アリー・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリー・ハーン Football pictogram.svg
名前
本名 アドリアヌス・ハーン
Adrianus Haan
愛称 アリー、アレンド
カタカナ アリー・ハーン
ラテン文字 Arie Haan
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1948年11月26日(65歳)
出身地 Finsterwolde
選手情報
ポジション MF/DF
利き足 右足
代表歴
1969–1983[1] オランダの旗 オランダ 35 (6)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アリー・ハーンことアドリアヌス・ハーンAdrianus "Arie" Haan, 1948年11月16日 - )は、オランダ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはDHCB

経歴[編集]

アヤックス・アムステルダムオランダ代表の選手として1970年代の栄光を支えた人物の一人である。本来、守備的MFを務めていたが、1974年のFIFAワールドカップ・西ドイツ大会ではセンターバックのレギュラーのリヌス・イスラエルが負傷した事により急遽このポジションを務め、トータルフットボールと賞賛された攻撃的なチームを守備面で支え大会準優勝に貢献した。 翌1978年のFIFAワールドカップ・アルゼンチン大会では守備的MFとしてプレーし、2次リーグのイタリア戦と西ドイツ戦ではセンターサークル付近からロングシュートを決めこの強敵達を下している。

現役引退後は指導者の道へ進み、主にベルギーのクラブで監督を務めた後、2002年に中国代表監督に就任、2004年のアジアカップ決勝では日本代表と対戦した。しかし同年11月に行われたFIFAワールドカップ・ドイツ大会アジア1次予選でクウェート代表に敗れ予選敗退となった事で辞任。2006年6月に2年契約でカメルーン代表監督に就任したが2007年1月に辞任した。2008年1月から2009年4月までは、アルバニア代表監督も務めた。その後アルバニア代表監督を辞任し、中国スーパーリーグの重慶力帆と半年契約で監督に就任した。

選手歴[編集]

代表歴[編集]

  • オランダの旗 オランダ代表 1969-1983 35試合6得点
    • FIFAワールドカップ出場 2回(1974年西ドイツ大会=準優勝、1978年アルゼンチン大会=準優勝)

指導者歴[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]