ドメニコ・ディ・カルロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドメニコ・ディ・カルロ Football pictogram.svg
名前
本名 Domenico Di Carlo
愛称 Mimmo
カタカナ ドメニコ・ディ・カルロ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1964年3月23日(50歳)
出身地 カッシーノ
選手情報
ポジション MF
監督歴
2001-2004
2004-2007
2007-2008
2008-2010
2010-2011
2011-2012
2014-
ヴィチェンツァ・カルチョユース
ACマントヴァ
パルマFC
ACキエーヴォ・ヴェローナ
UCサンプドリア
ACキエーヴォ・ヴェローナ
ASリヴォルノ・カルチョ
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ドメニコ・"ミンモ"・ディ・カルロ(Domenico "Mimmo" Di Carlo,1964年3月23日- )は、イタリアの元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代は守備的MF

来歴[編集]

出身地のレアル・カッシーノにてプロ選手としてのキャリアをスタート。下部リーグでのプレーを続け、1990年セリエC1ヴィチェンツァ・カルチョに移籍し、中心選手となった。セリエC1からセリエAへの昇格に続き、フランチェスコ・グイドリン監督の下でコッパ・イタリア優勝(1996-97)、カップ・ウィナーズ・カップ準決勝進出を果たした。

現役引退後、サッカー指導者としての実績を積む。2004年から率いたACマントヴァでは、セリエC2からセリエC1への昇格、更にセリエB昇格を達成。2007年にセリエAのパルマFCの指揮官となるも、成績不振のため2008年3月に解任された。2008年11月、ジュゼッペ・イアキーニの後任としてACキエーヴォ・ヴェローナ監督に就任。最下位のチームを再建し残留に導くと、翌2009-2010シーズンはジャンピエロ・ピンツィら戦力を活用し、安定して勝ち点を積み重ねた。シーズン終了後に退団、UCサンプドリア指揮官に就任。しかし、UEFAチャンピオンズリーグはプレーオフで敗退。リーグ戦も低迷し、2011年3月に解任された[1]。2011年6月、再びACキエーヴォ・ヴェローナ監督に就任した[2]が、翌2012年10月に解任される。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]