マルチェロ・リッピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルチェロ・リッピ Football pictogram.svg
Marcello Lippi.jpg
名前
本名 マルチェロ・ロメオ・リッピ
ラテン文字 Marcello Lippi
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1948年4月11日(66歳)
出身地 ヴィアレッジョ
選手情報
ポジション DF
ユース
1963-1969 イタリアの旗 FCエスペリア・ヴィアレッジョ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1969-1979 イタリアの旗 UCサンプドリア 274 (5)
1969-1970 イタリアの旗 サヴォーナ (loan) 21 (2)
1979-1981 イタリアの旗 USピストイエーゼ1921 45 (1)
1981-1982 イタリアの旗 ルッケーゼ 23 (0)
1969-1982 通算 363 (7)
代表歴
1971 イタリアの旗 イタリア U-23 2 (0)
監督歴
1982-1985 イタリアの旗 UCサンプドリア(ユース)
1985-1986 イタリアの旗 ポンテデーラ
1986-1987 イタリアの旗 ACシエナ
1987-1988 イタリアの旗 USピストイエーゼ1921
1988-1989 イタリアの旗 カッラレーゼ・カルチョ
1989-1991 イタリアの旗 ACチェゼーナ
1991-1992 イタリアの旗 ルッケーゼ
1992-1993 イタリアの旗 アタランタBC
1993-1994 イタリアの旗 SSCナポリ
1994-1999 イタリアの旗 ユヴェントスFC
1999-2000 イタリアの旗 インテルナツィオナーレ・ミラノ
2001-2004 イタリアの旗 ユヴェントスFC
2004-2006 イタリアの旗 イタリア代表
2008-2010 イタリアの旗 イタリア代表
2012-2014 中華人民共和国の旗 広州恒大足球倶楽部
2014- 中華人民共和国の旗 広州恒大足球倶楽部(監督・チーフディレクター・ヘッドコーチ)
1. 国内リーグ戦に限る。2010年6月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルチェロ・ロメオ・リッピMarcello Romeo Lippi1948年4月11日 - )は、イタリアトスカーナ州ルッカ県ヴィアレッジョ出身の元プロサッカー選手サッカー指導者。現役時代のポジションはDF

来歴[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

現役時代は中盤やリベロの選手としてサンプドリアなどでプレー。U-23代表経験を持つが、フル代表に呼ばれることはなかった。

指導者時代[編集]

1982年に引退後、指導者としての道を歩み始める。1985年に監督業を始めて以降、イタリア国外のクラブを率いたことがないという稀有な経歴を持つ。ファンタジスタ嫌い(「組織を打ち砕けるスターはサッカーに不可欠だ」と述べ、そう言われることを好んでいないが)と言われ、ロベルト・バッジョアントニオ・カッサーノと不仲であったことも有名である。

1993-94シーズンにナポリパオロ・ディ・カーニオらを擁し6位に導くと、当時低迷していたユヴェントスから白羽の矢を立てられた。

ユヴェントス[編集]

1994年、ユヴェントスの監督に就任すると前年のバロンドーラーであったエースのロベルト・バッジョが怪我で離脱したためジャンルカ・ヴィアッリファブリツィオ・ラヴァネッリ、当時期待の若手だったアレッサンドロ・デル・ピエロを前線に並べ、高い位置から積極的にプレスをかける攻撃的な戦術を採用。就任1年目でユヴェントスに9シーズンぶりのスクデットをもたらした。翌年には欧州チャンピオンズリーグを制するなど、その後も指導者人生の中であらゆるタイトルを獲得し、名将としての地位を確固たるものにしていった。

インテル[編集]

1999年インテルの監督に就任。開幕当初はクリスティアン・ヴィエリの活躍で首位に躍り出るもロナウドの負傷離脱などもあり、次第に調子を落とす。自身もユヴェントスでも共に働いたロベルト・バッジョと対立し結局4位でシーズンを終えた。皮肉なことにパルマとのプレーオフはバッジョのドッピエッタによりCLの出場権を獲得した。バッジョがチームを去った翌シーズンは、CL予備予選で敗退、そして開幕戦でレッジーナに破れ、僅か3試合でマッシモ・モラッティ会長に解任された。この為インテリスタの評価は芳しくない。

第2次ユヴェントス[編集]

2001年から再びユヴェントスの監督に就任する。ジネディーヌ・ジダンを売却しながらパベル・ネドベドを獲得するなどやりくりしこのシーズン、翌年と2連覇を達成、CLでも決勝に進出したがPK戦の末、ACミランに敗れた。翌シーズンはCLではデポルティーボ・ラ・コルーニャに敗れ、リーグ戦は3位に終わりこの年で退任した。

イタリア代表[編集]

EURO2004終了後、ジョバンニ・トラパットーニの後を受けイタリア代表監督に就任。「カテナチオからの脱却」を旗印に、攻撃的な戦術でチーム作りを推進し、2006年ワールドカップドイツ大会でイタリア代表を24年ぶりの優勝に導き、UEFAチャンピオンズリーグとワールドカップの両方を制した史上初の監督となった。トヨタカップも制しているため、クラブチームとナショナルチームの両方で世界一になったのは彼が最初である。大会終了後に「私の役目は終わった」として代表監督を勇退。

また、EURO2008予選敗退による責任で解任されたスティーヴ・マクラーレンの後任としてイングランド代表監督候補として挙がったが、リッピ本人が英語を話せないため辞退した。結局、イングランド代表監督はファビオ・カペッロが就任した。

第2次イタリア代表[編集]

2008年6月26日、イタリア代表がEURO2008を準々決勝で敗退したことにより、退任することとなったロベルト・ドナドーニ監督の後任として、イタリア代表監督に再就任することとなった。ワールドカップドイツ大会以来およそ2年ぶりの監督復帰となった。

2009年コンフェデレーションズカップではエジプトブラジルに敗れグループリーグで敗退した。

2010年ワールドカップ南アフリカ大会では連覇を目指したが、1勝もできずに1次リーグで敗退した。 ワールドカップドイツ大会で優勝したメンバーの多くがベテランの領域に達しており、世代交代に失敗した印象が強いことや当時不振に喘いでいた(2009-10シーズンは7位)ユヴェントス所属のメンバーが中心の守備陣が批判を浴び、さらにアンドレア・ピルロジャンルイジ・ブッフォンの離脱で苦戦を強いられた。

広州恒大[編集]

2012年5月、パラグアイ代表FWのルーカス・バリオスを補強するなど精力的に動く広州恒大は、李章洙を解任しマルチェロ・リッピの監督就任を発表した。契約は2年半である。2013年、AFCチャンピオンズリーグ2013にて、広州恒大をクラブ初のアジア制覇に導いた。中国スーパーリーグ4連覇を達成した2014年11月2日、監督を退任する意向を表明した[1]。同月5日、役職名は変わらないものの実質的な指導の立場から退きファビオ・カンナヴァーロがその座を引き継ぐことが発表された[2]

人物・エピソード[編集]

自身が影響を受けた監督にアリゴ・サッキファビオ・カペッロの名を挙げており、初期はサッキの相手を圧倒する両翼を駆使した攻撃型のチーム作りに没頭したが、その模倣が現有戦力では完全に至らないことを悟り、徐々にその中にカペッロ的な要素を組み込んだとしている[3]。本人いわく、サッカーで重要なのはバランスとのこと[3]葉巻きたばこ愛好家として知られる。2006年ドイツW杯の表彰式では葉巻を片手にトロフィーにキスをする場面が観られた。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]


タイトル[編集]

クラブ[編集]

国内[編集]
ユヴェントスFC
1994-1995, 1996-1997, 1997-1998, 2001-2002, 2002-2003
1994-1995
1995, 1997, 2002, 2003
広州恒大
2012, 2013, 2014
2012
インターナショナル[編集]
ユヴェントスFC
1995-1996
1996
1996
広州恒大
2013

ナショナルチーム[編集]

イタリア代表: 2006

個人[編集]

最優秀監督賞: 1994-1995, 1995-96
年間最優秀監督賞: 1996, 1998
年間最優秀監督賞: 1997
年間最優秀監督賞: 1997-1998
最優秀監督賞(金のベンチ賞): 1997, 1998, 2003
年間最優秀代表監督賞: 2006

勲章[編集]

Commendatore OMRI BAR.svg イタリア共和国功労勲章

コメンダトーレ(commendatore): 12.12.2006

脚注[編集]

  1. ^ リッピ、4連覇達成で退任・監督引退を決断 Goal.com 2014年11月3日付
  2. ^ 広州恒大、カンナヴァーロ氏就任を正式発表 Goal.com 2014年11月5日付
  3. ^ a b マルチェロ・リッピ 「現代カルチョ研究室、第10章」 『WORLD SOCCER MAGAZINE No.172』 第10巻第2号、ベースボール・マガジン社、2008年、88-89頁。雑誌 29903-1/17。