オーレ・グンナー・スールシャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーレ・グンナー・スールシャール Football pictogram.svg
Ole Gunnar Solskjaer Trondheim2011-1.jpg
名前
本名 Ole Gunnar Solskjær
愛称 童顔の殺し屋
カタカナ オーレ・グンナー・スールシャール
ラテン文字 Ole Gunnar SOLSKJAER
基本情報
国籍 ノルウェーの旗 ノルウェー
生年月日 1973年2月26日(41歳)
出身地 クリスティアンスン
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW, SH
利き足 右足
代表歴
1995-2007 ノルウェーの旗 ノルウェー 67 (23)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オーレ・グンナー・スールシャールOle Gunnar Solskjær1973年2月26日 - )は、ノルウェーの元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワードサイドハーフ。なお、姓は英語圏やフランス語圏での発音にしたがって「ソーシャー」「ソルスキア」などと発音されることもある。

人物[編集]

ゴール前での得点感覚に優れ、短い出場時間で確実な結果を残す、世界最高の「スーパーサブ」のひとり。そのプレイスタイルと実年齢よりも若く見られる顔貌から、童顔の殺し屋Baby-Faced Assassin)の異名を取った。マンチェスター・ユナイテッドアレックス・ファーガソン監督からは、長年に渡って高い信頼を得ている。

フォワードとしてだけでなく中盤のサイドプレイヤーとしても高い能力を発揮する。

経歴[編集]

1999年UEFAチャンピオンズリーグ決勝、対バイエルン・ミュンヘン戦におけるロスタイムでの劇的な決勝ゴールは、世界中のサッカーファンに強烈なインパクトを与えた(カンプ・ノウの奇跡)。

2002年頃は当時チームメイトだったデビッド・ベッカムの代わりに右サイドハーフでプレイし高評価を得た。

2003年以降は相次ぐ故障に悩まされ、ほぼ3年間満足に実戦に出られない日々を送っていたが、2006-2007シーズンに復帰。2006年8月23日のプレミアリーグ、対チャールトン・アスレティック戦で終了間際にゴールを決めて復活を果たした。また9月2日に行なわれたEURO2008予選、対ハンガリー戦でも2ゴールを挙げる活躍を見せた。その後も10月1日ニューカッスル戦で2ゴール、2007年1月7日FAカップアストン・ヴィラ戦では『カンプ・ノウの奇跡』を髣髴とさせるロスタイムでの逆転ゴールを決めてオールド・トラッフォードを歓喜の渦に巻き込み、完全復活を印象付けた。しかしその後右膝の怪我が再発し、手術を受けて懸命なリハビリに務めたものの満足な回復が見られず、ついに2007年8月28日、現役引退を表明した。

2008年から2010年までマンチェスター・ユナイテッドのリザーブチームの監督を務め、同年末より古巣であるモルデFKの監督に就任した。

2014年1月2日カーディフ・シティFCの監督に就任[1]。だがクラブは低迷し2部へ降格[2]。2014-15シーズンも引き続き指揮を執ったが17位と結果を残すことはできず、9月18日に解任された[3]

所属クラブ[編集]

選手時代[編集]

指導者時代[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “カーディフ、スールシャール氏の監督就任を発表”. Goal. (2014年1月3日). http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2014/01/03/4517627/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%B0%8F%E3%81%AE%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E5%B0%B1%E4%BB%BB%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8?ICID=OP 
  2. ^ “降格のスールシャール監督「全ての責任は自分にある」”. Qoly football web magazine. (2014年5月10日). http://qoly.jp/2014/05/10/Solskjaer-takes-the-blame 
  3. ^ “スールシャール監督を解任 イングランド2部カーディフ”. スポニチアネックス. (2014年9月19日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/09/18/kiji/K20140918008953290.html