ニルス・リードホルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニルス・リードホルム Football pictogram.svg
Nils Liedholm.gif
名前
愛称 Il Barone (The Baron)
ラテン文字 Nils Liedholm
基本情報
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
生年月日 1922年10月8日
出身地 Valdemarsvik
没年月日 2007年11月5日(満85歳没)
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1943-1946
1946-1949
1949-1961
スウェーデンの旗IKスレイプニル
スウェーデンの旗IFKノーショーピング
イタリアの旗ACミラン
60 (24)
48 (22)
359 (81)
代表歴
1946-1958 スウェーデンの旗 スウェーデン 21 (10)
監督歴
1961-1963
1963-1966
1966-1968
1968-1969
1969-1971
1971-1973
1973-1977
1977-1979
1979-1984
1984-1987
1987-1989
1992
1997
イタリアの旗ACミラン コーチ
イタリアの旗ACミラン
イタリアの旗エラス・ヴェローナ
イタリアの旗ACモンツァ
イタリアの旗ASヴァレーゼ
イタリアの旗フィオレンティーナ
イタリアの旗ASローマ
イタリアの旗ACミラン
イタリアの旗ASローマ
イタリアの旗ACミラン
イタリアの旗ASローマ
イタリアの旗エラス・ヴェローナ
イタリアの旗ASローマ
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ニルス・リードホルムNils Liedholm1922年10月8日 - 2007年11月5日)は、スウェーデン出身の元サッカー選手サッカー指導者。選手時代のポジションはMF

スウェーデン代表や選手時代の大半を過ごしたACミランでは、同僚のグンナー・ノルダールグンナー・グレンと共に「グレ・ノ・リ」トリオ(Gre-No-Li)を形成し活躍。現役引退後には指導者としても成功を収めた。

経歴[編集]

選手時代[編集]

リードホルムは1942年にIKスレイプニルで選手キャリアをスタートさせる。1946年からはIFKノーショーピングへ移籍し、2度のリーグ制覇に貢献した。1949年にイタリアのACミランへ移籍し、同年9月11日のサンプドリア戦でリーグデビューを飾るとレギュラーに定着し、1949-50シーズンには37試合出場18得点を記録した。そして在籍期間中に4度のリーグ制覇(1951年、1955年、1957年、1959年)と2度のラテンカップ制覇(1951年、1956年)、そして1958年のUEFAチャンピオンズカップでは主将として決勝のレアル・マドリード戦に出場し準優勝に貢献した(試合は2-3でミランの敗北)。

リードホルムはグンナー・ノルダール(セリエA通算257試合出場225得点の記録保持者)の得点の多くをアシストした。またフィジカルトレーニングの重要性を理解していた初の選手の一人であった。その為、練習時間の中で他の選手よりも多くの時間をフィジカルトレーニングに費やした。また週に2回は100メートル走、3000メートル走、投げ槍、砲丸投げと高跳びを行ったという。この事が40歳近くまで現役を続ける事が出来た要因となった。

スウェーデン代表としては1946年に代表デビューを飾り、1948年のロンドンオリンピック金メダル獲得に貢献。1958年のFIFAワールドカップ・スウェーデン大会では主将として大会に挑み、同国の決勝進出に貢献した。決勝のブラジル戦では前半4分に先制点を決めたが、ブラジルの反撃もあり2-5で敗れた。

監督時代[編集]

現役引退後は指導者の道へ進み、古巣のACミランやフィオレンティーナで監督を務めた。そして1979年にASローマの監督に就任すると、2度のリーグ制覇(1979年、1983年)、3度のコッパ・イタリア制覇(1981年、1983年、1984年)、1984年のUEFAチャンピオンズカップ準優勝(決勝でリヴァプールFCにPK戦の末に敗退)に導いた。ローマ時代にはパウロ・ロベルト・ファルカンブルーノ・コンティらの攻撃陣と、当時のイタリアでは珍しいゾーンディフェンスを採用して成功を収めた。

その後[編集]

晩年もイタリア国内に留まり、息子と共にブドウ園を運営していた。また、20世紀の終わりにはスウェーデンの大手新聞社Aftonbladetの読者投票による20世紀最高のスウェーデン人選手に選出された。

2007年11月5日にアレッサンドリア県の自宅で死去、85歳没。

外部リンク[編集]