マット・バスビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マット・バスビー Football pictogram.svg
Matt Busby cropped.jpg
名前
本名 サー・アレクサンダー・マシュー・バスビー
Sir Alexander Matthew Busby
愛称 Sir Matt
ラテン文字 Matt BUSBY
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 1909年5月26日
出身地 ノース・ラナークシャー
没年月日 1994年1月20日(満84歳没)
選手情報
ポジション FW / MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1928-1936 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 204 (11)
1936-1941 イングランドの旗 リヴァプール 115 (3)
1941-1943 スコットランドの旗 ハイバーニアン(ゲスト) 0 (0)
代表歴
1933 スコットランドの旗 スコットランド 1 (0)
監督歴
1945-1969 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
1948 イギリスの旗 イギリス
1958 スコットランドの旗 スコットランド
1970-1971 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サー・アレクサンダー・マシュー・バスビー CBE (Sir Alexander Matthew Busby, 1909年5月26日 - 1994年1月20日)、通称 マット・バスビー (Matt Busby) は、イギリススコットランド出身の元サッカー選手、元指導者

イングランドマンチェスター・ユナイテッドFCの監督を長年務めたことで知られる。

経歴[編集]

1909年スコットランド中部・ノース・ラナークシャーのオービストン (Orbiston) という鉱山の村に生まれる。幼い頃に父とその兄弟たちを第一次世界大戦で失った。

選手時代

1928年イングランドのサッカークラブ、マンチェスター・シティFCで選手キャリアを始める。1934年にはFAカップで優勝を経験。1936年からはリヴァプールFCにも在籍し、のちにリヴァプールの監督として黄金期を築くボブ・ペイズリー (Bob Paisley) らと共にプレーした。選手時代のバスビーは当初フォワード(インサイド)を務めていたが、キャリア途中でハーフバックに転向。足技に優れ、特にパスの能力に長けた選手だった。スコットランド代表にも選出され、公式記録としては、1933年10月5日ブリティッシュ・ホーム・チャンピオンシップ、対ウェールズ戦が代表初キャップとなっている。

1939年第二次世界大戦勃発に伴い、バスビーはプロ選手生活の中断を余儀なくされた。その後リヴァプールの他の選手・スタッフたちと同様に、バスビーもイギリス陸軍・王立リヴァプール連隊に従軍した。また、戦時中も非公式ながらプレーを続け、チェルシーFCミドルスブラFCレディングFCなどで試合に参加した記録が残っている。

指導者の道へ

戦争が終わった頃、36歳になっていたバスビーは、リヴァプール側から打診されたコーチングスタッフ職の話を断り、1946年10月よりマンチェスター・ユナイテッドFCでの監督生活を始める。就任直後のシーズンから古巣リヴァプールと肉薄する闘いぶりで、いきなりリーグ2位の好成績を挙げた。その後のシーズンも毎年優勝争いに加わり、1952年にはついに自身初のリーグ優勝を成し遂げた。

終戦直後とあってクラブの台所事情は厳しかったが、バスビーは若手選手のスカウト、育成に重きを置くことにより、長期的視野での戦力強化に取り掛かった。この頃バスビーが見出した選手にダンカン・エドワーズボビー・チャールトンらがいる。この若いチームは「バスビー・ベイブス」(Busby Babes, バスビーの子どもたち)と呼ばれ、1956年からは国内リーグ2連覇を達成する快進撃を繰り広げた。

悲劇

クラブ経営も軌道に乗ってきていた1958年2月6日、突然の悲劇がバスビー・ベイブスを襲った。UEFAチャンピオンズカップを戦うためユーゴスラビアを訪れたユナイテッドの一行は、強行日程のため試合後すぐに飛行機でマンチェスターへの帰路に就いた。給油のため西ドイツミュンヘン・リーム空港に立ち寄った際、当時ヨーロッパを襲っていた大寒波の影響で飛行機が離陸に失敗、滑走路外の民家に激突し大破した。この事故で主将ダンカン・エドワーズを含むユナイテッドの選手8名とクラブスタッフ3名が死亡。またバスビー自身も重傷を負い、一時は生命も危ぶまれた。エドワーズらイングランド代表選手を抱え、国内リーグの優勝候補筆頭としてチームが円熟味を増していた矢先の出来事だっただけに、この事故はマンチェスターのみならずイギリス全土に大きな悲しみを与えた。この年、バスビーに大英帝国勲章 (CBE) が贈られている。

(事故についてはミュンヘンの悲劇の項も参照)

悲願達成
オールド・トラフォード正面玄関に建つマット・バスビーの銅像

一時はフットボールへの情熱を失ったバスビーだったが、夫人らの説得もあり翌シーズンから現場に復帰。同じく事故のショックから立ち直ったボビー・チャールトンをチームの柱に据え、クラブの建て直しに着手した。

1960年代に入ると、ジョージ・ベストデニス・ローといった才能が次々に頭角を現し、1963年FAカップ優勝、1965年1967年には国内リーグも制した。そして迎えた1968年5月29日ロンドンウェンブリー・スタジアムで行われたチャンピオンズカップ決勝戦 (1968 European Cup Final) において、ベンフィカポルトガル)を 4 - 1 で破り、10年前道半ばで潰えた悲願を達成した。ユナイテッドが挙げた4点の中には、主将ボビー・チャールトンの2得点が含まれている。同年、チャンピオンズカップ優勝の功績を称えられ、バスビーにナイトの称号が与えられた。

勇退、その後

1969年、バスビーはユナイテッドの監督職を後進に一旦譲るが、クラブが成績不振に陥ったことにより、1970年から再度1シーズン指揮を執った。1971年に勇退、その後も取締役としてクラブに残り、行く末を見守り続けた。監督としての通算成績は、計24シーズンで1,159試合、581勝271分け307敗。勝率は5割を超える。

1994年1月20日のため死去。84歳だった。

1999年スペインバルセロナカンプ・ノウで行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦にて、マンチェスター・ユナイテッドはバイエルン・ミュンヘンを劇的な逆転勝利で下し、1968年以来クラブ史上2度目となる栄冠を勝ち取った。

決勝戦が行われた5月26日という日付は、バスビーの90回目の誕生日であった。この奇妙な一致について、マンチェスター・ユナイテッド監督であり、またバスビーと同じくサッカースコットランド代表監督を務めたこともあるアレックス・ファーガソンは「きっと彼が味方してくれたのだろう」とコメントした。

マンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアム、オールド・トラフォードの現在の住所は "Sir Matt Busby Way" と呼ばれている。スタジアム正面玄関には左手にボールを抱えたバスビーの像が鎮座し、スタジアムにやってくる人々を出迎えている。

備考[編集]

所属クラブ[編集]

選手として
監督として

獲得タイトル[編集]

選手として
  • マンチェスター・シティFC
監督として
その他

外部リンク[編集]

先代:
スコットランドの旗 ドーソン・ウォーカー
スコットランドの旗 スコットランド代表監督
1958
次代:
スコットランドの旗 アンディ・ビーティー