ロン・アトキンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロン・アトキンソン Football pictogram.svg
RonAtkinson.JPG
名前
本名 ロナルド・アーネスト・アトキンソン
愛称 ビッグ・ロン、ボージャングル[1]
ラテン文字 Ronald Ernest Atkinson
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1939年3月18日(75歳)
出身地 リヴァプール
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1959-1971 イングランドの旗オックスフォード・ユナイテッド 383 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロナルド・アーネスト・アトキンソンRonald Ernest Atkinson , 1939年3月18日 - )は、イングランドリヴァプール出身のサッカー選手サッカー指導者。選手時代のポジションはMF(ウイングハーフ)。

経歴[編集]

アトキンソンはリヴァプールで生まれたが、その数週間後にバーミンガムへと移った。17歳でアストン・ヴィラFCと契約したが、トップチームでプレーすることはなかった。1959年にオックスフォード・ユナイテッドFCへ移籍。500を超える試合に出場し、キャプテンも務めた。

現役引退後の1971年、ケタリング・タウンFCの監督に就任。ケンブリッジ・ユナイテッドFCを経て、1978年から1部リーグのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCの指揮を執った。就任初年度にウェスト・ブロムウィッチはリーグ3位となり、UEFAカップ準々決勝に進出した。1981年、デーブ・セクストンの解雇に伴ってマンチェスター・ユナイテッドFCの指揮官に就任した。マンチェスター・ユナイテッドでは、かつて率いたウェスト・ブロムウィッチから175万ポンドでブライアン・ロブソンを獲得し、コミュニティーシールドFAカップを獲得した。

1987年秋に再びウェスト・ブロムウィッチの監督に就任。当時のウェスト・ブロムウィッチは2部リーグに属しており、残留争いをしていたが、最終的に20位でシーズンを終え、勝ち点1の差で残留に成功した。その後もいくつものクラブを率い、シェフィールド・ウェンズデイFC、アストン・ヴィラFCの2クラブでフットボールリーグカップを獲得した。

指導者経歴[編集]

脚注[編集]