ガブリエル・バティストゥータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガブリエル・バティストゥータ Football pictogram.svg
Gabriel batistuta.jpg
名前
本名 ガブリエル・オマール・バティストゥータ
愛称 獅子王、バティ、バティゴル
ラテン文字 Gabriel Omar Batistuta
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1969年2月1日(45歳)
出身地 サンタフェ
身長 185cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
1991-2002[1] アルゼンチンの旗 アルゼンチン 78 (56)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ガブリエル・オマール・バティストゥータ (Gabriel Omar Batistuta, 1969年2月1日 - ) は、アルゼンチンサンタフェ出身の、プロサッカー選手。ポジションはフォワード1990年代を代表するフォワードの一人で、長くイタリア・セリエAで活躍し、セリエAの外国人最多通算得点記録を保持している。またアルゼンチン代表にも選抜され、代表の歴代得点記録も保持している。2005年に引退した。ニックネームは獅子王、バティ、バティゴル(バティゴール)。家族は妻と4男。サッカー界から引退後は、アドルフォ・カンビアッソのもとでポロを学んでおり、プロ選手として試合にも出場している。

人物[編集]

愛称[編集]

よく使われる愛称はバティ (Bati) 。バティゴル (Batigol)[2][3][4] 。また、後述のフィオレンティーナでの活躍からフィレンツェの英雄と称される。その他にも荒ぶるその容姿からレ・レオーネ (Le leone, 獅子王) とも言われる。少年期には太り気味だったことからエル・ゴルド (El Gordo, でぶ) と言われたこともある。陸上選手という前歴があるが足元のボールキープはおぼつかないもので、付けられたニックネームは「エレファンテ(象)」、送迎の車の中ではトップチームへ昇格する貪欲な執着心をスタッフに滔滔と語り打ち明け、このまま埋もれる気はない事を熱弁している。その後、バランスの良い恵まれた体躯と、元々のアスリートとしての資質、多少のタックルでは当たり負けしないタフなプレーでストライカーとしての頭角を現す。

フィレンツェの英雄[編集]

1991年、イタリア・フィレンツェの人気クラブ フィオレンティーナに移籍したバティストゥータは、その年のシーズン開幕当初こそ出場機会に恵まれなかった。しかし、低迷するクラブを立て直すべく途中就任したルイジ・ラディーチェ監督によりレギュラーに抜擢されると得点を量産し、移籍初年度に確固たる地位を築いた。 1992-1993シーズンにフィオレンティーナは思うような成績を上げられずセリエBに降格したが、バティストゥータはフィオレンティーナに留まり、翌年の再昇格へ大きな役割を果たした。その後1994-1995シーズンにはセリエA得点王、1995-1996シーズンにはチームのコッパ・イタリア優勝に貢献と活躍し、ファンの心を掴んだ。最終的に合計9シーズン、フィオレンティーナに在籍し通算269試合出場、167ゴールという結果を残した。彼はフィレンツェの英雄と称えられ、フィオレンティーナのファンは本拠地アルテミオ・フランキの前に銅像を建てた。 2000年ASローマへ移籍。フィオレンティーナのファンは悲しみ、また憤りのあまり彼の銅像を破壊してしまった。この移籍はバティストゥータ自身がフィオレンティーナでは成し得なかったスクデットをどうしても獲得したかったことと、多額の移籍金(約40億円、当時セリエA史上2番目の高額)によりクラブが断りきれなかった事が理由であり、彼自身、フィオレンティーナへの愛は不変である事を公言している。 ローマへの移籍初年度にオリンピコでフィオレンティーナと対戦した際には、同点で迎えた終了間際に豪快なミドルシュートで決勝点となる劇的なゴールを奪った。しかし彼は喜びの感情を表すことはなく、チームメイトに祝福される輪の中で俯いたままであった。彼のフィオレンティーナへの愛着を表すシーンとして、またスクデットを獲得したチームに数々のゴールによって最大限に貢献した彼の献身を象徴する試合として、その年のハイライトシーンとなった。 後のフィオレンティーナとの対戦では活躍する場面は少なかった。また、キャリアの最後はフィオレンティーナでプレーしたいと述べるなど、フィオレンティーナへの変わらぬ愛情を示していた。 2005年3月13日に現役引退を表明し、キャリアの幕を閉じた。その引退声明文の中で「今後も違う形でサッカーに関わっていく」と述べた。

略歴[編集]

1969年
2月1日、アルゼンチンのサンタフェに生まれる。
1978年
このころ(9歳)はサッカーよりバスケットボールに興味があったが、地元開催のワールドカップアルゼンチン大会で、当時のアルゼンチン代表のエース・マリオ・ケンペスのプレイを見たことでサッカーへの興味を膨らませる。
1986年
17歳にしてようやくバスケットボールからサッカー選手へと本格的に転向、地元のクラブ レコンキスタ・サンタフェと契約。ちなみにこの頃までは将来は医者を志していた。
1987年
ニューウェルズ・オールドボーイズへ移籍。
1988年
1987-1988シーズン、ニューウェルズ・オールドボーイズでリベルタドーレス杯準優勝。
1989年
アルゼンチンの名門CAリーベル・プレートに移籍。しかしこの頃のバティストゥータは特別優れた選手ではなく才能は伸び悩んでいた。
1990年
1989-1990シーズン、リーベルプレートでアルゼンチン選手権優勝。シーズン終了後、同じブエノスアイレスに本拠を持つ強豪でありリバープレート最大のライバル、ボカ・ジュニアーズに移籍。ストライカーとして頭角をあらわす。
1991年
1990-1991シーズン、ボカ・ジュニアーズで19試合で11得点を叩き出し、アルゼンチン国内で一躍スターになる。
6月27日、ブラジル・クリチバで行われた対ブラジル戦でアルゼンチン代表デビューを飾る。コパ・アメリカチリ大会では6ゴールを挙げ、アルゼンチン代表を優勝へ導く。また、個人タイトルとして得点王も獲得。一躍世界的なプレイヤーとしてブレイクを果たす。
夏、セリエA・フィオレンティーナへ移籍。シーズン開幕当初、フィオレンティーナではサブプレイヤーとしての扱いだったが、ラザロニ監督の辞任に伴い就任したラディーチェ監督に見出され、レギュラーの地位を手に入れる。
1992年
1991-1992シーズン、セリエAでの1シーズン目を27試合出場13ゴールという好成績で終了。
1993年
1992-1993シーズン、フィオレンティーナは低迷、セリエB降格となる。それに伴いバティストゥータも移籍が取りざたされたが、チームに残留。コパ・アメリカ エクアドル大会では決勝戦での2ゴールなどでアルゼンチンの大会2連覇に貢献。
1994年
1993-1994シーズン、フィオレンティーナの1シーズンでのセリエA復帰に貢献。
W杯アメリカ大会、ギリシャ戦でハットトリックなどの活躍で大会4ゴール(チーム内得点王)。チームは強豪アルゼンチンとしては不本意なベスト16の成績。
11月27日、対サンプドリア戦。セリエAに復帰したフィオレンティーナで1994-1995シーズン開幕11試合連続ゴールのセリエA新記録を達成(それまでの記録はエンツォ・パスクッティの開幕10試合連続ゴール)。
1995年 
1994-1995シーズン、マヌエル・ルイ・コスタとのコンビが冴え渡り、26得点を挙げセリエA得点王となる(アルゼンチン人としてはディエゴ・マラドーナ以来2人目)。
コパ・アメリカ ウルグアイ大会。チームは優勝を逃すが、バティストゥータ自身は得点王となる。
1996年
1995-1996シーズン、バティストゥータとフィオレンティーナは好調を維持。リーグを4位で終える。また、コッパ・イタリア優勝を達成する。
1997年
W杯フランス大会の南米予選で当初バティストゥータはダニエル・パサレラ監督に出場機会をあまり与えられていなかったが、最終的には実力を認められレギュラーとして代表に復帰する。
1998年
ワールドカップフランス大会。初戦はW杯初出場である日本戦。ここで1点を決め、勝利に貢献した。また、ジャマイカ戦ではW杯記録となる(1994年大会と続いての)2大会連続のハットトリックを決める。大会を通じて5ゴール(チーム内得点王)、チームはベスト8の成績。
1998-1999シーズン前半戦、17試合で17ゴールの大活躍。
1999年
1998-1999シーズン後半、チームの好調とともに得点王レースの首位を走っていたが、リーグ終盤に左足の怪我を負ってしまい、最終節に得点を挙げたウディネーゼマルシオ・アモローゾに追い抜かれ、2度目の得点王を逃す。
2000年
5月、スクデット獲得への思いと、破格の移籍金(当時としてはサッカー史上2番目の3,490万ユーロ≒約40.4億円)で同じセリエAのASローマへ移籍。
2001年
2000-2001シーズン、移籍1年目で20ゴールの活躍をし、ローマの1983年以来18年ぶりのセリエA優勝に貢献。自身としては悲願の初リーグ優勝だった。
W杯韓国・日本大会 南米予選では、マルセロ・ビエルサ監督がバティストゥータとエルナン・クレスポを決して同時起用することがなく、2人のレギュラー争いが話題となる。
2002年
ワールドカップ日韓大会。アルゼンチン代表のエースとして参加するが、1得点しか挙げられず、チームはグループリーグ敗退。バティストゥータはアルゼンチン代表からの引退を宣言。
2003年
1月、セリエA・インテルへ移籍。これは、それまでインテルのエースストライカーであり、バティストゥータにとっては因縁の相手でもあるエルナン・クレスポの怪我に伴うものである。
2003年
2002-2003シーズン終了後、12年間すごしたイタリアを去り、カタールリーグアル・アラビへ移籍。
2005年
現役引退を表明。引退後、オーストラリアパースに移住。Aリーグに参加しているパース・グローリーFCのアドバイザーをしていた[要出典]。アルゼンチンにて建設会社を運営しているとされている。
2011年
母国アルゼンチンでポロ選手として活躍中。現役時代の足首の酷使から歩行困難となり、30分程度立っているのが限界となったと報道されたが[5]、本人は否定している[6]
2014年
上記の歩行困難についてインタビューに答え、一時は足を切断して欲しいと願うほどであったことを告白[7]

所属クラブ[編集]

代表歴(国際大会)[編集]

代表通算キャップ:78試合 得点:56得点

タイトル[編集]

クラブ[編集]

  • セリエA(ローマ) 2000-2001
  • コッパ・イタリア(フィオレンティーナ) 1995-1996
  • セリエB(フィオレンティーナ) 1993-1994

代表[編集]

個人[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ杯 国際 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ニューウェルズ・オールドボーイズ 1988-89 24 7 - 5 3 29 11
CAリーベル・プレート 1989-90 21 4 - - 21 4
ボカ・ジュニアーズ 1990-91 30 13 - 10 6 40 19
フィオレンティーナ 1991-92 27 13 3 1 - 30 14
1992-93 32 16 3 3 - 35 19
1993-94 26 16 4 3 2 2 32 21
1994-95 32 26 5 2 - 37 28
1995-96 31 19 8 8 - 39 27
1996-97 32 13 3 2 7 4 42 19
1997-98 31 21 5 3 - 37 24
1998-99 28 21 6 4 3 1 37 26
1999-00 30 23 3 0 11 6 44 29
ASローマ 2000-01 28 20 0 0 3 1 31 21
2001-02 23 6 1 0 8 0 32 6
2002-03 12 4 2 1 6 1 20 6
インテル(loan) 2002-03 12 2 - - 12 2
アル・アラビ 2003-04 18 25 0 0 - 18 25
2004-05 3 0 0 0 - 3 0
総通算 440 249 43 27 47 24 516 300


語録[編集]

「そこにゴールがあるから蹴るんじゃない、俺が蹴るからゴールがあるんだ」[要出典]

エピソード[編集]

小さな頃からバスケットボールが大好きで、将来の夢はバスケットボールのアルゼンチン代表としてオリンピックに出場することだった。その一方で学業でも優秀な成績を収め、医者を志しもした。

脚注[編集]

  1. ^ “Gabriel Omar Batistuta - Goals in International Matches” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/batistuta-intlg.html 
  2. ^ Batigol”. Marca.com. 2007年10月26日閲覧。
  3. ^ MUNDIAL 2002 - ARGENTINA”. elmundo.es. 2007年10月26日閲覧。
  4. ^ ¿Y cómo te llaman? (III)”. FIFA.com. 2007年10月26日閲覧。
  5. ^ バティストゥータ、足首の酷使により30分の歩行も困難に ライブドアニュース 2011年8月11日。
  6. ^ バティストゥータ氏が歩行困難説を否定「サッカーはできないけど走れる」 ライブドアニュース 2011年8月12日
  7. ^ バティストゥータ氏が引退後の苦悩告白「脚を切断してくれと言った」 ライブドアニュース 2014年8月29日

外部リンク[編集]