セリエA (サッカー) 2002-2003

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セリエA (サッカー) 2002-2003は、現在の形になった1929-1930シーズンから71シーズン目のセリエA2002年9月14日から2003年5月24日まで行われた。ユヴェントスが27度目の優勝を果たした。

順位表[編集]

順位 クラブ 試合数 引分 得点 失点 得失点差 勝点 備考
1
ユヴェントス
34
21
9
4
64
29
+35
72
CLグループリーグ出場権
2
インテル
34
19
8
7
64
38
+26
65
3
ACミラン
34
18
7
9
55
30
+25
61
CL予選3回戦出場権
4
ラツィオ
34
15
15
4
57
32
+25
60
5
パルマ
34
15
11
8
55
36
+19
56
UEFA杯1回戦出場権
6
ウディネーゼ
34
16
8
10
38
35
+3
56
7
キエーヴォ
34
16
7
11
51
39
+12
55
8
ASローマ
34
13
10
11
55
46
+9
49
UEFA杯1回戦出場権[1]
9
ブレシア
34
9
15
10
36
38
-2
42
UEFAインタートト杯出場権[2]
9
ペルージャ
34
10
12
12
40
48
-8
42
11
ボローニャ
34
10
11
13
39
47
-8
41
12
モデナ
34
9
11
14
30
48
-18
38
12
エンポリ
34
9
11
14
36
46
-10
38
12
アタランタ
34
8
14
12
35
47
-12
38
セリエB降格決定戦
12
レッジーナ
34
10
8
16
38
53
-15
38
16
ピアチェンツァ
34
8
6
20
44
62
-18
30
セリエB降格
17
コモ
34
4
12
18
29
57
-28
24
18
トリノ
34
4
9
21
23
58
-35
21
  1. ^ コッパ・イタリア優勝チームがUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したACミランだったため、コッパ・イタリア準優勝のASローマにコッパ・イタリア優勝者枠のUEFA杯出場権が与えられた。
  2. ^ 7位のキエーヴォUEFAインタートト杯の出場権を放棄したため、9位のペルージャにUEFAインタートト杯の出場権が与えられた。

セリエB降格決定戦[編集]

チーム #1 チーム #2 第1戦 第2戦
レッジーナ 2 - 1 アタランタ 0 - 0 2 - 1

得点ランキング[編集]

順位 選手 得点 所属
1
イタリアの旗 クリスティアン・ヴィエリ
24
インテル
2
ルーマニアの旗 アドリアン・ムトゥ
18
パルマ
3
イタリアの旗 フィリッポ・インザーギ
17
ACミラン
4
イタリアの旗 アレッサンドロ・デル・ピエロ
16
ユヴェントス
5
ブラジルの旗 アドリアーノ
15
パルマ
アルゼンチンの旗 クラウディオ・ロペス
15
ラツィオ
7
イタリアの旗 フランチェスコ・トッティ
14
ASローマ
イタリアの旗 ダリオ・ヒュブナー
14
ピアチェンツァ
9
イタリアの旗 アントニオ・ディ・ナターレ
13
エンポリ
10
イタリアの旗 ジュゼッペ・シニョーリ
12
ボローニャ
イタリアの旗 ロベルト・バッジョ
12
ブレシア