ラドミル・アンティッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラドミル・アンティッチ Football pictogram.svg
Radomir Antić.jpg
名前
ラテン文字 Radomir Antić
キリル文字 Радомир Антић
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 1948年11月22日(66歳)
出身地 ジティシュテ
選手情報
ポジション DF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラドミル・アンティッチ(Radomir Antić、セルビア語: Радомир Антић1948年11月22日 - )は、セルビアの元サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

現役時代はディフェンダーパルチザン・ベオグラードフェネルバフチェSKレアル・サラゴサに所属した。ルートン・タウンFCでは、Raddy(ラディ)のニックネームで知られ、1983年5月のマンチェスター・シティFC戦で、クラブを降格から救うゴールを決めた。ルートン時代の監督デイビッド・プリートからは、指導方法について影響を受けた。

引退後、サッカー指導者の道へ進み、レアル・サラゴサレアル・マドリードなどで指揮を執った。1995-96シーズンはアトレティコ・マドリードリーガ・エスパニョーラスペイン国王杯優勝による二冠という偉業を成し遂げている。FCバルセロナにおいても短期間監督を務め、GKビクトル・バルデス、MFアンドレアス・イニエスタら若手選手に出場機会を与えている。

2008年8月19日セルビア代表監督に就任。2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではフランスルーマニアと同居する組み分けとなったが、従来の守備的なチームに攻撃意識を植え付け、規律を設けてチームを結束させ、首位での予選突破果たした[1] 。しかし2010年本大会では1勝2敗でグループリーグ敗退。また、第3戦のオーストラリア戦において主審の判定に抗議したことにより、国際サッカー連盟から4試合のベンチ入り停止と罰金処分を科された[2][3]。同年9月から始まったUEFA欧州選手権2012予選ではスタンドからの指揮となったが、同年9月7日のスロベニア戦を1-1で引き分けると、処分期間中の9月15日に監督を解任された[4]

2012年12月、中国超級リーグ山東魯能の監督に就任した事が発表された[5]

所属クラブ[編集]

指導者歴[編集]

脚注[編集]