オバフェミ・マルティンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オバフェミ・マルティンス Football pictogram.svg
Obafemi Martins.png
名前
本名 オバフェミ・アキンウンミ・フォルワショラ・オシャディ・マルティンス
愛称 オバオバ
ラテン文字 Obafemi Akinwunmi Foluwashola Oshadi Martins
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 1984年10月29日(29歳)
出身地 ラゴス
身長 170cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗 シアトル・サウンダーズFC
ポジション FW
背番号 9
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001
2001-2006
2006-2009
2009-2010
2010-2012
2011
2012-2013.3
2013.3-
イタリアの旗 レッジャーナ
イタリアの旗 インテル
イングランドの旗 ニューカッスル
ドイツの旗 ヴォルフスブルク
ロシアの旗 ルビン・カザン
イングランドの旗 バーミンガム(loan)
スペインの旗 レバンテ
アメリカ合衆国の旗 シアトル・サウンダーズ
2 (0)
88 (28)
88 (28)
16 (6)
20 (3)
4 (0)
21 (7)
代表歴2
2004- ナイジェリアの旗 ナイジェリア 39 (18)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年9月15日現在。
2. 2010年9月5日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

オバフェミ・アキンウンミ・フォルワショラ・オシャディ・マルティンスObafemi Akinwunmi Foluwashola Oshadi Martins, 1984年10月28日 - )は、ナイジェリア同国代表サッカー選手。ナイジェリア、ラゴス出身。ポジションフォワードメジャーリーグサッカーシアトル・サウンダーズFC所属。愛称はオバオバ。

来歴[編集]

14歳の時、ナイジェリアのFC Ebedeiに加入。その後、16歳でイタリアのセリエCレッジャーナのトライアルに参加。2か月のトライアルを経て、Ebedeiのチームメイトスティーヴン・マキンワとともに入団。ユースチームで活躍し、これが、元イタリア代表ストライカーピエルルイジ・カジラギの目に留まり、彼の推薦もあって2001年からレッジャーナのトップチームに昇格する事になった。この年のビアレッジョ国際ユースで優勝するとアフリカ最優秀若手選手にも選出された。

2001年からはインテルへ移籍。初年度はユースチームで23得点を記録する。2002年12月にトップチームデビュー。アルバロ・レコバアドリアーノフリオ・リカルド・クルスら豪華なFW陣の一角を占める中、先発出場は少ないものの、セリエAで88試合に出場して28得点を記録。中でも2002-03シーズンのチャンピオンズリーグでは、セミファイナルで大会史上初のACミランとのミラノダービーとなった。その第2戦でルーズボールを背中で流し、圧倒的なスピードでパオロ・マルディーニを完全に振り切り得点を奪うという離れ業をやってのけた。2005年には2010年まで契約を延長。

しかし2006年ユヴェントスからズラタン・イブラヒモビッチチェルシーからエルナン・クレスポの加入が決定。出場機会の激減が予想されたため、移籍を志願。移籍市場ではバレンシアなどがオファーを出すなど注目を集めたが、2006-07シーズンよりイングランドのニューカッスル・ユナイテッドへ移籍。ニューカッスルでは3シーズンで88試合に出場し28ゴールを記録するも、2008-09シーズンにチームが降格。これに伴い、2009年7月、移籍金900万ポンドでドイツのVfLヴォルフスブルクに4年契約で移籍した[1]。2010年7月、ロシア・プレミアリーグFCルビン・カザンに3年契約で移籍した[2]

ナイジェリア代表においては、アフリカネイションズカップ2006での3位入賞に貢献するなど中心選手となっている。2007年11月17日の親善試合・オーストラリア戦では初めてキャプテンを任された。2009年11月14日のワールドカップ予選ケニア戦では同点ゴール、決勝ゴールと2得点を挙げる活躍で、ナイジェリアのワールドカップ出場決定に貢献した。

2011年1月31日、プレミアリーグのバーミンガム・シティFCにレンタル移籍。2月19日FAカップ5回戦で移籍後初ゴールを決めた。2月27日に行われたリーグカップ決勝・アーセナル戦で途中出場し、1対1で迎えた後半44分に決勝ゴールを挙げ48シーズンぶり2度目の優勝に貢献した。

人物[編集]

  • インテルでは先輩FWであり、同じ英語話者であるクリスティアン・ヴィエリにかわいがられていた。
  • 2006年8月にナイジェリアサッカー協会の公式サイトにおいて、生年月日が誤って1978年5月1日(実際は1984年10月28日)と掲載された。
  • 2007年6月20日、ナイジェリアの首都ラゴスで車の運転中に銃で襲われた事がある。
  • 2008年7月24日、ナイジェリアの首都ラゴスで起こったタンクローリー爆発事故による火災で、母のアルハジャさんが巻き込まれ亡くなった[3]。本人はかなりのショックを受け、すぐにイングランドからナイジェリアへと向かった。

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

インテル
ニューカッスル
バーミンガム

個人[編集]

  • CAF年間最優秀若手選手 : 2003, 2004

脚注[編集]

外部リンク[編集]