アンドレア・ストラマッチョーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレア・ストラマッチョーニ Football pictogram.svg
Andrea Stramaccioni (cropped).jpg
名前
ラテン文字 Andrea STRAMACCIONI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1976年1月9日(38歳)
出身地 ローマ
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1995 ボローニャFC 0 (0)
監督歴
2012-2013
2014-
イタリアの旗 インテル
イタリアの旗 ウディネーゼ・カルチョ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドレア・ストラマッチョーニAndrea Stramaccioni1976年1月9日 - )はイタリアローマ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

現役時代のポジションはディフェンダー。ロムレアの下部組織で育ち、1990年にボローニャのプリマベーラに移籍する。1994年、イタリア国内の若手が集うトーナメント(Torneo Città di Vignola)では最優秀選手賞に輝き、将来を嘱望された[1]。しかし同年にプロ契約を結ぶ直前、セリエCコッパ・イタリア、エンポリ戦に出場するも、試合中に相手選手と衝突。右膝半月板と靱帯に大ケガを負い、選手生命を絶たれた。

約6年間のブランクを経た2000年USラティーナ・カルチョ下部組織で指導者としてのキャリアをスタートさせる。ASローマの下部組織では6年間在籍し、その間に3つの異なるカテゴリーを指導して2度の優勝に導いた[2]

これらの成功によってローマは育成部門の最上位、プリマベーラの監督への昇格を検討したが、クラブはアルベルト・デ・ロッシ(ローマMFダニエレ・デ・ロッシの父親)を続投させた。

2011年インテルプリマヴェーラの監督に就任。2012年3月25日、U-19世代のチャンピオンズリーグに相当するNextGen シリーズの決勝でアヤックス・アムステルダムを下して優勝[3]

その翌日の3月26日、成績不振により解任されたクラウディオ・ラニエリの後任として、トップチームの監督に電撃的に昇格した[4]

就任後の9試合で5勝2分け2敗とチームの建て直しに成功すると、翌年のUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した[5]マッシモ・モラッティ会長がミラノダービーでの勝利を評価したこともあり[6]、シーズン終了後に契約を更新し、2015年までの3年契約を結んだ[7]

2012-13シーズンは序盤はユヴェントスの無敗記録を49で止めるなど順調だったが、負傷者続出などもあり最終順位は9位という成績に終わった。シーズン終了後、解任が決定した。

指導歴[編集]

監督としての成績[編集]

クラブ 就任 退任 記録
試合 勝率 %
インテル イタリアの旗 イタリア 2012年3月28日 2013年5月24日 &000000000000006500000065 &000000000000003100000031 &000000000000001100000011 &000000000000002300000023 &000000000000004768999947.69
&000000000000006500000065 &000000000000003100000031 &000000000000001100000011 &000000000000002300000023 &000000000000004768999947.69

脚注[編集]