorスポーツ (2012年10月30日). 2013年2月6日閲覧。
  50. ^ FIFA Ballon d'Or 2012 – voting results (PDF)”. FIFA. Fédération Internationale de Football Association (2013年1月13日). 2013年2月6日閲覧。
  51. ^ ミラン、バロテッリ獲得を正式に発表”. Goal.com (2013年1月31日). 2013年2月6日閲覧。
  52. ^ ミランデビュー戦で2ゴールのバロテッリ「とても興奮したよ」”. SOCCER KING (2013年2月4日). 2013年1月4日閲覧。
  53. ^ ミラン 対 ナポリ リポート”. Goal.com (2013年9月23日). 2013年9月23日閲覧。
  54. ^ Un prodigio ma non è azzurro”. Avvenimenti. (2006年12月8日). 2011年11月15日閲覧。
  55. ^ Le Roy names 20 for friendly”. ガーナサッカー協会 (2007年8月7日). 2007年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月15日閲覧。
  56. ^ Stars to tame the lions today”. he Statesman (2007年8月21日). 2011年11月15日閲覧。
  57. ^ ESCLUSIVA TMW - Inter, il baby fenomeno Balotelli si racconta”. TuttoMercatoWeb (2007年6月1日). 2011年11月15日閲覧。
  58. ^ Balotelli, sei azzurro!”. La Gazzetta dello Sport (2008年8月29日). 2011年11月15日閲覧。
  59. ^ 夜遊びバロテッリにU-21代表監督も激怒Livedoorスポーツ 2009年2月10日
  60. ^ Ten-Man Italy Defeat Sweden After Balotelli Sent Off”. Goal.com (2009年6月19日). 2011年11月15日閲覧。
  61. ^ スポニチ Sponichi Annex ニュース (2010年8月8日). “アマウリらを召集!イタリアは新鮮な顔ぶれ”. 2010年8月11日閲覧。
  62. ^ Yahoo!スポーツ (2010年8月11日). “イタリア、コートジボワールに敗れる=プランデッリ新監督初陣飾れず―サッカー”. 2010年8月11日閲覧。
  63. ^ Livedoorスポーツ (2011年11月12日). “バロテッリ初得点でイタリアが勝利 プランデッリはチーム全体を称賛”. 2011年11月14日閲覧。
  64. ^ Livedoorスポーツ (2011年11月13日). “バロテッリ活躍に沸くイタリア プランデッリはマンチーニに賛辞”. 2011年11月14日閲覧。
  65. ^ バロテッリは軽傷 クリッシトはバルザーリ代役に立候補?”. Goal.com (2012年6月5日). 2012年6月19日閲覧。
  66. ^ SOCCER KING (2012年6月14日). “プランデッリ伊代表監督、クロアチア戦ではバロテッリ外しを示唆/ユーロ2012”. 2012年6月19日閲覧。
  67. ^ Livedoorスポーツ (2012年6月16日). “バロテッリのブレイクに期待するプランデッリ アイルランド戦では3、4人を変更”. 2012年6月19日閲覧。
  68. ^ Livedoorスポーツ (2012年6月17日). “バロテッリが練習切り上げ、アイルランド戦で外れる可能性 中盤はダイヤモンド型に?”. 2012年6月19日閲覧。
  69. ^ イタリア、苦しみながらもベスト8進出”. Goal.com (2012年6月19日). 2012年6月19日閲覧。
  70. ^ a b ボヌッチ:「バロテッリが何を言ったかは分からない」”. Goal.com (2012年6月19日). 2012年6月20日閲覧。
  71. ^ バロテッリ:「決勝では4ゴール決めたい」”. Goal.com (2012年6月29日). 2012年6月29日閲覧。
  72. ^ http://www.guardian.co.uk/football/2011/oct/22/mario-balotelli-house-fire-fireworks?CMP=twt_gu
  73. ^ バロテッリがまたトラブルのマンC マンチーニに新たな批判Livedoorスポーツ 2010年12月3日
  74. ^ バロテッリ、あわやケンカのトラブル プランデッリは「彼は過ちを理解した」Livedoorスポーツ 2011年3月26日
  75. ^ バロテッリが犯罪組織のゲストに? 本人は「誰か知らなかった」Livedoorスポーツ 2011年6月6日
  76. ^ バロテッリ、おもちゃの銃発射で警察沙汰にLivedoorスポーツ 2010年6月28日
  77. ^ バロテッリが刑務所に無断訪問?SOCCER KING 2010年10月2日
  78. ^ a b マンチェスターで交通違反を繰り返すバロテッリLivedoorスポーツ 2011年4月26日
  79. ^ マンチーニ、喫煙のバロテッリに「彼が私の息子なら蹴飛ばしている」”. SOCCER KING (2011年12月31日). 2012年4月10日閲覧。
  80. ^ マンCテベスら不良後輩を“かわいがり”Nikkansports.com 2011年5月5日
  81. ^ a b 「マンチーニはモウリーニョにできなかったことをやっている」”. Goal.com (2011年5月9日). 2011年11月15日閲覧。
  82. ^ Mario Balotelli gives £1,000 to homeless man after big casino winMETRO.co.uk 2011年4月20日
  83. ^ バロテッリ:「バナナを投げられたら殺す」”. Goal.com (2012年5月30日). 2012年6月19日閲覧。
  84. ^ 問題児マンCバロテリが不登校少年助けたnikkansports.com 2011年5月10日
  85. ^ a b c バロテッリがマンチーニ監督への信頼を明かす「父親のような存在」”. SOCCER KING (2011年10月26日). 2011年11月15日閲覧。
  86. ^ バロテッリに長女が誕生”. Goal.com (2012年12月7日). 2012年12月7日閲覧。
  87. ^ twitter @FinallyMario 2014年2月5日16:38(UTC)の投稿”. twitter (2014年2月5日). 2014年2月6日閲覧。
  88. ^ バロテッリが元恋人の子供を認知「俺の可愛い娘。君のパパだ」”. SOCCER KING (2014年2月6日). 2014年2月6日閲覧。
  89. ^ バロテッリが『TIME』誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出”. サッカーキング (2013年4月18日). 2013年4月20日閲覧。
  90. ^ ファン・ペルシ:「バロテッリにはすべてがある」”. Goal.com (2013年2月5日). 2013年2月6日閲覧。
  91. ^ PKでノーミスのバロテッリ 元同僚は「止めるのはほぼ不可能」”. Livedoorスポーツ (2013年2月6日). 2013年2月6日閲覧。
  92. ^ a b c マンチーニがバロテッリを絶賛「メッシとC・ロナウドに並ぶ才能」”. SOCCER KING (2011年10月24日). 2011年11月15日閲覧。
  93. ^ a b 代表初ゴールのバロテッリに称賛の声「世界最高の選手になる」”. SOCCER KING (2011年11月14日). 2011年11月15日閲覧。
  94. ^ モウリーニョ:「バロテッリは変わらなければ」”. Goal.com (2010年3月17日). 2011年11月15日閲覧。
  95. ^ スタンコビッチ:「バロテッリは子供」”. Goal.com (2010年4月21日). 2011年11月15日閲覧。
  96. ^ ヴィエラ氏、バロテッリを擁護”. Goal.com (2011年8月12日). 2011年11月15日閲覧。
  97. ^ a b プランデッリ:「バロテッリに必要なのは冷静だけ」”. Goal.com (2011年8月12日). 2011年11月15日閲覧。
  98. ^ a b c バロテッリの成長を喜ぶプランデッリ”. Goal.com (2011年11月13日). 2011年11月15日閲覧。
  99. ^ プランデッリ、バロテッリのEURO不参加を示唆”. Goal.com (2012年2月28日). 2012年2月28日閲覧。
  100. ^ a b バロテッリの愚行に激怒するマンチーニ「彼はプロではなかった」”. SOCCER KING (2011年7月25日). 2011年11月15日閲覧。
  101. ^ a b バロテッリを見守るマンチーニ監督「マリオは“予測不可能”なんだ」”. SOCCER KING (2011年11月3日). 2011年11月15日閲覧。
  102. ^ a b マンチーニ:「バロテッリはあらゆる面で成長した」”. Goal.com (2011年11月5日). 2011年11月15日閲覧。

外部リンク[編集]